三菱F-2A/B

《シリアルナンバー》

XF-2A
63-0001/00021995〜1997
63-8501/85021997〜2000
XF-2B
63-0003/00041996〜1997
63-8101/81021997〜2000
F-2A
63-8501/8502 03-8503/8507,8509
13-8508,8510/8521 33-8522/8523 43-8524/8530
53-8531/8533,8535 63-8534,8536/8541
73-8542/8543 83-8544,8546 93-8545,8547/8554
03-8555/8556,8559 13-8557/8558,8560/8564
63-8501/8502は
XF-2Aから改修
F-2B
63-8101/8102 03-8103/8106 23-8107/8115
33-8116/8124 43-8125/8129 53-8130/8131
73-8132 83-8133/8134
63-8101/8102は
XF-2Bから改修

実機について 自衛隊での使用状況 性能諸元 配備部隊 部隊マーク
キット デカール ウェポンセット 専用色塗料セット 便利グッズ

《実機について》

 F-1支援戦闘機の後継機として1981年から開発が始まったF-2は、当初は国内開発することになっていましたが、諸般の事情(^_^;)により1987年10月にF-16Cをベースにした機体を日米で共同開発することに決定しました。単座の戦闘機型F-2Aの原型機XF-2Aの1号機は1995年1月12日にロールアウト、同年10月7日に初飛行し、1996年3月24日に防衛庁技術研究本部(TRDI)に引き渡されました。また、同時に複座の練習/戦闘機型F-2Bも開発され、原型機XF-2Bの1号機は1996年4月17日に初飛行しています。

(TOPに戻る)

《自衛隊での使用状況》

 XF-2A/BともにTRDIで各種技術テストが行われた後、1997年12月1日からは航空自衛隊と共同運用となり、それに伴ってシリアルナンバーも変更になりました。A/B型それぞれ2機が航空自衛隊に引き渡されています。2000年9月22日に部隊使用承認が降り、それに伴ってXF-2A/BはF-2A/Bとなりましたが、現在でも飛行開発実験団で各種テストが続けられています。

 F-2A量産1号機(03-8503)は1999年10月12日に、F-2B量産1号機(03-8103)は2000年3月14日に初飛行しましたが、開発期間が2000年6月まで延長されたことを受けて、納入も当初の2000年初めより延びて2000年9月25日まで延期となり、従って1999年度納入予定だった3機は2000年度納入に繰り延べとなりました。

 F-2A量産1号機は2000年9月25日に航空自衛隊に引き渡され、10月2日に臨時F-2飛行隊(第3航空団(三沢)に臨時編成)に配備されました。F-2B量産型の臨時F-2飛行隊への配備は10月末に予定されていましたが、予定されていた量産1号機がトラブルを起こしたため11月16日に量産2号機が先に配備されました。

 当初F-2は合計130機(A型83機、B型47機)の調達が計画され、内訳はFS部隊3個飛行隊のF-1F-4EJ改の後継機として60機(A型54機、B型6機)、T-2の後継機の一部としてB型21機、飛行教導隊向けに8機、術科教育用にA型2機、在場・減耗予備機として39機となっていました。しかし2004年8月になって防衛庁(当時)は『F-2は高価格で性能不足』として調達中止を決定し、試作型のA/B型各2機ずつを除いた量産型を合計94機(A型62機、B型32機)調達して生産を終了することになりました。そのため配備計画も縮小され、飛行教導隊向けは全機削減、在場・減耗予備機は11機となります。2011年9月27日にF-2A最終号機(13-8564)の引き渡し式典が行われ、これをもってA型62機、B型34機の全てが納入され、F-2の調達は終了しました。

 2004年度発注分の機体から(A型#544以降)はJDAMの運用が可能になり、胴体背面にGPSアンテナが増設されました。それ以前の機体もIRAN時などに改修されています。また2005年度発注分の機体から(A型#547以降)はJ/AAQ-2外装型FLIRポッドの運用が可能になっています。2010年度からはAAM-4(99式空対空誘導弾)の運用を可能にするための機体改修が開始され、2013年度からはAAM-5(04式空対空誘導弾)の試験弾を機体に搭載して試験が始まっています。2014年6月にはF-2A#501の翼端にAAM-5を搭載して飛行試験を開始していますが、翼端ランチャーの形状は若干変更されているようです(Jウイング誌2014年9月号に写真あり)。また、2014年度予算ではAN/AAQ-33スナイパーXRターゲティングポッド搭載に関する改修費用が計上されています。2016年度からは空中給油機能改善改修が開始され、空中給油の際に邪魔になる胴体背面の大きなUHF/Tacanアンテナを小型化し、代わりにエアインテーク下面にブレードアンテナを追加、給油リセプタクルを照らす照明も改善されています。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災により松島基地が津波で水没し、第21飛行隊のF-2B 18機が被害を受けました。海水に浸かった上に押し流されて建物にぶつかった機体などもあるため、全機用廃となるのではないかと思われましたが、防衛省は2011年度第3次補正予算に6機分の修理予算を盛り込み、2013年度予算でさらに7機分の修理予算を要求、2015年度までに合計13機の修理を完了する予定です。修理完了1号機となる 03-8106 は2015年2月16日に初飛行、4月21日に三沢基地にフェリーされ第21飛行隊に配備されました。2015年12月現在で他に 23-8108、33-8116、33-8118、33-8121 が確認されています。

(TOPに戻る)

《性能諸元》

F-2A
全幅11.13m
全長15.53m
全高4.96m
主翼面積34.84u
運用重量12,000kg
最大離陸重量22,100kg
発動機ゼネラル・エレクトリックF110-GE-129
ターボファン(アフターバーナー(A/B)付き)×1
推力7,716kg/13,395kg(A/B使用時)
燃料容量1,220gal(機内)
最大2,720gal(600gal×2,300gal×1の増加タンク)
最大速度M2.0(外部搭載なし)
実用上昇限度50,000ft
戦闘行動半径約815km(増加タンクなし)
武装M61A-1 20mmバルカン砲×1
ASM-1/-2×4,AAM-3/AIM-9L×2〜4
500lb爆弾最大6発など
乗員1名

(TOPに戻る)

《配備部隊》

(旧部隊名→)部隊名上位組織
(臨時F-2飛行隊→)第3飛行隊第3航空団(→第7航空団)
第6飛行隊第8航空団
第8飛行隊第3航空団→第8航空団
(臨時教育F-2飛行隊→)第21飛行隊第4航空団
飛行開発実験団
第1術科学校
臨時F-2飛行隊には2000年10月2日から(2001年3月27日に第3飛行隊に改編)、臨時教育F-2飛行隊には2002年4月1日から(2004年3月29日に第21飛行隊に改編)、第6飛行隊には2004年8月3日から、第8飛行隊には2008年4月1日から配備が開始され、2009年3月6日には第8飛行隊におけるF-4での訓練が終了しました。また、整備教育用に第1術科学校にも配備されています。
 なお、第304飛行隊(F-15)の第8航空団(築城)から第9航空団(那覇)への異動や、F-35飛行隊が三沢基地で新編されることに伴い、2016年7月29日付けで第8飛行隊が第3航空団(三沢)から第8航空団へ異動し、2020年度中には第3飛行隊が第7航空団(百里)へ異動することが決まっています。

(TOPに戻る)

《部隊マーク》

臨時F-2飛行隊→第3飛行隊
制定1983年7月7日(F-1時代)
(2000年10月1日に三沢基地の第3航空団隷下に臨時F-2飛行隊として編成、2001年3月27日に第3飛行隊として発足)
図柄部隊のパッチに由来する、鎧武者の横顔を描いたマーク
F-2Aが2000年10月2日に臨時F-2飛行隊に配備された時から、F-1から引き継いだこのマークを使用していますが、ロービジ化されたため色はブルーグレイの濃淡になっています。
第6飛行隊
制定1980年8月29日(F-1時代)
図柄新田原基地のある宮崎県にちなんだ、高千穂の高天原の神話をモチーフにした部隊のパッチ(第6飛行隊が新田原基地にいた頃の1959年10月26日に制定)に由来する、黄の丸の中に黒で「弓と矢、剣」を組み合わせたマーク
2004年8月3日にF-2Bが配備された時から、F-1から引き継いだこのマークを使用しています。第3飛行隊と異なりロービジ化はされていません。
第8飛行隊
制定1983年7月7日(F-1時代)
図柄F-86F時代のコールサイン「パンサー」に由来する黒豹を描いたマーク
2008年4月1日にF-4EJ改からの機種改編が開始され、部隊マークも引き継がれましたが、F-2の胴体の日の丸の大きさに合わせて若干デザインが変更されています。
臨時教育F-2飛行隊→第21飛行隊
制定1985年5月22日(T-2時代)
(2002年4月1日に松島基地の第4航空団隷下に臨時教育F-2飛行隊として編成、2004年3月29日に第21飛行隊として発足)
図柄「4」を象った第4航空団伝統のマークを白フチ青で描いたマーク
(第21飛行隊(T-2)とほぼ同じマーク)
F-2Bが2002年4月1日に臨時教育F-2飛行隊に配備された時から、T-2から引き継いだこのマークを使用しています。
飛行開発実験団
制定1964年7月(実験航空隊時代)、1989年3月10日(飛行開発実験団改編時)
図柄衝撃波と人工衛星の軌道を組み合わせたデザインの実験航空隊〜航空実験団の青いマークから「APW」の文字を消し、デザインが若干変更された飛行開発実験団のマーク
1997年頃から使用しています。
第1術科学校
制定不明(1999年頃)
図柄赤フチ白の「1」を挟んで白で「Tecnnical School」の「T」「S」の文字、さらにその外側に黄色い翼(?)、バックに富士山と剣の柄(?)がデザインされたマーク
2000年10月28日の配備当初から使用しています。

(TOPに戻る)

《キット》

1/48 ハセガワF-2A
2003年7月(A型)、11月(B型)に満を持して登場した最新キット。胴体上面パーツは1/72と違って前後一体になっています。でも主たる装備品であるASM-2が入っていないのは納得いかーん的。(-_-;)
 ちなみに2000年の静岡ホビーショーでフジミが制作発表しましたが(木型写真はコチラ)、結局ポシャってしまいました。(^◇^;)
【限定版キット】
●F-2A“第8飛行隊”
●F-2A記念塗装機_
●F-2A“ディテールアップバージョン”
(戦競'13デカールとエッチングパーツ入り)
●F-2A“3SQ 60周年記念 ディテールアップバージョン”(第3飛行隊60周年記念塗装デカールとエッチングパーツ入り)
●F-2B記念塗装機[3種類]
●F-2B“21SQ 40周年記念 ディテールアップバージョン”(第21飛行隊40周年記念塗装デカールとエッチングパーツ入り)
F-2B
XF-2A
【限定版】機首のピトー管と胴体背面のアンテナがメタルパーツで入っています。
XF-2B
1/72 ハセガワF-2A/B
2003年6月に発売された定番キット。とはいえ中身はXF-2のキットのデカール替えなんですが、今どき珍しいA/B型コンパチになってます。
【限定版キット】
●F-2A戦競出場機[3種類]
●F-2A記念塗装機[5種類]
[うち1種類は2017年11月発売予定]
●F-2B記念塗装機[5種類]
●“築城スペシャル2016”
(A/B型の2機セット、2016年築城航空祭記念マーク入り機)
XF-2A
こっちが先(1998年6月)に出ました。胴体上面パーツを前後に分割して単座/複座の作り分けをしています。現在は生産休止中です。
【限定版キット】
●F-2A“量産1号機/2号機”
●F-2A“第3飛行隊”
●F-2B“第4航空団”
XF-2B
FS-X
【限定版】番外編。FS-XがF-16Cの改造型と決まった時にハセガワが早手回しに出したキット。F-16Cにインテーク下のカナード(当時はそうなる予定だったため)とドラグシュート付の垂直尾翼を入れ、F-1より一回り小さいロービジ部隊マークの入ったデカールをセットしたもの。この垂直尾翼が貴重です。(^_^;)
1/144 プラッツF-2A下記エフトイズの完成品をキット化したもの。2機入りパッケージになります。下記の2種類のパッケージが発売されています。
●航空自衛隊 F-2A
●航空自衛隊 F-2A 通常塗装
XF-2A
トミーテックF-2A『技MIX・航空機シリーズ』のアイテムのひとつです。2014年6月から各機種が順次発売されています(数える気はもうありません(^^;))。従来品と同様の塗装・マーキング済み組み立てキットで、元になる食玩がないので新たに金型を起こしています。
F-2B
XF-2A
XF-2B
エフトイズ・
コンフェクト
F-2A
【限定版】番外編。2006年4月(東日本)発売の『日本の翼コレクション』のアイテムのひとつになっているものです。なおマーキングはデカールになっています。
XF-2A
童友社F-2A
【限定版】番外編。2010年11月発売の塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第17弾。B型はイッチョンチョン初ですが、相変わらず脚や吊り下げモノは無塗装です。
F-2B
XF-2B
F-2A【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第19弾。今回はF-15DJ、F-4EJ改、T-4とのアソートで、F-2A/Bは全6種のうち各1種類になります。
F-2B
F-2B【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第20弾。今回はT-4とのアソートで、F-2Bは全6種のうち4種類になります。
カフェレオF-2A
【限定版】番外編。2011年1月発売の塗装済み半完成品のシリーズ『Jウイング監修ミリタリーエアクラフトシリーズJ-Wings』第5弾のアイテムです。童友社と完全にバッティングしましたが、こちらは脚周りや吊り下げモノは塗装済みでウェポンも付いています。なおXF-2AとXF-2Bは限定発売されたものです。
F-2B
XF-2A
XF-2B
F-2A
【限定版】番外編。2012年4月発売の塗装済み半完成品のシリーズ『Jウイング監修ミリタリーエアクラフトシリーズJ-Wings Allschemes(オールスキームズ) -JASDF collection-』のアイテムです。記念塗装機や試作機塗装の特集になります。今回はXF-2A/Bがレギュラー入りしました。
F-2B
XF-2A
XF-2B
上記3社の完成品F-2A/Bの比較はこちら
1/200 UCCF-2A 【絶版】【限定版】番外編2014年8月に「陸海空自衛隊コレクション」というタイトルで、UCC缶コーヒーのオマケとして付いてきたもので、塗装・マーキング済みの組み立てキットです。
1/700 ピットロードXF-2A「航空自衛隊 航空機セット(2)」(従来の「航空自衛隊機セット」を絶版にしてリニューアル)に付属。日の丸はデカールにありますがシリアルナンバーと部隊マークはありません。
アオシマF-2A海上自衛隊イージス護衛艦「あたご」のキットに付属。
タカラF-2A
【限定版】番外編。2005年8月に限定発売された『世界の艦船 亡国のイージス・仙石バージョン』のアイテムのひとつに付属していたものです。塗装済み完成品なので番外としました。

(TOPに戻る)

《デカール》

1/48 ハセガワキット付属F-2A第3飛行隊[第3航空団]
第1術科学校
ロービジの第6飛行隊マークがオマケとして入っています。
キット付属F-2B第3飛行隊[第3航空団]
臨時教育F-2飛行隊
[第4航空団]
'03松島航空祭
記念フィンバンド
第3飛行隊(ハイビジ)と第6飛行隊(ロービジ、ハイビジ)のマークがオマケとして入っています。2003年松島航空祭記念の赤いフィンバンドも入っているのはいいのですが、中に書かれた文字が間違っている上に(×MATSUSHIMA A/B→○MATUSHIMA AFB)ウインドシールド下左右に書かれた“馬上の正宗”のシルエットとクルーネームがありません。
キット付属
【限定版】
XF-2A飛行開発実験団
キット付属
【限定版】
XF-2B飛行開発実験団
SP265
【限定版】
F-2A/B第6飛行隊[第8航空団]
第8飛行隊[第3航空団]
いずれも部隊マークのみ。イベント限定品で1/48用と1/72用が一枚に入っています。
35224
【限定版】
F-2A第3飛行隊[第3航空団]空自60周年
記念塗装
F-2B第6飛行隊[第8航空団]空自60周年
記念塗装
NBM21
(プラッツ)
JD48-6F-2Aコーションデータ1機分
第3飛行隊[第3航空団]
第1術科学校
JD48-7F-2Bコーションデータ1機分
第3飛行隊[第3航空団]
臨時教育F-2飛行隊
[第4航空団]
'03松島航空祭
記念フィンバンド
それぞれコーションデータの他に上記部隊マークも入っています。F-2Bのほうにはウインドシールド下左右に書かれた“馬上の正宗”のシルエットとクルーネームも入っていますし、もちろんフィンバンドの中の文字も合ってます。
JD48-22F-2B第21飛行隊[第4航空団]空自50周年
記念塗装
アフター
バーナー
デカール
48-064F-2A第6飛行隊[第8航空団]第6飛行隊50周年記念塗装
'09戦競
マーキング
48-065F-2B臨時教育F-2飛行隊
[第4航空団]
'03松島航空祭
記念フィンバンド
第21飛行隊[第4航空団]東松島市誕生記念塗装
空自50周年
記念塗装
第21飛行隊30周年記念塗装
DXM
(模力堂)
13-4208
(DXMD48005)
F-2A第3飛行隊[第3航空団]'10戦競
マーキング
編隊長機&3番機
'10戦競
マーキング
第302飛行隊サポート機
第6飛行隊[第8航空団]'10戦競
マーキング
第8飛行隊[第3航空団]第8飛行隊50周年記念塗装
'10戦競
マーキング
F-2B第21飛行隊[第4航空団]空自50周年
記念塗装
41-4118
(DXMD48015)
F-2B第21飛行隊[第4航空団]第21飛行隊30周年記念塗装
空自50周年
記念塗装
41-4221
(DXMD48018)
F-2A第3飛行隊[第3航空団]'13戦競
マーキング
第8飛行隊[第3航空団]'13戦競
マーキング
21-4113
(DXMD48103)
F-2A第1術科学校
飛行開発実験団
F-2A/B第3飛行隊[第3航空団]
第6飛行隊[第8航空団]
第8飛行隊[第3航空団]
F-2B臨時教育F-2飛行隊
[第4航空団]
'03松島航空祭
記念フィンバンド
第21飛行隊[第4航空団]
71-4229
[2017年3月発売予定]
F-2A第3飛行隊[第3航空団]第3飛行隊60周年記念塗装
1/72 ハセガワキット付属F-2A/B第3飛行隊[第3航空団]
F-2B臨時教育F-2飛行隊
[第4航空団]
キット付属XF-2A飛行開発実験団
1,2号機のものが入っていますが、ストライプは1号機のものしかありません。また、ASM-2の市松模様を塗れというのはちょっと酷かも。
キット付属XF-2B飛行開発実験団
1,2号機のものが入っています。
SP265
【限定版】
F-2A/B第6飛行隊[第8航空団]
第8飛行隊[第3航空団]
いずれも部隊マークのみ。イベント限定品で1/48用と1/72用が一枚に入っています。
NBM21
(プラッツ)
JD-1
F-2A/B第3飛行隊[第3航空団]
F-2B臨時教育F-2飛行隊
[第4航空団]
F-2A第1術科学校
部隊マークやコーションデータは2機分(A/B兼用)、シリアルはA型用に#503〜#521が、B型用に#103〜#106が入っています。また、オマケとして入っている第6飛行隊マーク(ロービジ版)と第4航空団マーク(第21飛行隊と第22飛行隊の最終マークとロービジ版)のうち、第21飛行隊のものはF-2Bに使えますがシリアルナンバーは要チェックです。
JD-32
F-2A第3飛行隊[第3航空団]第3航空団50周年記念塗装
JD-39
F-2A第6飛行隊[第8航空団]第6飛行隊50周年記念塗装
ミュージアム
コレクション
MC-D368
F-2B第21飛行隊[第4航空団]空自50周年
記念塗装
ハセガワの限定版キットに付属しているデカールとはマークの大きさや配色が微妙に違います。でもどちらが正しいのか、いまいちよく判りません。(^◇^;)
DXM
(模力堂)
13-7102
(DXMD72002)
F-2A第3飛行隊[第3航空団]'10戦競
マーキング
編隊長機&3番機
'10戦競
マーキング
第302飛行隊サポート機
第6飛行隊[第8航空団]'10戦競
マーキング
第8飛行隊[第3航空団]第8飛行隊50周年記念塗装
'10戦競
マーキング
F-2B第21飛行隊[第4航空団]空自50周年
記念塗装
41-7112
(DXMD72012)
F-2B第21飛行隊[第4航空団]第21飛行隊30周年記念塗装
空自50周年
記念塗装
41-7115
(DXMD72015)
F-2A第3飛行隊[第3航空団]'13戦競
マーキング
第8飛行隊[第3航空団]'13戦競
マーキング
71-7123
[2017年3月発売予定]
F-2A第3飛行隊[第3航空団]第3飛行隊60周年記念塗装
1/144プラッツキット付属
(航空自衛隊
    F-2A)
F-2A第3飛行隊[第3航空団]第3飛行隊50周年記念塗装
XF-2A飛行開発実験団
キット付属
(航空自衛隊
F-2A通常塗装)
F-2A第3飛行隊[第3航空団]
第6飛行隊[第8航空団]
第1術科学校
ランドマーク
 ファクトリー
なしF-2A第3飛行隊[第3航空団]
発売当時は『キットが無いのにデカール作ってしまいましたシリーズ第2弾』でした(笑)。デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ランドマーク・ファクトリーのwebサイトもしくはヤフーオークションなどで入手できます。
スタジオ
ローズリッジ
D30001F-2A 第3飛行隊[第3航空団]第3航空団50周年記念塗装
細部マークはキット付属のものを使います。デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。Rose Ridge Art Shopでのみ入手できます(通販)。
アシタの
デカール
(MYKデザイン)
A-252
【限定版】
F-2Aコーションデータ1機分
A-253
【限定版】
F-2Bコーションデータ1機分
A-254
【限定版】
F-2A第3飛行隊[第3航空団]
第6飛行隊[第8航空団]
第8飛行隊[第3航空団]
第1術科学校
迷彩パターンのデカールです。
A-255
【限定版】
F-2B第3飛行隊[第3航空団]
第6飛行隊[第8航空団]
第8飛行隊[第3航空団]
迷彩パターンのデカールです。
A-256

【限定版】
F-2B第21飛行隊[第4航空団]空自50周年
記念塗装
東松島市誕生記念塗装
第21飛行隊30周年記念塗装
臨時教育F-2飛行隊
[第4航空団]
'03年小松航空祭特別塗装
A-257
【限定版】
F-2A第3飛行隊[第3航空団]'09戦競
  マーキング
'10戦競
マーキング
編隊長機&編隊僚機
'10戦競
マーキング
第302飛行隊サポート機
A-258
【限定版】
F-2A第6飛行隊[第8航空団]'09戦競
マーキング
'10戦競
マーキング
A-259
【限定版】
XF-2A防衛庁技術研究本部1号機
飛行開発実験団
A-260
【限定版】
XF-2A防衛庁技術研究本部2号機
飛行開発実験団
A-382
【限定版】
F-2Aコーションデータ1機分
A-383
【限定版】
F-2Bコーションデータ1機分
A-384
【限定版】
F-2A第3飛行隊[第3航空団]'10戦競
マーキング
'13戦競
マーキング
A-385
【限定版】
F-2A第6飛行隊[第8航空団]'09戦競
マーキング
'10戦競
マーキング
'13戦競
マーキング
'13戦競優勝
記念マーキング
A-386
【限定版】
F-2A第8飛行隊[第3航空団]'10戦競
マーキング
'13戦競
マーキング
飛行隊創設50
周年記念塗装
A-387
【限定版】
F-2B第21飛行隊[第4航空団]空自50周年
記念塗装
東松島市誕生記念塗装
第21飛行隊30周年記念塗装
臨時教育F-2飛行隊
[第4航空団]
'03年小松航空祭特別塗装
1/200 アシタの
デカール
(MYKデザイン)
A-396
【初回限定版】
F-2A第6飛行隊
[第8航空団]
'09戦競
マーキング
A-72030
【初回限定版】
F-2A第3飛行隊
[第3航空団]
'10戦競
マーキング

(TOPに戻る)

《ウェポンセット》

こちらの「ウェポンセット適合表」をご覧下さい。

(TOPに戻る)

《専用色塗料セット》

Mr.COLOR特色セット 航空自衛隊機洋上迷彩色
上面色のディープオーシャンブルーFS35045(暗い青)、下面色のシャロウオーシャンブルーFS35109(明るい青)、それにF-2のレドーム色であるグレーFS26231の3色を各々10mlビンに入れてセットにしたものです。

(TOPに戻る)

《便利グッズ》

1/72バードマン企画バードマン・キャノピーマスキングNo.72-CD-2
ハセガワXF-2A用のキャノピー用マスキングシートに加えて、ASM-2ダミー弾の黄赤緑の市松模様を簡単に再現できるデカールが付属しています。

(TOPに戻る)

inserted by FC2 system