ボーイング(マクダネル・ダグラス)F-15J/DJイーグル

《シリアルナンバー》

F-15J
02-8801/8802 12-8803 22-8804/8815 32-8816/8827 42-8828/8844
52-8845/8863 62-8864/8878 72-8879/8895 82-8896/8905
92-8906/8913 02-8914/8922 12-8923/8928 22-8929/8940
32-8941/8943 42-8944/8950 52-8951/8957 62-8958/8959
72-8960/8963 82-8964/8965
F-15DJ
12-8051/8054 22-8055/8056 32-8057/8060 52-8061/8062
82-8063/8066 92-8067/8070 02-8071/8073 12-8074/8079
32-8080/7087 52-8088 62-8089 72-8090 82-8091/8093
92-8094/8098

実機について 自衛隊での使用状況 性能諸元 配備部隊 部隊マーク
キット デカール ウェポンセット アクセサリー

《実機について》

 F-15はアメリカ空軍向けに開発された現代最強の戦闘機のひとつで、1号機は1972年7月27日に初飛行しました。アメリカ空軍の他にはイスラエル、サウジアラビア、日本が採用しています。F-15Jはアメリカ空軍向け最終モデルF-15Cに相当するモデルで、電子機器類が一部日本製に改められています。
(なおF-15Eを始めとするいわゆる『ストライクイーグル』は派生型と捉えているので、現時点ではあえてここでは触れません)

(TOPに戻る)

《自衛隊での使用状況》

 航空自衛隊では1976年12月にF-15Jと複座練習/戦闘機型F-15DJの採用を決定しました。1980年7月15日に航空自衛隊に引き渡されたマクダネル・ダグラス製F-15Jの最初の2機は、1981年3月27日に岐阜基地に到着しました。また、F-15DJは1981年4月6日にマクダネル・ダグラス製の2機が引き渡され、12月10日と14日に新田原基地に到着しています。以後ノックダウン生産機を含む三菱重工のライセンス生産機が配備され、F-15Jの生産は1998年11月4日にロールアウトした165号機(#965)で終了、F-15DJは1999年10月25日にロールアウトした48号機(#098)で終了し、1999年12月10日までに全機引き渡されました。

 J型#899(それに加えて事故後修理した#832)、DJ型#063以降の機体は通称J-MSIP(Japan-Multi-Stage Improvement Program)と呼ばれる改修型で、その中心はセントラルコンピュータの換装(CP-1075/AYK→CP-1075A/AYK)と兵装コントロールセットの換装(AN/AWG-20→AN/AWG-27、正面計器盤左下の兵装コントロールパネルのMPCD−Multi Purpose Color Display−化)です。またJ-MSIP改修と前後して、インテーク後方下面にAN/ALE-45Jチャフ/フレアディスペンサーの搭載(J型#879以降)、音声用無線機の換装(AN/ARC-164 UHF無線機→AN/ARC-182 VHF/UHF無線機)に伴う機首下面の一番前のブレードアンテナの大型化、J/ALQ-8 ECM装置搭載(J型#909以降)に伴う、機首下面(小さいのふたつ)とインテーク下面(逆L字型)へのアンテナの設置、J/APQ-1後方警戒レーダー搭載(J型#958以降)に伴い右側の尾部アウトリガー後端に小レドームの設置、などの改修が行われています。その他、エンジンがF100-IHI-100からデジタル制御のF100-IHI-220Eに換装され、レドームにライトニング・ストリップが付いています。これらの改修は、記載したシリアルナンバー以前の機体にもレトロフィットされている場合もあります。また、これとは別にごく一部の機体はAIM-120 AMRAAMが運用可能なよう改修されています。ちなみに、外見上の特徴は『航空ファン』誌2001年1月号や『モデルアート』誌2002年12月号に詳しく解説されていますので参考にして下さい。

 1999年度からはJ-MSIP機のうち1986年度発注以降の機体(J型#909、DJ型#067以降)を対象に能力向上改修が始まり、試改修1号機(12-8928)は2003年10月21日に引き渡され、飛行開発実験団に配備されました。1号機の改修内容はセントラル・コンピュータの換装、火器管制装置をAPG-63からAPG-63(V)1に換装、発電機および冷却システムの換装と改修、脱出装置(ACESII)の改修、飛行記録装置の搭載、通信電子装置への電波妨害対処機能の付与、99式空対空誘導弾(AAM-4)運用能力の付与などとなっています。この改修を適用された機体は「形態1型(現在は近代化改修機)」と呼ばれ、外観は既存機とほとんど変わりませんが、冷却システムの改修に伴いコクピット右後方にあった丸い給気口がなくなっているのが唯一の識別点です。量産改修は2004年度に2機、2005年度に4機、2006年度に2機が発注され、量産改修1号機(12-8948)は2007年9月12日に航空自衛隊に納入、以後2007年度に6機、2008年度に2機が納入されました。

 2008年度以降に発注された近代化改修機には04式空対空誘導弾(AAM-5)運用能力の付与と戦闘機用ヘルメット装着型表示装置(HMD)の搭載改修も盛り込まれ(それ以前の改修機8機にも遡って適用)、2008年度に20機、2009年度に22機、2010年度に2機、2011年度に8機、2012年度に6機、2013年度に6機、2014年度に12機、2015年度に8機が発注され順次納入されています。また、2012年度からは複座のDJに対する近代化改修も開始され、改修1号機(32-8087)は2013年度に納入されました。
 現在、近代化改修機は主に小松の第306飛行隊と那覇の第204飛行隊、第304飛行隊に配備されています。

 2006年12月には「形態2型(現在は統合電子戦装置搭載改修機)」と呼ばれる試改修2号機(32-8942)が登場しました。形態2型は1型の改修内容に統合電子戦装置(IEWS)の搭載、チャフ/フレアディスペンサーをAN/ALE-45(J)からIEWSと総合可能なAN/ALE-47に換装、独自開発のIRST(赤外線追尾装置)の搭載(ただし#942はプロビジョンのみ)などが加えられたものです。外観上の違いとしてインテーク後方側面にIEWS関連のアンテナを納めた涙滴状のフェアリングが設けられ、左側の尾部アウトリガー後端にも小レドームが追加されましたが、逆にインテーク下面にあったJ/ALQ-8の逆L字型アンテナは撤去されています。2007年2月22日には完成審査に合格、3月6日に飛行開発実験団に配備され、約1年間に渡って実用試験が実施されました。2010年度予算で2機に対するIEWS搭載改修が予算化され、2014年度までに7機が予算化されています。量産改修1号機(92-8906)は2014年12月にロールアウト、2015年9月時点で他の改修機として 92-8907、92-8912、22-8940、62-8958 が確認されており、全機が第306飛行隊に配備されています。

 2008年5月8日には機首上面にIRSTの試作品を搭載した形態1型試改修1号機(12-8928)が初飛行しました。2010年度に開発は完了し「IRST装置(F-15)」という名称となりましたが、現状では改修の予算化は見送られています。

 一方、近代化改修や統合電子戦装置搭載改修を受けることができないPre-MSIP機に対しては、その能力向上を図るべくJDCS(F)(自衛隊デジタル通信システム(戦闘機搭載用))搭載改修を行うこととし、2011年度に2機分を予算化し 62-8867 と 82-8897 を改修しました。胴体背面のエアブレーキ左側にブレードアンテナ、右側に円盤状のアンテナが増設されているのが識別点です(現在そのアンテナを囲むように赤い丸が描かれています)。ただしその後は予算化されておらず、同装置はF-2に対して搭載改修が進められています。

 また、2005年度から5年間の次期中期防において、偵察機部隊の機数削減とF-15の偵察機転用のための試改修作業(F-15用偵察システムJ/USD-1)が盛り込まれました。費用対効果を高めるため機体改造は最小限に留め、偵察機材は新規開発する2種類のポッド(可視光・赤外線偵察ポッド、レーダー偵察ポッド)を任務に応じて着脱し、偵察ポッドで収集した画像等の情報は地上処理装置に電送することとしています。2006年度予算にはこのためのシステム設計費が盛り込まれました。2011年度末に試改修機の完成を予定しています。改造機数は10機前後が見込まれているようです。このため2007年頃から始まるRF-4EJの用途廃止後は代替機を当てず、その後RF-4Eの用途廃止に合わせ後継機として偵察機転用型F-15(RF-15J?)の配備がなされる予定でした。

 その後2010年10月1日に、「防衛省は偵察機転用の改修事業を発注していた東芝に対し、東芝が必要な部品を外国から調達できず、納期を猶予しても防衛省が要求する飛行や撮影の性能を満たすことができないとして、今後契約を解除する見通し」と報道されました。このことでF-15の偵察機転用計画は白紙に戻りました。

(TOPに戻る)

《性能諸元》

F-15J
全幅13.0m
全長19.5m
全高5.6m
運用重量12,973kg
最大離陸重量20,244kg
発動機プラット&ホイットニーF100-IHI-220E
ターボファン(アフターバーナー(A/B)付き)×2
推力8,872kg/10,636kg(A/B使用時)(1基)
燃料容量2,070gal(機内)
最大3,870gal(600gal×3の増加タンク)
最大速度M2.5(外部搭載なし)
実用上昇限度65,000ft
飛行航続距離4,100km(増加タンク付き)
戦闘行動半径約1,852km(増加タンクなし)
武装M61A-1 20mmバルカン砲×1
AIM-7F×4,AIM-9L/AAM-3×4
各種通常爆弾やクラスター爆弾
乗員1名

(TOPに戻る)

《配備部隊》

実戦部隊
部隊名上位組織
第201飛行隊第2航空団
第202飛行隊第5航空団
第203飛行隊第2航空団
第204飛行隊第7航空団→第83航空隊→第9航空団
第303飛行隊第6航空団
第304飛行隊第8航空団→第9航空団
第305飛行隊第7航空団→第5航空団
第306飛行隊第6航空団
飛行教導隊→飛行教導群航空総隊直轄→航空戦術教導団
F-15Jはまず航空実験団で各種テストが行われた後、1982年12月12日から上記の各飛行隊に配備されています。200番台の4個飛行隊はF-104Jから機種改編し(第201飛行隊は再編成)、300番台の4個飛行隊はF-4EJ/EJ改から機種改編したものです。F-15DJは各部隊に少数づつ配備されているほか、T-2から機種改編した飛行教導隊にも少数機が配備されています。また、第202飛行隊は2000年10月6日付けで解散しました。
 第204飛行隊は2009年1月19日に那覇基地の第83航空隊に移管されましたが、入れ替わりに第302飛行隊が第7航空団へ移管されたのは2009年3月12日になりました。
 2016年1月31日付けで第83航空隊が解散して那覇基地に第9航空団が新編され、第204飛行隊は第8航空団から移管された第304飛行隊とともにその隷下に入りました。また、飛行教導群は2016年6月に新田原基地から小松基地に移動、10日に記念式典がありました。さらに第305飛行隊は2016年8月に第7航空団(百里)から第5航空団(新田原)に異動、31日に記念式典がありました。入れ替わりに第301飛行隊(F-4EJ改)が11月上旬に第7航空団に異動する予定です。

教育・実用試験部隊
(旧部隊名→)部隊名(旧上位組織名→)上位組織
第23飛行隊F-15臨時飛行教育航空隊→飛行教育航空隊
航空実験団→飛行開発実験団
第1術科学校
各種試験用として飛行開発実験団にF-15J/DJが、整備用教材として第1術科学校にF-15Jが少数機配備されています。1999年8月3日付で新田原基地にて新編されたF-15臨時飛行教育航空隊は、第202飛行隊の解散を受けて2000年10月6日に飛行教育航空隊に改編され、同日付けで隷下の第23飛行隊も正式に発足しました。

(TOPに戻る)

《部隊マーク》

第23飛行隊
制定不明
(1999年の新田原基地航空祭の時にはすでに描かれていました)
図柄赤シャドー付き黄でデザインした漢数字の「二三」の上に、黒で「日向(ひむか)の黒馬」を描いたマーク
解散した第202飛行隊の後を引き継いで2000年10月6日に発足した部隊です。
第201飛行隊
制定1986年2月3日
図柄F-104時代からの部隊のパッチに由来する、千歳基地のある北海道にちなんだヒグマの横顔を黒/淡い茶/白でリアルに描いたマーク
1986年3月19日にF-15部隊として再編成された時に部隊マークを変更しています。
第202飛行隊
制定1982年11月9日
図柄周辺に古墳の多い新田原基地にちなんだ部隊のパッチに由来する、武人埴輪をオレンジ色でデザインしたマーク
1982年12月12日にF-104から機種改編した時に部隊マークを変更しています。第202飛行隊は第23飛行隊の新編を受けて2000年10月6日に解散しました。
第203飛行隊
再制定1983年6月22日
図柄「203」を赤、千歳基地のある北海道にちなんだヒグマ(決してパンダではありません(笑))を白と黒でデザインし、ヒグマの腹に第2航空団を表す2個の赤星をいれたマーク
1984年3月24日にF-104から機種改編した後も部隊マークを引き継いでいます。
第204飛行隊
初代マーク
(第7航空団時代)
制定1984年6月19日
図柄「イーグルの中のイーグル」を表す鷲の横顔を白・黄・赤でデザインしたマーク。“たてがみ”の本数は第7航空団を現す7本。
●デザインは戦競のワルキューレでおなじみ渡辺悟志士長(当時)
旧マーク
(第83航空隊時代)
制定2009年1月
図柄基本デザインはそのままに大きさを若干小さくし、“たてがみ”の本数を8本に増やし、上5本を赤、下3本を黄土色として全体で「83」となるように変更。
現マーク
(第9航空団時代)
制定2016年1月
図柄“たてがみ”の本数を第9航空団を表す9本に増やし色をグレートーンのロービジ化。
1985年3月2日にF-104から機種改編し第5航空団(新田原基地)から異動した時に部隊マークを変更し、2009年1月に第83航空隊に異動した時と、2016年1月に第9航空団に異動した時に若干のデザイン変更を行っています。
第303飛行隊
旧マーク制定1981年6月11日(F-4EJ時代)
図柄「6」を象った水色の丸の中に第303飛行隊の前身である第4飛行隊(F-86F)のコールサイン「ドラゴン」に由来する龍の横顔を濃緑で描いたマーク(ただし目の部分のデザインが若干違っています)
現マーク制定1997年5月
図柄「6」を象った形のグレーの丸の中に部隊のパッチに由来する「翼を持った龍」を描いたマーク
1987年12月1日にF-4EJから機種改編した時は部隊マークを引き継ぎましたが、その後変更しています。
第304飛行隊
旧マーク
(第8航空団時代)
制定1978年4月10日(F-4EJ時代)
図柄築城基地近くの英彦山の天狗伝説に由来する天狗の顔をモチーフにしたマーク
現マーク
(第9航空団時代)
制定2016年1月
図柄マークのデザインはそのままで色をグレートーンのロービジ化。
1990年1月12日にF-4EJから機種改編した後も部隊マークを引き継いでいます。
第305飛行隊
制定1978年12月1日(F-4EJ時代)
図柄日の丸に重ねた白い梅の花(梅は百里基地のある茨城県の県木)をデザインしたマーク
1993年8月2日にF-4EJから機種改編した後も部隊マークを引き継いでいます。
第306飛行隊
旧マーク制定1981年6月11日(F-4EJ時代)
図柄黒い丸の中に小松基地のある石川県の県鳥である狗鷲の横顔を黄でデザインしたマーク
現マーク制定1997年5月
図柄バックの黒丸を「6」を象った形に変更
1997年3月17日にF-4EJ改から機種改編した時は部隊マークを引き継ぎましたが、その後変更しています。
飛行教導隊→飛行教導群
制定1981年12月28日(T-2時代)
図柄「一撃必殺」の意味を込めたコブラの顔を白/黒でデザインしたマーク
1990年4月12日にT-2から機種改編した後も部隊マークを引き継いでいます。
航空実験団→飛行開発実験団
航空実験団
時代
制定1964年7月(実験航空隊時代)
(1974年4月11日に航空実験団に改編)
図柄衝撃波と人工衛星の軌道を組み合わせたデザインの青のマークに、赤で「APW」(Air Proving Wing)と書かれたマーク
飛行開発
実験団時代
(現マーク)
制定1989年3月10日
(同年3月14日に飛行開発実験団に改編)
図柄航空実験団のマークから「APW」の文字を消し、デザインが若干変更されたマーク
第1術科学校
配備当初はノーマーク
旧マーク制定不明(1994年頃)
図柄青地のエンブレムに白で「HAMAMATSU」の文字とF-15のシルエットと富士山を描き、エンブレムの下の赤いリボンに白で「1st TECNNICAL SCHOOL」と書いた、パッチと同じデザインのマーク
現マーク制定不明(1999年頃)
図柄赤フチ白の「1」を挟んで白で「Tecnnical School」の「T」「S」の文字、さらにその外側に黄色い翼(?)、バックに富士山と剣の柄(?)がデザインされたマーク

(TOPに戻る)

《キット》

1/32タミヤF-15J1999年12月発売。1993年発売のF-15Eのバリエーションキットですが、ずいぶん待たされました(笑)。パーツのビス留め、ダイキャスト製脚柱などの工夫で大物キットにもかかわらずちょっとやそっとぢゃ壊れないくらいの強度が確保できるのはさすがです。でも各部にF-15Eとの混同が見られるのは残念。
1/48 ピットロードF-15J
現時点での最新キット。まず2014年7月にDJ型が発売され、J型は2014年12月になって発売されました。キット自体は中国のライオンロア(グレートウォールホビー)製です。基本的には2013年12月に出たF-15B/Dと、2014年11月に出たF-15Cのデカール替えになりますが、AAM-3など空自機の独自装備を新たに金型起こして作ってます。

【デカール替えキット】
●F-15J:戦技競技会2013
(2013年の戦競に出場した第203飛行隊所属機のデカール入り)
F-15DJ
ハセガワF-15J/DJ以前の定番品だった下記のJとDJを、新たに定番のコンパチキットとして2010年11月に再発売しました。中身も細々とアップデートされていて、AAM-3もさり気なく入ってたり。アイリスカバー無しの排気口ももちろん入っています。デカールも一新され、2010年までにF-15を使っている(使っていた)全ての飛行隊が入りました。
【限定版キット】
●F-15J:近代化改修機形態I/II型
(機体各部のフェアリングと機首上面のIRSTのレジンパーツ入り)
●F-15J:204SQスーパーディテール
(エッチングパーツやメタルパーツと記念塗装機デカールに加え布製ワッペン入り)
●F-15DJ:アグレッサー2013
F-15J
【絶版】
アイリスカバーなしの排気口を作るには別売のパーツが必要です。後にAAM-3が付いたパッケージも発売されました。
【限定版キット】
●戦競出場機[数種類]
●記念塗装機[数種類]
●飛行教導隊デカール入り
●メタル製パイロットフィギュア入り
●“ベストガイ”
(映画『ベストガイ』出演機に描かれた尾翼の帯のデカール入り)
F-15D/DJ
【絶版】
F-15Jのコクピット回りのパーツを複座型用に変えたものです。
【限定版キット】
●飛行教導隊[4種類]
●記念塗装機
タミヤF-15J
F-15Cのキットを改修したものです。
フジミF-15Jベストのハセガワ、次点のタミヤと比べるとどうしても一段落ちます。なお、製品ラインナップの再編に伴い、以前出ていたパッケージは全て絶版となり、2016年5月発売の「F15-J イーグル 百里基地 第305飛行隊」が新たに定番品となるようです。
1/72 プラッツF-15J
2015年7月に予告通り発売された(爆)、プラッツの自衛隊機シリーズ最新作。一部残念なパーツやデカールがありますが総じていい感じです。ハセガワより作りやすいかどうかは作ってないのでまだ判りません。(^^ゞ

【パーツ追加キット】
●近代化改修機形態I/II型
(機体各部のフェアリングと機首上面のIRSTのプラパーツ入り)
ハセガワ[新版
(K番号,
SP番号,
E帯,
00***番号)]
F-15J
2015年4月現在で1/72のベストキット。アイリスカバーなしの排気口が再現されていますが少々組みにくいです。
【限定版キット】
●戦競出場機[数種類]
●記念塗装機[27種類]
●飛行教導隊[2種類]
●AAM-3付き
(ホワイトメタル&エッチング製、記念塗装機デカール入り)
●サウンドコレクションシリーズ
(ジェットサウンドを録音したシングルCDと戦競出場機のデカール入り)
●近代化改修機形態II型
(機体各部のフェアリングと機首上面のIRSTのプラパーツ入り)
F-15D/DJ
F-15Jのコクピット回りのパーツを複座型用に変えたものです。ただし単座型が新たにE帯に入った際に複座型は休止商品になってしまいました。
【限定版キット】
●飛行教導隊[6種類]
●記念塗装機[3種類]
[旧版
(DT番号,
C帯(J),
D帯(DJ))]
F-15J
パーツ数が少なく分割が単純なため組み立てやすい(作りやすいとは言っていない(^^;))ことと、価格が安いことが取り柄です。
【限定版キット】
●F-15Jイーグル
(F-15Cのキットに#801/802のシリアルと航空実験団マークのデカールと刺繍製パッチを入れたもの)
●F-15J“ベストガイ”
(映画『ベストガイ』出演機に描かれた尾翼の帯のデカール入り)
●AAM-3とASM-2入り
(XF-2のキットから流用、F-15J・F-15D/DJ双方)
F-15D/DJ
グンゼ/エッシーF-15A/C
【絶版】A/C型コンパチのキットにグンゼ特製空自デカールを入れたもの。プロポーションはまあまあ。パーツ割りはハセガワ1/72旧版に似てますが、パネルラインが凹スジになっています。アイリスカバーなしの排気口もパーツ化されていますが、一発抜きで省略が激しく使えません。あと主車輪のホイールはA/B型用のものしか入っていません。
エッシーF-15B
【絶版】上のキットの機首上面パーツを複座型用に差し替えたもの。
イデアF-15J韓国のキット。箱に『U.S.A.F.FIGHTER』と書かれているのは困りもん(爆)。パッケージ写真を見ればハセガワの旧金型をまんまコピーしたものであることは一目瞭然。中身が見られなかったのでデカールは確認できませんでしたが、これもハセガワをそのままコピーしていると思われます(中身が見られたF-15Cのほうがそうだったので)。
1/100 サニーF-15J【絶版】元は1974年末頃に出た万年のキットで、それがサンショーを経てサニーへと渡りました。主翼端が試作型の形状をしています。
ベンホビーF-15J
【絶版】中身はオリジナルだそうで、出来は★★★★だそうです(Special Thanks to 氷室万吉さん)
F-15D/DJ
ツクダホビーF-15J
【絶版】旧ベンホビーのキット
F-15D/DJ
1/144 マイクロエースF-15J旧LSのキット。
F-15J
(HGシリーズ)
上記のキット3機分に翼下パイロンと増槽のパーツ、それにカルトグラフ製デカールをセットしたキットで、下記の4種類が出ています。デカールデザインはこの方です。
●第204飛行隊 空自50周年記念塗装機
●204SQ F-15改変10周年記念塗装
●第201飛行隊20周年記念塗装
●第304飛行隊 空自50周年記念塗装機
トミーテック
(タカラトミー)
F-15J下記『技MIX・航空機シリーズ』が無彩色で、つまり普通の組み立てキットとして2014年11月に発売されました。出来は間違いなく最高の傑作キットなのですが、お値段もそれなりでナナニが買えちゃいます。
ドラゴン
(上海ドラゴン)
F-15J【絶版】発売当時から何故かほとんど見かけませんでした。(^_^;)
LSF-15J
【絶版】
他にF-15A/Cのキットとして、マイクロエース(旧アリイ、旧LSのF-15C)、ドイツレベル、ミニクラフト、アカデミー、ダイソー(たったの\100、アカデミーのOEMらしい)などから出ていますので、MYKデザイン、フライングパパス、ローズリッジ、ランドマークファクトリーのデカールを使えば小改造でなんとかなります。(^_^;)
トミーテック
(タカラトミー)
F-15J
『技MIX・航空機シリーズ』として下記の「ミッドナイトイーグル」のパーツを使用した、塗装・マーキング済み組み立てキットが出ました。2009年5月から現在まで多数の塗装バリエーションで発売されています(もう数えるの面倒(^。^;))。塗装やデカール貼りをしなくてもいいのは楽ですが(通常塗装機は機番のデカールを貼ります)、モデラーとしては物足りないような希ガス。
F-15DJ
F-15J
【限定版】番外編。2007年11月発売の『ミッドナイトイーグル』のアイテムのひとつになっているものです。塗装済み完成品なので番外としました。出来は1/144完成品の中ではピカイチで、下手なナナニも顔負けです。
F-15DJ
童友社F-15DJ
【限定版】番外編塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第1弾として飛行教導隊のマーキングで7種類(+シークレットのF-15J)が発売されました。オリジナルの新金型キットと謳っていましたが、実は以前出ていた「デスクトップウィングミュージアム」という完成品シリーズの転用です(情報多謝>motanさん)。プロポーションは悪くありませんがキャノピーが黒く塗りつぶされてる(てゆーか黒いプラで成型してるみたい)のはイマイチ。ただしスペシャルのF-15Jだけは透明です。
F-15J
F-15J
【限定版】番外編塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第4弾。内容は空自50周年記念塗装機4種+通常塗装機の計5種類(+シークレットの飛行教導隊)です。第1弾のシークレットに入っていたF-15Jを元にしているようでキャノピーはクリヤーパーツです。
F-15J
【限定版】番外編塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第7弾。内容は第4弾とは別の空自50周年記念塗装機4種+通常塗装機の計5種類(+シークレット)です。
F-15J
【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第11弾。今回はAH-64D、F-4EJ改とのアソートで、F-15Jは全6種(+スペシャルのF-4EJ改)のうち2種類になります。
F-15DJ
【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第12弾。飛行教導隊の2010年バージョン6種ですが、今回からDJ型のキャノピーがクリヤーパーツになりました。
F-15J
【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第16弾。今回はF-4EJ改、T-4とのアソートで、F-15Jは全6種のうち1種類になります。
F-15DJ【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第19弾。今回はF-4EJ改、F-2A/B、T-4とのアソートで、F-15DJは全6種のうち1種類になります。
カフェレオF-15J
【限定版】番外編。2006年11月発売の『Jウイング監修ミリタリーエアクラフトシリーズJ-Wings』第2弾のアイテムのひとつになっているもので、塗装済み完成品です。なおマーキングはデカールになっています。またF-15DJはイベント限定発売です。
F-15DJ
F-15J
【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『Jウイング監修ミリタリーエアクラフトシリーズJ-Wings』第5弾のアイテムのひとつ。上記のものとは全く別の新金型製品です。シークレットアイテムにある近代化改修形態2型は、アンテナフェアリングなどがきちんと追加されていますが、残念ながらデカールでチョンボをかましてしまい交換用デカールを別途出す羽目になってしまいました。
F-15DJ
エフトイズ・
  コンフェクト
F-15J
【限定版】番外編。2007年12月(東日本)発売の『日本の翼コレクション2』のアイテムのひとつになっているものです。塗装済み完成品なので番外としました。なおマーキングはデカールになっています。出来はなんかイマイチ。(´・ω・`)
F-15DJ
F-15J
【限定版】番外編2013年11月発売の『自衛隊特別塗装機コレクション』のアイテムです。305SQのほうはデカールがカルトグラフ製。大きくて多いので貼るのはちょっと大変かも。
上記4社の完成品F-15J/DJの比較はこちら
1/176 ハセガワF-15J
『ワンアワーコインシリーズ』のひとつで、塗装済みのスナップキットです。スケールがハンパなのは、1980年に『コインシリーズ』として\100で買える箱スケールのキットとして発売されたからで、その後アクトハセガワブランドの『ベーシックひこうき200シリーズ』(1994年発売)を経て、この『ワンアワーコインシリーズ』に納められた際に空自デカールが入りました。
1/200 タカラF-15J
【限定版】番外編。2004年7月に発売された『ワールドウィングスミュージアム』第1弾アイテムです。塗装済み完成品ですがプラキットと並べても遜色のない出来で、またこのスケール唯一のものなので入れときました。
F-15DJ
UCCF-15J 【絶版】【限定版】番外編2014年8月に「陸海空自衛隊コレクション」というタイトルで、UCC缶コーヒーのオマケとして付いてきたもので、塗装・マーキング済みの組み立てキットです。
1/700 ピットロードF-15J/DJ旧ソ連海軍潜水艦「エコーII」のキットに入ってます。このスケールだとJ/DJの違いは無視できるでせう。(^_^;)
アオシマF-15J/DJ「航空自衛隊機セット」および海上自衛隊イージス護衛艦「DDG-178あしがら」「DD-116てるづき」のキットに付属。
ツクダF-15J/DJ【絶版】「WORLD WEAPON SERIES 航空自衛隊機-1」に付属。

(TOPに戻る)

《デカール》

1/32 タミヤキット付属F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
飛行開発実験団
スタジオ
ローズリッジ
D01946F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#946
D01954F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#954
D01913F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#913
D01949F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#949
D01912F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#912
D01927F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#927
D95836F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#836
D95854F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#854
D95869F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#869
D95877F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#877
D95940F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#940
D95908F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#908
D95893F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#893
D03947F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#947
D03948F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#948
D03933F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#933
D03912F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#912
D03903F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#903
D96940F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'96戦競
#940
部隊マークや細部マークなどはキット付属のものを使います。デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。Rose Ridge Art Shopでのみ入手できます(通販)。
トゥーボブズ32-026F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
'03戦競
マーキング
デカールのタイトルは先に出た48-071同様『F-15J Shiro Ruyu』になってます。(^_^;)
32-039F-15J飛行教導隊
F-15DJ
48-080同様に機体を特定せず機番の数字がバラで入ってます。フルセットのコーションデータをいれたぜ! と胸を張ってますが、中の日本語はどうなんでせう。(^◇^;)
1/48 ピットロードキット付属F-15J
F-15DJ
第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第201飛行隊
[第2航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
※J型のみ
第204飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
飛行教導隊
飛行開発実験団
キット付属
(戦技競技会2013)
[2016年5月発売予定]
F-15J 第203飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
ハセガワキット付属F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第1術科学校
飛行開発実験団
F-15DJ 第23飛行隊
[第2航空団航空隊]
第204飛行隊
[第83航空隊]
キット付属
【絶版】
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
キット付属
【絶版】
F-15DJ第204飛行隊
[第7航空団]
F-15Dと同パッケージのため、機体各部のコーションデータが英語のみになってしまっているので注意が必要です。
キット付属
(飛行教導隊)
【限定版】
F-15DJ飛行教導隊
第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
2001年秋頃の配備機のシリアルナンバーと迷彩パターン図に加え、第23飛行隊の部隊マークも入っています。コーションデータは下地にグレーが印刷されているので塗り残しが手軽に再現できます。
SP265
【限定版】
F-15J/DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第204飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
いずれも部隊マークのみ。イベント限定品で1/48用と1/72用が一枚に入っています。
35221
【限定版】
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
空自60周年記念塗装機
35222
【限定版】
F-15J第306飛行隊
[第6航空団]
空自60周年記念塗装機
35223
【限定版】
F-15J第304飛行隊
[第8航空団]
空自60周年記念塗装機
35225
【限定版】
F-15J第204飛行隊
[第83航空隊]
飛行隊創設50周年記念塗装機
フジミキット付属F-15J 第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
飛行開発実験団
タミヤキット付属F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
'90戦競
マーキング
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
フライング
パパス
48M172F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
48M186F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
44MSP1
【限定版】
F-15J/DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
トゥーボブズ48-008
F-15DJ飛行教導隊
82-8065と82-8063を再現しています。コーションデータは下地にグレーが印刷されているので塗り残しが手軽に再現できます。ただし中身の日本語は少々アヤシイです。(^_^;)
48-071F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
'03戦競
マーキング
デカールのタイトル『F-15J Shiro Ruyu』ってのは、“White Dragon”の意味で『Shiro Ryu』と書いたつもりだったんでせうけど・・・。(^_^;)
48-080F-15DJ飛行教導隊
インストで解説されている機体は48-008と同じなんですが、こちらはコーションデータ類が1機分になり代わりにシリアルナンバーが選択式になりました。これで同隊のF-15J/DJ全機に対応できる、ということで『F-15J/DJ JASDF Aggressors』というタイトルなのでせう。
48-152F-15DJ飛行教導隊'97戦競
#076
(水色チェッカー)
48-153F-15DJ飛行教導隊'97戦競
#085
(緑色チェッカー)
48-154F-15DJ飛行教導隊#095
'04年時&'07年時
NBM21
(プラッツ)
JD48-1F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
'02戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'02戦競
マーキング
第305飛行隊
[第7航空団]
'02戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
'02戦競
マーキング
JD48-2F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'02戦競
マーキング
第303飛行隊
[第6航空団]
'02戦競
マーキング
F-15DJ第304飛行隊
[第8航空団]
'02戦競
マーキング
JD48-17F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
'03戦競
マーキング
“白龍”
JD48-21F-15J第305飛行隊
[第7航空団]
空自50周年
記念塗装機
スタジオ
ローズリッジ
D01946F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競#
946
D01954F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#954
D01913F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#913
D01949F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#949
D01912F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#912
D01927F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#927
D95836F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#836
D95854F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#854
D95869F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#869
D95877F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#877
D95940F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#940
D95908F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#908
D95893F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#893
D03947F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#947
D03948F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#948
D03933F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#933
D03912F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#912
D03903F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#903
D96940F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'96戦競
#940
部隊マークや細部マークなどはキット付属のものを使います。デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。Rose Ridge Art Shopでのみ入手できます(通販)。
DXM(模力堂)01-4101
(DXMD48001)
11-4207
(DXMD48004)
F-15J飛行教導隊2009年版
F-15DJ
11-4103
(DXMD48002)

11-4204
(DXMD48002
 +48101)
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
'10戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'10戦競
マーキング
11-4105
(DXMD48003)
11-4206
(DXMD48003
 +48101)
F-15J第204飛行隊
[第83航空隊]
'10戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
'10戦競
マーキング
11-4207
(DXMD48004)
F-15DJ飛行教導隊2010年版
41-4220
(DXMD48017)
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
第203飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
51-4122
(DXMD48018)
F-15DJ飛行教導隊2013年版
71-4326
[2017年3月発売予定]
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
空自60周年記念塗装機
台湾製デカール。48002と48003はタイトルが「平成22年度航空総戦技競技会」となっているのが惜しいw 詳しくはwebショップへ。
T-4と部隊マークの大きさが同じなので、ハセガワ1/48 T-4のキットから部隊マークを流用できます。
1/72 プラッツキット付属F-15J 第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第201飛行隊
[第2航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
'13戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第1術科学校現マーク
飛行開発実験団
第204飛行隊のマークはたてがみ(?)の下の方がクチバシと同じ黄色になってしまっているのが残念。飛行開発実験団(「APW」となっているのはご愛敬?)のマークの色具合はいい感じです。
ハセガワ新版
キット付属
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
<垂直尾翼外側の分のみ>
航空実験団
第204飛行隊(第83航空隊)、第303飛行隊(現マーク)、第304飛行隊(第8航空団)、第305飛行隊、第306飛行隊(現マーク)の各マークは限定版で発売されている記念塗装機や戦競出場機のデカール入りパッケージに入っています。
新版
キット付属
F-15DJ第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
<垂直尾翼外側の分のみ>
F-15Dと同パッケージのため、機体各部のコーションデータが英語のみになってしまっているので、プラッツのJD-3を使うのがよいでせう。
新版
キット付属
(飛行教導隊)
【限定版】
F-15DJ飛行教導隊
第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
<垂直尾翼外側の分のみ>
2001年秋頃の配備機のシリアルナンバー(F-15Jも含む)と迷彩パターン図に加え、第23飛行隊の部隊マークも入っています。コーションデータの流用のため従来のF-15D/DJのデカールが入っていますが、これは英語のみなのでプラッツのJD-23を使うのがよいでせう。
旧版
キット付属
(3代目〜
現行パッケージ)
F-15J第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
旧版
キット付属
(2代目パッケージ)
F-15J第202飛行隊
[第5航空団]
垂直尾翼外側の分のみ
航空実験団
1982年に第202飛行隊に配備された直後の、機首のラジオコールナンバーが書かれていない時代のマーキングなので、これはこれで貴重かも。(^◇^;)
旧版
キット付属
(初代パッケージ)
F-15J航空実験団
旧版
キット付属
F-15DJ第204飛行隊
[第7航空団]
F-15Dと同パッケージのため、機体各部のコーションデータが英語のみになってしまっています。
SP265
【限定版】
F-15J/DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第204飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
いずれも部隊マークのみ。イベント限定品で1/48用と1/72用が一枚に入っています。
35228
【限定版】
F-15J 第303飛行隊
[第6航空団]
2015年小松基地航空祭記念塗装
第306飛行隊
[第6航空団]
グンゼ/
エッシー
キット付属
【絶版】
F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
機体各部のコーションデータはA/C型用のものを使うので英語のみになってしまっています。
エッシーキット付属
【絶版】
F-15DJ第202飛行隊
[第5航空団]
F-15Bと同パッケージのため、機体各部のコーションデータが英語のみになってしまっています。
フライング
パパス
72M157F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
72M172F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
72M186F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
44MSP1
【限定版】
F-15J/DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
NBM21
(プラッツ)
JD-2
F-15J第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
部隊創設20周年記念塗装機
塗装の青い部分は全てデカール化されています。
JD-3
F-15J/DJコーションデータ1機分
JD-4
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'00戦競
マーキング
'01戦競
マーキング
第202飛行隊
[第5航空団]
'00戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'01戦競
マーキング
第1術科学校旧マーク
現マーク
JD-5
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'99戦競
マーキング
第202飛行隊
[第5航空団]
'98戦競
マーキング
第203飛行隊
[第2航空団]
'99戦競
マーキング
第204飛行隊
[第7航空団]
'99戦競
マーキング
第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
JD-6
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'98戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'98戦競
マーキング
第305飛行隊
[第7航空団]
'98戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
'98戦競
マーキング
JD-21
F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
'02戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'02戦競
マーキング
第305飛行隊
[第7航空団]
'02戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
'02戦競
マーキング
JD-22
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'02戦競
マーキング
第303飛行隊
[第6航空団]
'02戦競
マーキング
F-15DJ第304飛行隊
[第8航空団]
'02戦競
マーキング
JD-23
F-15J/DJグレイ地付コーションデータ1機分
飛行教導隊機や記念塗装機などを作る際に便利なように、コーションデータの塗り残しを再現しています。
JD-24
F-15DJ飛行教導隊“チェッカー”
F-15J第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
機首に黒馬マーク入り
JD-30
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
'03戦競
マーキング
“白龍”
JD-31
F-15J第305飛行隊
[第7航空団]
空自50周年
記念塗装機
スタジオ
ローズリッジ
D01946F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#946
D01954F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#954
D01913F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#913
D01949F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#949
D01912F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#912
D01927F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'01戦競
#927
D95836F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#836
D95854F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#854
D95869F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#869
D95877F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#877
D95940F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#940
D95908F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#908
D95893F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
#893
D03947F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#947
D03948F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#948
D03933F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#933
D03912F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#912
D03903F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
#903
D96940F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'96戦競
#940
D20410
F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
F-15使用10周年記念塗装機
D20450
F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
空自50周年記念塗装機
部隊マークや共通マークなどはキット付属のものを使います。デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ワンフェスや静岡ホビーショーなどのイベントで入手できる他、Rose Ridge Art Shopで通販できます。
DXM(模力堂)01-7101
(DXMD72001)
21-7107
(DXMD72017)
F-15J飛行教導隊2009年版
F-15DJ
41-7114
(DXMD72015)
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
第203飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
51-7116
(DXMD72017)
F-15DJ飛行教導隊2013年版
71-7219
[2017年3月発売予定]
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
空自60周年記念塗装機
アシタの
デカール
(MYKデザイン)
A-72012
【限定版】
F-15J/DJコーションデータ1機分
A-72013
【限定版】
F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
A-72030
【限定版】
F-15J/DJ 第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第204飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第1術科学校現マーク
航空実験団
飛行開発実験団
A-72054
【限定版】
F-15J/DJコーションデータ1機分(Ver2.0)
A-72013
【限定版】
F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
A-72064
【限定版】
F-15J/DJ 第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第204飛行隊
[第83航空隊]
第204飛行隊
[第9航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
(グレイ地)
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第304飛行隊
[第9航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第1術科学校現マーク
航空実験団
飛行開発実験団
1/100 サニーキット付属
【絶版】
F-15J第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
ベンホビーキット付属
【絶版】
F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
キット付属
【絶版】
F-15DJ第202飛行隊
[第5航空団]
ツクダホビーキット付属
【絶版】
F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
キット付属
【絶版】
F-15DJ第202飛行隊
[第5航空団]
1/144 マイクロエースキット付属F-15J第202飛行隊
[第5航空団]
キット付属
(HGシリーズ)
(204sq 空自50周年)
F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
空自50周年
記念塗装機
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
キット付属
(HGシリーズ)
(204sq 10周年)
F-15J 第204飛行隊
[第7航空団]
F-15使用
10周年
記念塗装機
'94戦競
マーキング
(2種)
キット付属
(HGシリーズ)
(201sq 20周年)
F-15J 第201飛行隊
[第2航空団]
F-15使用
20周年
記念塗装機
ノーマル塗装機
第203飛行隊
[第2航空団]
第203飛行隊のマークは左側用のがふたつ入っていて右側用のがありません。(-_-;)
キット付属
(HGシリーズ)
(304sq 空自50周年)
F-15J 第304飛行隊
[第8航空団]
空自50周年
記念塗装機
ノーマル塗装機
トミーテックキット付属F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'09戦競
マーキング
キット付属F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
ドラゴンキット付属
【絶版】
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
LSキット付属
【絶版】
F-15J第202飛行隊
[第5航空団]
フライング
パパス
44M005DF-15J第202飛行隊
[第5航空団]
部隊創設30周年記念塗装
44M009F-15J第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'98戦競
マーキング
44M172F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
44M186F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
44MSP1
【限定版】
F-15J/DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
アシタの
デカール
(MYKデザイン)
A-12
【限定版】
F-15J第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
機首に黒馬
マーク入り
第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
F-15DJ飛行教導隊
F-15J航空実験団
飛行開発実験団
A-13
【限定版】
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'02戦競
マーキング
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
'02戦競
部隊マーク
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'02戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'02戦競
マーキング
第305飛行隊
[第7航空団]
'02戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'02戦競
マーキング
A-14
【限定版】
F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'03戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'03戦競
マーキング
第305飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'03戦競
マーキング
A-34
【限定版】
F-15J第305飛行隊
[第7航空団]
空自50周年記念塗装機
A-35
【限定版】
F-15DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
空自50周年記念塗装機
A-112
【限定版】
F-15J/DJ 第201飛行隊
[第2航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
A-113
【限定版】
F-15J第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
機首に黒馬
マーク入り
第202飛行隊
[第5航空団]
第304飛行隊
[第8航空団]
第1術科学校
航空実験団
飛行開発実験団
なし(1,2号機引き渡し時の米軍マーク)
なし
【限定版】
【非売品】
F-15J第305飛行隊
[第7航空団]
'06戦競
マーキング
A-118
【限定版】
F-15J 第201飛行隊
[第2航空団]
'06戦競
マーキング
第203飛行隊
[第2航空団]
'06戦競
マーキング
第204飛行隊
[第7航空団]
A-126
【限定版】
F-15DJ飛行教導隊'06戦競
マーキング
A-153
【限定版】
F-15J第305飛行隊
[第7航空団]
空自50周年記念塗装機
(再発売版)
A-156
【限定版】
F-15J 第201飛行隊
[第2航空団]
'99戦競
マーキング
'00戦競
マーキング
'02戦競
マーキング
'04戦競
マーキング
'07戦競
マーキング
A-157
【限定版】
F-15J 第303飛行隊
[第6航空団]
(すべて現マーク)
'99戦競
マーキング
'03戦競
マーキング
'06戦競
マーキング
A-158
【限定版】
F-15J 第303飛行隊
[第6航空団]
(すべて現マーク)
'97戦競
マーキング
'02戦競
マーキング
'06戦競
マーキング
'07戦競
マーキング
A-159
【限定版】
F-15J 第304飛行隊
[第8航空団]
'03戦競
マーキング
'04戦競
マーキング
'06戦競
マーキング
'07戦競
マーキング
A-160
【限定版】
F-15J 第305飛行隊
[第7航空団]
'95戦競
マーキング
'98戦競
マーキング
'01戦競
マーキング
'03戦競
マーキング
'07戦競
マーキング
A-161
【限定版】
F-15J/DJコーションデータ1機分
A-276
【初回限定版】
F-15J第305飛行隊
[第7航空団]
A-327
【限定版】
F-15J第305飛行隊
[第7航空団]
F-15改編20周年記念塗装機
A-329
【限定版】
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
2012千歳航空祭記念塗装機
第204飛行隊
[第83航空隊]
那覇基地開庁40周年記念塗装機
A-348
【限定版】
F-15DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
飛行隊創設10周年記念塗装機
A-349
【限定版】
F-15J第202飛行隊
[第5航空団]
飛行隊解散記念塗装機
'90戦競
マーキング
(初回出荷分限定)
A-374
【限定版】
F-15J 第201飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
第203飛行隊
[第2航空団]
'13戦競
マーキング
第204飛行隊
[第83航空隊]
'13戦競
マーキング
(初回出荷分限定)
A-393
【限定版】
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
空自60周年記念塗装機
第203飛行隊
[第2航空団]
飛行隊創設50周年記念塗装機
A-394
【限定版】
F-15J/DJ第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第204飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
第1術科学校現マーク
A-395
【限定版】
F-15J/DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
飛行教導隊
航空実験団
飛行開発実験団
A-396
【限定版】
F-15J/DJコーションデータ1機分
A-405
【限定版】
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
空自60周年記念塗装機
A-406
【限定版】
F-15J第306飛行隊
[第6航空団]
空自60周年記念塗装機
A-409
【限定版】
F-15J第204飛行隊
[第83航空隊]
飛行隊創設50周年記念塗装機
A-410
【限定版】
F-15J第304飛行隊
[第8航空団]
空自60周年記念塗装機
スタジオ
ローズリッジ
D20414F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
F-15改編10周年記念塗装機
D20415F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
空自50周年記念塗装機
D30601F-15J第306飛行隊
[第6航空団]
空自50周年記念塗装機
D30401F-15J第304飛行隊
[第8航空団]
空自50周年記念塗装機
部隊マークや共通マークなどはキット付属のものを使います。デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ワンフェスや静岡ホビーショーなどのイベントで入手できる他、Rose Ridge Art Shopで通販できます。
ランドマーク
  ファクトリー
Vol.1
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
F-15DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
Vol.2
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
F-15DJ飛行教導隊
Vol.3
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'02戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'01戦競
マーキング
現マーク
'04戦競
マーキング
Vol.4F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'03戦競
マーキング
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ランドマーク・ファクトリーのwebサイトもしくはヤフーオークションなどで入手できます。
NBM21
(プラッツ)
JD144-6F-15J第305飛行隊
[第7航空団]
空自50周年記念塗装機
DXM(模力堂)11-1101
(DXMD14001)
F-15J第204飛行隊
[第83航空隊]
'10戦競
マーキング
第303飛行隊
[第6航空団]
'10戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'10戦競
マーキング
11-1102
(DXMD14002)
F-15J飛行教導隊
21-1106
(DXMD14006)
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
'03戦競
マーキング
71-1108
[2017年3月発売予定]
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
空自60周年記念塗装機
1/176 ハセガワキット付属
【絶版?】
F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
1/200 スタジオ
ローズリッジ
D20001F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
F-15改編10周年記念塗装機
D20002F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
D20004F-15J 第201飛行隊
[第2航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
飛行開発実験団
D20005F-15J第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
第202飛行隊
[第5航空団]
第304飛行隊
[第8航空団]
F-15DJ飛行教導隊
D20007F-15Jシリアルナンバー#801〜#835
D20008F-15Jシリアルナンバー#836〜#870
D20009F-15Jシリアルナンバー#871〜#905
D20010F-15Jシリアルナンバー#906〜#935
D20011F-15Jシリアルナンバー#936〜#965
D20012
F-15J第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'03戦競
マーキング
D20013F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'00戦競
マーキング
D20014F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
空自50周年
記念塗装機
D20015F-15J第306飛行隊
[第6航空団]
空自50周年
記念塗装機
D20018F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
マーキング
D20019F-15J第304飛行隊
[第8航空団]
'03戦競
マーキング
D20023F-15DJシリアルナンバー#051〜#074
D20024F-15DJシリアルナンバー#075〜#098
D20028F-15J第304飛行隊
[第8航空団]
空自50周年
記念塗装機
D20030F-15DJ第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
空自50周年
記念塗装機
D20031F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
空自50周年
記念塗装機
D20032F-15J第203飛行隊
[第2航空団]
空自50周年
記念塗装機
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。Rose Ridge Art Shopでのみ入手できます(通販)。
アシタの
デカール
(MYKデザイン)
A-2001
【限定版】
F-15J第23飛行隊
[飛行教育航空隊]
機首に黒馬マーク入り
第201飛行隊
[第2航空団]
第202飛行隊
[第5航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
ロービジマーク
F-15DJ飛行教導隊
F-15J航空実験団
飛行開発実験団
A-2002
【限定版】
F-15J第201飛行隊
[第2航空団]
'02戦競
マーキング
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第7航空団]
'02戦競
部隊マーク
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'02戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'02戦競
マーキング
第305飛行隊
[第7航空団]
'02戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'02戦競
マーキング
A-2003
【限定版】
F-15J第204飛行隊
[第7航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'03戦競
マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
'03戦競
マーキング
第305飛行隊
[第7航空団]
'03戦競
マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
'03戦競
マーキング
A-394
【初回限定版】
F-15J/DJ 第201飛行隊
[第2航空団]
第203飛行隊
[第2航空団]
第204飛行隊
[第83航空隊]
第305飛行隊
[第7航空団]
A-395
【初回限定版】
F-15J/DJ 第303飛行隊
[第6航空団]
現マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
現マーク
飛行開発実験団

(TOPに戻る)

《ウェポンセット》

こちらの「ウェポンセット適合表」をご覧下さい。

(TOPに戻る)

《アクセサリー》

1/48 ハセガワ航空自衛隊パイロット&グランドクルーセット
【限定版】ジャガーモデル製のレジンキット。座り姿の戦闘機パイロット2体、立ち姿の戦闘機パイロット2体、整備員のWAF(女性航空自衛官)2体が入ったセット。

(TOPに戻る)

inserted by FC2 system