ボーイング777-300ER

《シリアルナンバー》

B777-300ER----2014年8月現在

《実機について》

 そのルーツは双発ワイドボディ旅客機ボーイング767の派生型として1989年12月に開発が始まった「767-X」です。その後発注を予定する航空会社との細かな設計上の擦り合わせ(ワーキング・トゥゲザー)を経て1990年10月15日に名称を「ボーイング777」に変更、原型機は1994年6月12日に初飛行を行いました。機体規模や航続距離などの仕様に応じて -200/-200ER/-200LR/-300/-300ER/F(貨物型)の各型が生産され、また発展型の -8X/-9X も開発中です。

《自衛隊での使用状況》

 先代の“政府専用機”ボーイング747-400が、運用開始以来23年が経過し老朽化してきた上、日本の航空会社がB.747を全て手放したことで整備の委託先がなくなったこともあって、政府は2018年度末にB.747を退役させる方針を決定しました。後継機として2014年8月12日に全日空を整備委託先としてボーイング777-300ERが選定されました。これはボーイング777シリーズで初の軍用型ということになります。1番機(N509BJ)は2016年7月29日に初飛行、納入予定は2019年度となっています。

《性能諸元》

ボーイング777-300ER
全幅64.8m
全長73.9m
全高18.5m
最大離陸重量351,534kg
発動機ゼネラル・エレクトリック90-115B
ターボファン×2
出力512.9kN(1基)
燃料容量181,250L
巡航速度M0.84
飛行航続距離14,685km
乗客数客席数最大550(1Class)

《配備部隊》

部隊名上位組織 まだ引き渡されていません。

《キット》

1/144 ズベズダB.777-300ER2016年2月発売。内容はまだ把握していませんが、昨今の同社1/144旅客機キットの力の入りようからして期待できます。
1/200 ハセガワB.777-300ER政府専用機として2014年11月に発売されましたが、まだ防衛省から塗装デザインが発表されていなかったので、B.747政府専用機塗装を元にした想定マーキングになっています。
1/500 エフトイズ・
コンフェクト
B.777-300ER【限定版】番外編。2015年12月発売の『日本の輸送機コレクション』のアイテムのひとつで、エフトイズが従来から出している旅客機モノ食玩の塗装替えです。塗装は2015年4月28日に防衛省が発表した塗装デザインに準じています。パッセンジャーステップ付き。

《デカール》

航空自衛隊デカールはありません。

inserted by FC2 system