ロッキードF-104J/DJ,
          UF-104J/JAスターファイター『栄光』

《シリアルナンバー》

F-104J
26-8501/8507
36-8508/8538,8540/8552,8554/8559,8562/8563,8565/8566
46-8539,8553,8560/8561,8564,8567/8640,8642/8652,
   8654/8658,8660,8665
56-8641,8653,8659,8661/8664,8666/8680
76-8681/8710
F-104DJ
26-5001/5007,5010 36-5011/5019 46-5008/5009,5020
UF-104J
46-8592,8600F-104J
からの
改造
UF-104JA36-3527 46-3575,3621,3633,3635
76-3681/3682,3692,3694,3707/3709

実機について 自衛隊での使用状況 性能諸元 配備部隊 部隊マーク
キット デカール ウェポンセット 専用色塗料セット

《実機について》

 F-104の原型機XF-104は1954年2月17日に初飛行しました。アメリカ空軍向けは要撃機型F-104Aと戦闘爆撃機型F-104Cとを合わせて少数の生産にとどまりましたが、NATO諸国はF-104CのFCS(火器管制システム)を全天候下での対空・対地両作戦能力を持つNASAR F-15Aに換装、エンジンを強化し垂直尾翼の面積拡大などの改良を加えたF-104Gを採用、カナダ(CF-104)、オランダ、西ドイツ、イタリア、ベルギーでライセンス生産を行い大量に装備しました。F-104Jは、F-104GのFCSを全天候要撃作戦用のNASAR F-15Jに換装したモデルです。

(TOPに戻る)

《自衛隊での使用状況》

 航空自衛隊では1959年にF-104Jを採用しました。ロッキード製F-104Jの1号機は1961年6月30日に、複座練習機型F-104DJ(機関砲とFCSは搭載していない)の1号機は8月25日に初飛行し、2機はいったん分解された後フライングタイガーのCL-44によって空輸され、1962年1月8日に名古屋空港に到着しました。再び組み立てられたF-104J 1号機は3月8日に日本における初飛行を行い、4月1日に航空自衛隊に納入されました。以後1967年12月2日までに、完成機3機、三菱重工でのノックダウン生産(部品を輸入し日本で組み立てること)機17機、ライセンス生産機190機、計210機のF-104Jと、ノックダウン生産した計20機のF-104DJを導入しました。自衛隊での愛称は『栄光』です。

 1986年3月19日に第207飛行隊が解散し部隊運用は終了しましたが、その後用廃のため岐阜基地に格納されていた機体を標的機に改造して使用することとなり、最初の改造機XQF-104Jの1号機(46-8592)は1989年12月18日に初飛行しました。その後QF-104はUF-104と改称され、1号機を含む有人機UF-104J(2機)と無人機UF-104JA(12機)の計14機が改造され、硫黄島において1992年3月から1997年1月まで使用されました。なお、浜松エアーパークに展示されているUF-104J塗装の 76-8698 は、実際にUF-104Jに改造されたものの改造機としてカウントされていないとのことです。理由は不明ですが。

(TOPに戻る)

《性能諸元》

F-104JF-104DJ
全幅6.68m
全長17.75m
全高4.12m
主翼面積18.22u
運用重量6,486kg5,670kg
最大離陸重量11,930kg11,200kg
発動機ゼネラル・エレクトリックJ79-IHI-11A
ターボジェット(アフターバーナー(A/B)付き)×1
推力4,536kg/7,167kg(A/B使用時)
燃料容量1,285gal(895gal(機内)
+195gal×2(翼端タンク))
最大1,625gal
(170gal×2の翼下増加タンク)
1,145gal(755gal(機内)+
195gal×2(翼端タンク))
最大1,485gal
(170gal×2の翼下増加タンク)
最大速度M2.0(翼端タンク付き)M1.8(翼端タンク付き)
離陸速度333km/h(通常時)
着陸速度361km/h
実用上昇限度60,000ft
海面上昇率50,000ft/min
飛行航続距離3,148km(フェリー)3,055km(フェリー)
戦闘行動半径1,148km(翼端タンク付き)
武装M61 20mmバルカン砲×1
AIM-9B/J×2〜4
空対空ロケット弾ポッド×2
なし
乗員1名2名

(TOPに戻る)

《配備部隊》

F-104J/DJ
(旧部隊名→)部隊名上位組織
第201飛行隊第2航空団
第202飛行隊第5航空団
第203飛行隊第2航空団
第204飛行隊第5航空団
第205飛行隊第6航空団
第206飛行隊第7航空団
第207飛行隊第7航空団→第83航空隊
実験航空隊→航空実験団→飛行開発実験団
導入当初は臨時F-104訓練隊と実験航空隊で共同運用され各種テストが行われた後、上記の各飛行隊に配備されたほか、飛行開発実験団でも少数機が使用されました。

UF-104J/JA
部隊名
飛行開発実験団
硫黄島基地隊無人機運用隊
当初は飛行開発実験団でテストが行われた後、硫黄島基地隊無人機運用隊により使用されました。

(TOPに戻る)

《部隊マーク》

第201飛行隊
1963年3月5日に千歳基地の第2航空団隷下に編成された当初はノーマーク
制定不明
図柄千歳基地のある北海道にちなんで丹頂鶴と「201」を赤でデザインしたマーク
●デザインは漫画家の故・おおば比呂志氏
第201飛行隊は第302飛行隊(F-4EJ)の新編を受けて1974年10月1日に解散しました。1986年3月19日にF-15飛行隊として復活しましたが、部隊マークは変更されました。
第202飛行隊
初代マーク制定不明
(1964年3月31日に新田原基地の第5航空団隷下に編成)
図柄「5」のローマ数字「V」を赤と黄でデザインしたマークをインテーク脇に記入
2代目マーク制定不明
図柄初代マークを垂直尾翼のシリアル下に記入
最終マーク制定不明
図柄初代マークとほぼ同じものを大型化して垂直尾翼に記入
このマークは1983年12月21日にF-15に機種改編した時に変更されました。
第203飛行隊
制定不明
(1964年6月25日に千歳基地の第2航空団隷下に編成)
図柄「203」を赤、千歳基地のある北海道にちなんだヒグマ(決してパンダではありません(笑))を白と黒でデザインし、ヒグマの腹に第2航空団を表す2個の赤星をいれたマーク
このマークは1984年3月24日にF-15に機種改変した後も引き継がれました。
第204飛行隊
初代マーク制定不明
(1964年12月1日に新田原基地の第5航空団隷下に編成)
図柄「5」のローマ数字「V」を青と黄でデザインしたマークをインテーク脇に記入
2代目マーク制定不明
図柄初代マークを垂直尾翼のシリアル下に記入
最終マーク制定不明
図柄初代マークとほぼ同じものを大型化して尾翼に記入
このマークは1985年3月2日にF-15に機種改編し第7航空団(百里基地)に異動した時に変更されました。
第205飛行隊
旧マーク制定不明(1967年頃?)
(1965年3月31日に小松基地の第6航空団隷下に編成)
図柄赤で「6」をF-104のスピード感でデザインしたマーク
最終マーク制定不明(1978年5月頃から描かれ始める)
(1976年10月26日にシスタースコードロンとして第303飛行隊(F-4EJ)が編成)
図柄日本海を表わす青い丸に赤と白で小松基地のある石川県の形と「6」をデザインした、第303飛行隊と共通の第6航空団マーク
●隊員の強い希望により旧マークがインテーク脇に小さく描かれる
第205飛行隊は第306飛行隊(F-4EJ)の新編を受けて1981年6月30日に解散しました。
第206飛行隊
1965年12月20日に百里基地の第7航空団隷下に編成された当初はノーマーク
制定不明
図柄バックに青い「7」、その上に日の丸に重ねた白い梅の花(梅は百里基地のある茨城県の県木)をデザインしたマーク
(第207飛行隊と同デザイン)
第206飛行隊は第305飛行隊(F-4EJ)の新編を受けて1978年12月1日に解散しましたが、マークの一部分は第305飛行隊に引き継がれました。
第207飛行隊
1966年3月31日に百里基地の第7航空団隷下に編成された当初はノーマーク
第7航空団
時代
制定不明
図柄バックに赤い「7」、その上に日の丸に重ねた白い梅の花(梅は百里基地のある茨城県の県木)をデザインしたマーク
(第206飛行隊と同デザイン)
第83航空隊
時代
制定不明
(1972年11月10日に那覇基地の第83航空隊に異動)
図柄旧マークのイメージを残しつつ青丸に白で南十字星を入れバックに赤/白の「207」をデザインしたマーク
第207飛行隊は第302飛行隊(F-4EJ)の第2航空団からの異動を受けて1986年3月19日に解散しました。
実験航空隊→航空実験団→飛行開発実験団
実験航空隊に配備された当初はノーマーク
実験航空隊
時代
制定1964年7月
図柄衝撃波と人工衛星の軌道を組み合わせたデザインの黄のマークに、赤で「APG」(Air Proving Group)と書かれたマーク
航空実験団
時代
制定不明
(1974年4月11日に航空実験団に改編)
図柄デザインはそのままで色を青に、文字を「APW」(Air Proving Wing)に変更
飛行開発
実験団時代
制定1989年3月10日
(同年3月14日に飛行開発実験団に改編)
図柄航空実験団のマークから「APW」の文字を消し、デザインが若干変更されたマーク
硫黄島基地隊無人機運用隊
制定不明
図柄白でサソリと南十字星をデザインしたマーク

(TOPに戻る)

《キット》

>
1/32 ハセガワF-104Jかなり古いキットで細部の表現などは甘いですが、プロポーションは良好でエンジン、機関砲、レーダーなども再現しており今でも充分に通用します。
【限定版キット】
●記念塗装機[1種類]
●“航空自衛隊”
 (カルトグラフ製デカールで第201飛行隊と第203飛行隊のマークをセットしたもの)
イタレリF-104G/S
2014年発売の最新キットでG/S型コンパチとなっていますが、カナダのCF-104も作れるパーツが入っているのでデカールをなんとかすればJ型も作れるのではないかと。なおタミヤ扱いのキットにはパイロットフィギュアが付属しています。
TF-104G[2016年発売予定]2016年1月のシュピールヴァーレンメッセ(ニュルンベルク国際玩具見本市)で発表されました。空自デカールが入るようですが詳細はまだよく分かりません。
C&H AERO
 MINIATURES
F-104D
(レジン製改造パーツ)
ハセガワ1/32用のアメリカ製?改造パーツ。「TF-104G/F-104B/F-104D Conversion for Hasegawa」だそうで、デカールは付いているようですが詳細は不明です。
1/48 ハセガワF-104J
2000年6月発売の最新キットで、各スケールを通じてもベストキットと言えるでせう。別パーツできちんと再現した前脚収納庫周り、エッジの鋭さを出すため(たぶん(^_^;))あえて分割した主翼の動翼、一発抜きでここまでできるか排気口、などなど気合い充分な仕上がりです。
【限定版キット】
●カルトグラフ製デカール入り
 (ハセガワ社屋屋上展示機のデカール入り)
●戦競出場機
 ('84戦競参加の第207飛行隊“F-104 Brothers”)
●記念塗装機[1種類]
●メタル製パイロットフィギュア入り
F-104DJ
【限定版】胴体、コクピット、キャノピー、前脚が新規パーツになります。デカールは全飛行隊に全機分の機番入り。なぜに限定版?(´・ω・`) なお下記のパッケージも発売されています。
●戦競訓練塗装機(F-1風迷彩機)
ハセガワ/
モノグラム
F-104J【限定版】レベルモノグラム(元モノグラムのF-104G)の箱・デカール替え。下記の2種類のパッケージが発売されていました。
●通常版
●戦競出場機
 ('84戦競参加の第207飛行隊“F-104 Brothers”)
エデュアルドF-104J【限定版】[2015年発売予定]ハセガワのOEMで出すということですが、詳細はまだよく分かりません。
漢模型工作室F-104G/J【絶版】台湾製のレジンキット。なぜかデカールに台湾空軍のものはありません。
TF-104G/
F-104DJ
タカラ/レベルF-104C/J【絶版】レベルの箱・デカール替え。
KeyboysF-104DJ
(レジン製改造パーツ)
ハセガワ1/48F-104J用の改造パーツ。機番のデカール付き。
RVHPF-104DJ
(レジン製改造パーツ)
ハセガワ1/48F-104J用のチェコ製改造パーツ。デカール付き。パッケージには「FOR HASEGAWA F-104C」と書かれていますが日本人ならその通りにする人はいないでせう。(^◇^;)
C&H AERO
 MINIATURES
TF-104G
(レジン製改造パーツ)
ハセガワ1/48F-104G用のアメリカ製?改造パーツ。TF-104G(バイセン機)のデカール付き。パッケージには「Kit may be build as; F-104B/D, CF-104, TF-104G, F-104DJ」と書かれています。
1/50マルサンF-104J【絶版】
フジホビーF-104J【絶版】中身はマルサンのキット。
1/72 ハセガワ[新版]F-104J/
CF-104
文句なし1/72のベストキット。発売当初はF-104J単独のパッケージでしたが、2代目パッケージからはCF-104とコンパチになりました。
【限定版キット】
●“戦競スペシャル”
 ('84戦競参加の第207飛行隊“F-104 Brothers”のカルトグラフ製デカールのみ。でも定番パッケージにも入ってるんですけど。(^◇^;))
●“第203飛行隊”
 (第203飛行隊と第201飛行隊のマークをセットしたもの。でも両方とも定番パッケージに入ってるんですけど。(^◇^;))
●J/DJ“航空自衛隊”(J型とDJ型の2機セット)
●J/DJ“207SQコンボ”
 (第207飛行隊の戦競'84塗装機[J]と戦競'83訓練用RF-4E迷彩機[DJ]のセット)
TF-104G/
F-104DJ
F-104Jが現行パッケージになった際に休止商品になっています。
【限定版キット】
●J/DJ“航空自衛隊”(J型とDJ型の2機セット)
●J/DJ“207SQコンボ”
 (第207飛行隊の戦競'84塗装機[J]と戦競'83訓練用RF-4E迷彩機[DJ]のセット)
QF-104J/
F-104J
【限定版】尾翼の赤ベタデカールが入っているだけです。
ハセガワ/
ガルテックス
F-104J/
UF-104J
【限定版】ハセガワ新版キットをベースに、カットモデルを作るためのレジンパーツや展示ケースが付いたものです。
ハセガワ[旧版]F-104G/J
【絶版】
【限定版キット】
●戦競出場機デカール入り
 ('84戦競参加の第207飛行隊“F-104 Brothers”)
イタレリF-104G
2001年9月発売の最新キットですが、中身は下記のエッシーです。G型と銘打っているのにシートはロッキード製、主脚扉の膨らみはなし、ということで外形はまんまJ型だったりします。ハセガワのキットが\1,000円で手に入る日本のモデラーには用無しかも。(^_^;)
エッシーF-104G/S【絶版】キット自体はハセガワ新版が出るまでは1/72の決定版と言われた出来でしたが、バージョン毎のリサーチが甘くG型と銘打っているキットでもデカールを流用すればJ型にできてしまいました。
CF-104
1/80 マルサンF-104J【絶版】
1/90 ハセガワF-104J【絶版】ハセガワ黎明期のキット。通常版とメッキ版が出てました。
1/100 タミヤF-104J/G
【絶版】ミニジェットシリーズ。2003年12月にスポット再販されました。
ベンホビーF-104J
【絶版】旧タミヤのキット
マルサンF-104J【絶版】
1/144 プラッツF-104J下記エフトイズの完成品をキット化したもの。2機入りパッケージになります。下記の2種類が出ています。
●航空自衛隊 F-104J
●航空自衛隊 F-104J 戦競
ドイツレベルTF-104GG型ではありますが、このスケール唯一の複座型なのであえて入れました。完全新金型で素晴らしい出来。後に単座型も出ましたがドイツ空軍のG型で、空自デカールは入っていないのでそちらはリストに入れてません。(Special thanks to ゆっきー)
エアフィックスF-104G
ミニクラフトF-104G
エースTF-104G
韓国製ですが中身はドイツレベルと同じです。価格が安いのでお買い得。
クラウンF-104J
【絶版】
レベルF-104G/J【絶版】中身は上記クラウンのものと思われます。空自デカール入り。
カフェレオF-104G?
【限定版】番外編。2006年1月発売の『エリア88コレクション VOL.2』のアイテムのひとつになっているものです。塗装済み完成品なので番外としました。出来のほうはイクナイですヽ(`Д´)ノ
エフトイズ・
  コンフェクト
F-104J
【限定版】番外編。2006年4月(東日本)発売の『日本の翼コレクション』のアイテムのひとつになっているものです。塗装済み完成品なので番外としましたが、プラキットと並べても遜色のない出来です。なおマーキングはデカールになっています。これ見たら↑のカフェレオのが思いっきりオモチャに見えます。(^◇^;)
UF-104J
【限定版】番外編。2010年6月(東日本)発売の『センチュリーコレクション』のシークレットアイテムになっているものです。モノは↑のものと同じです。
1/350 バンダイF-104J
【絶版】いつ頃出たものかよく判らない(20年は経っているようです)『The特撮Collection ガメラ』に入っているものです。出来は問うまい(笑)。(Special Thanks to クルナスさん&ゆっきー)
1/700 ピットロードF-104J「ザ・ウエスト・ウイングス2」「陸上自衛隊車両セット」(輸送艦おおすみ搭載用)に付属。日の丸はデカールにありますがシリアルナンバーと部隊マークはありません。

(TOPに戻る)

《デカール》

1/32 ハセガワキット付属F-104J第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
部隊創設20周年
記念マーク
キット付属
(航空自衛隊)
【限定版】
F-104J第201飛行隊
[第2航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
1/48 ハセガワキット付属F-104J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
航空実験団
キット付属F-104DJ
【限定版】
第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
航空実験団
JMC10周年
記念特別
デカール
(カルトグラフ製)
【限定版】
F-104J第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
部隊創設20周年
記念マーク
ハセガワ/
モノグラム
通常版
キット付属
【限定版】
F-104J第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競版
キット付属
【限定版】
F-104J第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
タカラ/レベルキット付属
【絶版】
F-104J第203飛行隊
[第2航空団]
左側用のマークがふたつ入っていました。(^_^;)
漢模型工作室キット付属
【絶版】
F-104J
F-104DJ
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
第207飛行隊
[第83航空隊]
J,DJともに同じデカールが入ってます。数字の書体が違うのが残念。
RVHP改造パーツ
付属
F-104DJ第201飛行隊
[第2航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
フライング
パパス
48M039UF-104J/JA硫黄島基地隊
無人機運用隊
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ていますのでその点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
Towbobs
デカール
48-051F-104J第202飛行隊
[第5航空団]
'79戦競参加機
'82戦競参加機
第203飛行隊
[第2航空団]
'79戦競参加機
'81戦競参加機
NBM21
(プラッツ)
JD48-8F-104Jコーションデータ1機分
JD48-10F-104J 第201飛行隊
[第2航空団]
標的曳航機
第202飛行隊
[第5航空団]
'79戦競参加機
'80戦競参加機
JD48-16F-104J第204飛行隊
[第5航空団]
'79戦競参加機
1/72 ハセガワ新版
キット付属
F-104J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
部隊創設20周年
記念マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
実験航空隊
航空実験団
新版
キット付属
F-104DJ第203飛行隊
[第2航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
新版
キット付属
(QF-104J/F-104J)
【限定版】
QF-104J尾翼の赤ベタ
デカール
F-104J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
部隊創設20周年
記念マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
実験航空隊
航空実験団
ハセガワ/
ガルテックス
キット付属
【限定版】
F-104J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
部隊創設20周年
記念マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
実験航空隊
航空実験団
UF-104J/JA尾翼の赤ベタ
デカール
硫黄島基地隊
無人機運用隊
ハセガワ 旧版
キット付属
【絶版】
(2〜3代目パッケージ)
F-104J第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
旧版
キット付属
【絶版】
(初代パッケージ)
F-104J第203飛行隊
[第2航空団]
NBM21
(プラッツ)
JD-10
F-104J/DJコーションデータ1機分
JD-11
F-104J所属なし1号機(#501)
F-104J用廃機(知念分屯地[沖縄]展示機)T-2ブルーインパルス塗装
F-104DJ第202飛行隊
[第5航空団]
初代マーク
1号機(#001)
JD-12
F-104J第202飛行隊
[第5航空団]
2代目マーク
F-104J第207飛行隊
[第83航空隊]
F-104DJ第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
JD-13
F-104J第205飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
ラストフライト記念マーク
F-104J航空実験団
F-104DJ第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
フライング
パパス
72M018UF-104J/JA硫黄島基地隊
無人機運用隊
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ていますのでその点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
モデル
デカール
No.44
【絶版】
F-104J/DJ第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
第206飛行隊
[第7航空団]
ハセガワ
デカール
No.72-002
【絶版】
F-104J/DJ第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
1/100 タミヤキット付属
【絶版】
F-104J第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
第207飛行隊
[第7航空団]
ベンホビーキット付属
【絶版】
F-104J第203飛行隊
[第2航空団]
'80戦競参加機
第204飛行隊
[第5航空団]
'81戦競参加機
1/144 プラッツキット付属
(航空自衛隊
    F-104J)
F-104J 第203飛行隊
[第2航空団]
第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
硫黄島基地隊
無人機運用隊
浜松エアーパーク展示機
キット付属
(航空自衛隊
 F-104J 戦競)
F-104J 第202飛行隊
[第5航空団]
'79戦競参加機
第204飛行隊
[第5航空団]
'79戦競参加機
第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
UF-104J飛行開発実験団
クラウンキット付属
【絶版】
F-104J第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
レベルキット付属
【絶版】
F-104J第207飛行隊
[第7航空団]
フライング
パパス
44M041F-104J第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ていますのでその点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
トリプルナッツTN-018F-104J 第201飛行隊
[第2航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
実験航空隊
TN-027F-104J 第204飛行隊
[第5航空団]
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
リリパット
エアーフォース
LAF-144-01-019F-104J第203飛行隊
[第2航空団]
UF-104J硫黄島基地隊
無人機運用隊
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ていますのでその点を承知した上で使いませう。リリパット・エアーフォースのwebサイトで入手できます。
ランドマーク
  ファクトリー
なし
F-104J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
航空実験団
硫黄島基地隊
無人機運用隊
浜松エアーパーク展示機
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ていますのでその点を承知した上で使いませう。ランドマーク・ファクトリーのwebサイトもしくはヤフーオークションなどで入手できます。
スタジオ
ローズリッジ
D4F1041F-104J 第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第207飛行隊
[第7航空団]
UF-104J/JA硫黄島基地隊
無人機運用隊
細部マークはキット付属のものを使います。デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ていますのでその点を承知した上で使いませう。Rose Ridge Art Shopでのみ入手できます(通販)。
アシタの
デカール
(MYKデザイン)
A-124
【限定版】
F-104J 第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
A-125
【限定版】
F-104J 第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第206飛行隊
[第7航空団]
航空実験団
UF-104JA硫黄島基地隊
無人機運用隊
A-338
【限定版】
F-104J なし(1号機領収時)
第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
初代マーク
最終マーク
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第5航空団]
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第207飛行隊
[第83航空隊]
【初回出荷限定】
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
A-339
【限定版】
F-104J 第206飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第7航空団]
第207飛行隊
[第83航空隊]
航空実験隊
航空実験団
飛行開発実験団
UF-104JA硫黄島基地隊
無人機運用隊
F-104J第207飛行隊
[第83航空隊]
【初回出荷限定】
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
A-340
【限定版】
F-104J/DJコーションデータ1機分
モルモット
 ワークス
(旧:ミラージュ
 オーシャン)
SD117
【絶版】
F-104J実験航空隊
航空実験団
飛行開発実験団
UF-104JA硫黄島基地隊
無人機運用隊
SD118
【絶版】
F-104J 第202飛行隊
[第5航空団]
初代マーク
最終マーク
第205飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
最終マーク
第207飛行隊
[第7航空団]
SD146
【絶版】
F-104J 第203飛行隊
[第2航空団]
'82戦競参加機
第207飛行隊
[第83航空隊]
'84戦競参加機
“F-104 Brothers”
(他計3種)
SD147
【絶版】
F-104J 第202飛行隊
[第5航空団]
'80戦競参加機
'81戦競参加機
第203飛行隊
[第2航空団]
'80戦競参加機
第204飛行隊
[第5航空団]
'81戦競参加機
主催者の方が2007年8月に不慮の事故により亡くなられたため、入手することはできなくなりました。。・゚・(ノД`)・゚・。

(TOPに戻る)

《ウェポンセット》

こちらの「ウェポンセット適合表」をご覧下さい。

(TOPに戻る)

《専用色塗料セット》

Mr.COLOR特色セット 航空自衛隊機アルミナイズドオールドタイマーカラー
機体外面に塗装されたアルミナイズドシルバーFS17178と、脚周り等で使われたホワイトFS17875、コクピット内で使われたダークガルグレーFS36231の3色を各々10mlビンに入れてセットにしたものです。

(TOPに戻る)

inserted by FC2 system