ロッキード・マーチンC-130Hハーキュリーズ

《シリアルナンバー》

C-130H(輸送機型)
35-1071/1072 45-1073/1074
75-1075/1078 85-1079/1080
95-1081/1083 05-1084/1085 85-1086
(空中給油
・輸送機型)
85-1080 95-10832015年6月現在
輸送機型からの改造

《実機について》

 アメリカ空軍向けの原型機YC-130の初飛行は1954年8月23日ですが、ユーザーは世界65ヶ国以上、現在でも発展型C-130Jの生産が続いているという空前絶後の傑作ターボプロップ4発戦術輸送機です。高翼形式に太い胴体、後部に貨物の空中投下も可能なローディングランプ付き貨物ドア、胴体両側に主脚を収納するバルジという機体レイアウトは、航空自衛隊のC-1も含めたその後の戦術輸送機の規範となりました。なお、C-130Hの主脚収納バルジは胴体に巻かれたプロペラ警戒ラインに掛からない短いタイプ(E型と同形状)と、前方に延長されプロペラ警戒ラインに掛かる長いタイプがありますが、空自機は長いタイプです。

《自衛隊での使用状況》

 航空自衛隊ではC-46Dの後継機にC-1を採用したものの、その後アメリカから返還された沖縄や硫黄島など遠隔地への任務でその能力不足が取り沙汰され、1981年にC-130Hの採用を決定しました。1983年12月12日に受領した最初の2機は1984年3月14日に小牧基地に到着、以後1990年までに15機を受領し、1997年度にさらに1機(85-1086)受領しています。なお、この#086はロッキード製C-130Hの最終号機です。

 2000年初めには機体上面に衛星通信アンテナ(SATCOM)のフェアリングが増設する改修が行われることになり、1月に75-1078が改修されたのが確認されましたが、2機目は2005年11月になってようやく95-1083が改修されました。ちなみにアンテナフェアリングの形状は、#078のは当時の海上自衛隊のP-3Cと同じ大きなものでしたが、#083のそれは現行のP-3Cと同様で、#078より小型のものとなっています。

 また2002年からはIRAN時に自衛電子戦システムの搭載が開始され、改修初号機05-1084は2003年1月20日に改修後の初飛行を行っています。機首風防の下に2個縦に並んでいる窓(下方視界を得るためのもの)のうち下のひとつを潰した部分と、尾部のビーバーテイルにレーダー警報受信機のアンテナとセンサーが設置されたほか、増槽用パイロンの後部にはチャフ/フレアディスペンサーが増設されています。

 2006年度予算からC-130Hに対する空中給油/受油能力付加のための試改修費用が盛り込まれました。これはUH-60J救難ヘリコプターに対する空中給油態勢の整備と、輸送機としての能力(航続距離・貨物搭載量)の向上等を目的としています。外見上の違いとしては、両翼下に空中給油用ドローグホースを格納するリールポッドが増設され、コクピット上部の機首上面にはフライングブーム式の空中給油リセプタクルが設置されます。試改修初号機(85-1080)は2010年2月25日に小牧基地に到着しました。改修2号機(95-1083)は2015年6月29日に小牧基地に到着しましたが、肝心の給油ポッドは同年10月20日になってようやく取り付けられました。2015年度予算で3機目の改修費用が計上されており、2018年度予算概算要求でも1機分の改修予算が盛り込まれています

《性能諸元》

C-130H
全幅40.42m
全長29.78m
全高11.65m
主翼面積162.1u
キャビン寸法W3.12m×L12.5m×H2.81m
運用重量34,362kg
最大離陸重量79,360kg
発動機アリソンT56-A-15
ターボプロップ×4
出力4,591shp/13,820rpm(1基)
燃料容量9,620gal(6,820gal(機内)+1,400gal×2(増加タンク))
最大速度580km/h
巡航速度550km/h
実用上昇限度42,000ft
海面上昇率2,900ft/min
飛行航続距離7,800km
乗員4名+兵員92名

《配備部隊》

部隊名上位組織
第401飛行隊輸送航空団第1輸送航空隊→第1輸送航空隊
配備当初から全機がここに配備されています。

《部隊マーク》

第401飛行隊
初代マーク制定1978年8月11日
図柄青い「1」をバックに赤で小牧基地にちなんだシャチホコを日本地図風にデザインした第1輸送航空隊のマーク
現マーク制定不明(2009年3月頃?)
図柄ペガサスをモチーフにした第401飛行隊のマーク(由来がよく判りません、どなたか教えてくだちい)

《キット》

1/48 イタレリC-130H
主脚収納バルジはボックスアートは長いタイプで描かれていますが、キットは元々E型をモデル化したため短いタイプのままで、右側先端にある小インテークだけが突き出しています。
テスターC-130EイタレリのOEM。
1/72 イタレリC-130E/H
主脚収納バルジは1/48同様に短いままで小インテークだけが突き出すという困ったパーツ構成なので、空自機を作る時には延長工作が必要になります。
エレールC-130イタレリのOEM。
テスターC-130EイタレリのOEM。
エアフィックスC-130EキットNo.9001の製品は1960年代から発売されていたオリジナルキットで、元は英空軍のハーキュリーズC.1なので主脚収納バルジは短いです。キットNo.9003の製品は1994年リリースでイタレリのOEMです。
ウルフパック
  デザイン
C-130H
(レジン製
 改造パーツ)

イタレリのキットをアップグレードするための改造パーツで空自デカール入り。
MPCC-130E【絶版】エアフィックスのオリジナルキットのOEM。
エッシーC-130H【絶版】主脚バルジは短いので空自機を作る時には延長工作が必要になります。
1/140 レベル
モノグラム
C-130H元レベルのキット。主脚バルジは短いです。箱の表記はもちろん1/144。(^_^;)
ハセガワ/
モノグラム
C-130H
【限定版】レベルモノグラムの箱・デカール替え。なので主脚バルジに手を入れる必要があります。こちらも箱の表記は1/144です。
【デカール替えキット】
●記念塗装機
1/144 ミニクラフトC-130H2011年7月にようやく米空軍型が出ました。せっかくの新キットなのに機首があまり似ていない上に主脚バルジは短く、しかも価格がバカ高いのが残念。
AモデルC-130F米海軍アクロチーム“ブルーエンジェルズ”の支援機"ファット・アルバート”のキット(同スケールのF-4Jとセット)です。主脚バルジはもちろん短いタイプ。いかにもAモデルらしいヨレヨレなモールドで、プロペラ軸がエンジンナセルの中心からずれていたりして制作意欲を萎えさせてくれます(笑)。
1/200 ハセガワC-130H
小粒ながらプロポーションは良好、ただし一部合いの悪いパーツがあります。恐らくこの一覧の中で唯一のきちんとした「空自ハーク」のキットです。
【限定版キット】
●航空自衛隊40周年記念塗装機
●航空自衛隊2004スペシャル(2機セット)(尾翼を白く塗ったUN塗装とイラクに派遣された青ハークのデカール入り)
●航空自衛隊コンボ
(通常塗装と青ハークの2機セット、現部隊マーク入り)
●KC-130Hハーキュリーズ“航空自衛隊”(両翼下の給油ポッドのパーツ追加、2機セット)
1/300 エフトイズ・
コンフェクト
C-130H
【限定版】番外編。2009年11月発売(東日本地区)の『名機の翼コレクションvol.2』のアイテムのひとつになっているものです。塗装済み完成品なので番外としましたが、プラキットと並べても遜色のない出来です。
C-130H【限定版】番外編。2015年12月発売の『日本の輸送機コレクション』のアイテムのひとつになっているもので、恐らく上記のものと同じです。
1/350 ホワイト
エンサイン
モデル
ハーキュリーズ
C.1
レジン製、プロペラなどのエッチングパーツ付き。
1/700 ピットロードC-130H「デザート・シールド1」及び「ザ・ウエストウイングス1」(中身は同じ)に付属。日の丸はデカールにありますがシリアルナンバーと部隊マークはありません。胴体がAC-130Hと共通なので、左側面から突き出た機関砲などを削り取る必要があります。

《デカール》

1/72 ウルフパック
    デザイン
改造パーツ
付属
C-130H第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
初代マーク
イラク派遣
機塗装
現マーク
フライングパパス72M003C-130H第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
初代マーク
72M212C-130H第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
初代マーク
イラク派遣
機塗装
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
1/140 ハセガワ
  /モノグラム
キット付属
【限定版】
C-130H第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
初代マーク
1/144 フライングパパス 44M112C-130H第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
初代マーク
イラク派遣
機塗装
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
1/200 ハセガワキット付属C-130H第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
初代マーク
キット付属
(空自コンボ)
【限定版】
C-130H第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
現マーク
キット付属
(KC-130H)
【限定版】
C-130H
(空中給油 ・輸送機型)
第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
現マーク
フライングパパス 20M001C-130H第401飛行隊
[第1輸送航空隊]
初代マーク
イラク派遣
機塗装
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。

inserted by FC2 system