ロッキード・マーチンF-35AライトニングII

《シリアルナンバー》

F-35A69-8701(ex.14-5114) 69-8702(ex.14-5115)
79-8703(ex.14-5116) 79-8704(ex.14-5117)
79-8705 89-8706/8709
2018年7月現在

《実機について》

 F-35Aはアメリカ空軍のF-16とA-10、海軍/海兵隊のF/A-18とAV-8B、イギリス空軍のハリアー、海軍のシーハリアー、カナダ国防軍とオーストラリア空軍のF/A-18などを代替する統合打撃戦闘機(Joint Strike Fighter - JSF)計画に基づいて1990年代から開発が始まった第5世代戦闘機で、共に2000年に初飛行したボーイングX-32とロッキード・マーチンX-35の2種の概念実証機によるテストの結果、2001年にX-35の採用が決まりました。基本形である通常離着陸(CTOL)型F-35Aの初飛行は2006年12月15日です。

 JSF計画は「統合」の名の通り、基本的に同一のエアフレームからCTOL型のF-35A、短距離離陸・垂直着陸(VSTOL)型F-35B、艦載機(CV)型F-35Cの3種の派生型を同時に開発するものです。各機種ごとの詳しい特徴などは多岐にわたるため、ウィキペディア時事通信の特集記事などを参考にしてください(汗)。

 また、開発費の出資国もアメリカ、イギリス、イタリア、オランダ、トルコ、カナダ、オーストラリア、デンマーク、ノルウェーと多国籍に渡る大型プロジェクトで、これら出資国のほかイスラエルや日本が採用を決定していますが、逆にカナダは採用を白紙撤回しています。最終的な生産機数はF-16を超えF-4に迫る5,000機程度になると予測されていますが、開発の遅れや費用の高騰などまだ流動的な面もあります。

《自衛隊での使用状況》

 航空自衛隊ではF-4EJ改の後継機として2011年12月20日にF-35Aを採用し、42機を調達することが決定されました。2012年度予算で発注された最初の4機(AX-1/4)は2016年度中に引き渡されましたが(尾翼に「69-8701」のシリアルナンバーが書かれた1号機(AX-1)は2016年8月24日に初飛行、11月17日に引き渡し)、これらの機体はアリゾナ州ルーク空軍基地に所在するアメリカ空軍AFRC 944th FW/944th OG/Det.2(空軍予備役軍団第944戦闘航空団第944作戦群第2分遣隊)“Ninjas”に配備され教官パイロット及び整備員の育成に使用されました。なお3号機(AX-3)は初飛行時に「69-8703」のシリアルナンバーが書かれていましたが、後に「79-8703」に書き換えられました。

 一方、防衛省は三菱重工の小牧南工場内にF-35AのFACO(Final Assembly and Check Out=最終組み立て・検査)施設を設けました。2015年12月15日からその『名古屋FACO』で航空自衛隊向け5号機(AX-5「79-8705」)の最終組み立てが開始され、2017年6月5日に「F-35A戦闘機(国内生産初号機)御披露目式」を挙行、6月13日に初飛行を行いました。この機体はアメリカでの完成品検査のため11月に米空軍パイロットの操縦で渡米、その後アメリカに留め置かれている4機と合流して訓練にも使用されたようです。

 2017年12月1日には三沢基地の第3航空団隷下に臨時F-35飛行隊が編成されました。2018年度中には百里基地から移動する第302飛行隊が臨時F-35飛行隊を引き継ぐことになります。2017年9月25日に初飛行した国内組み立て2号機(AX-6「79-8706→89-8706」)は、2018年1月26日に直接三沢基地に到着、臨時F-35飛行隊に配備されました。2018年5月28日にはアメリカで訓練に使用されていた5機すべてが三沢基地に到着し、それに伴い米本土での乗員訓練は終了したものと思われます。なお2個目の飛行隊の編成は2020年度内の予定です。

 今後の調達予定は、2014年度予算で4機(2018年度納入予定、#707/709含む)、2015年度予算で6機、2016年度予算で6機、2017年度予算で6機が発注されています。2018年度予算案では6機の調達予算が盛り込まれました。

《性能諸元》

F-35A
全幅10.67m
全長15.67m
全高4.33m
空虚重量12,426kg
最大離陸重量31,800kg
発動機プラット&ホイットニーF135-PW-100
ターボファン(アフターバーナー(A/B)付き)
推力124.6kN/191.3kN(A/B使用時)
機内燃料容量8,165kg以上
最大速度M1.67
実用上昇限度19,240m
飛行航続距離2,220km
戦闘行動半径1,092km
武装GAU-22/A 25mmガトリング砲×1
AIM-9X、AIM-120C等のAAM
各種通常爆弾やJDAM等
乗員1名

《配備部隊》

部隊名上位組織
臨時F-35A飛行隊(→第302飛行隊)第3航空団

《部隊マーク》

臨時F-35A飛行隊
制定不明(2017年12月頃)
図柄「ライトニングII」のニックネームにちなんだ(と思われる)雷神様を象ったマーク
2017年12月18日に飛行隊に配備されたT-4の尾翼に描かれているのが確認されています。

《キット》

1/32 イタレリ
(タミヤ)
F-35A
オリジナルは2017年2月に発売されましたが、デカールは米伊蘭豪イスラエルで空自向けは間に合いませんでした。駄菓子菓子、そこは我らがタミヤ、空自向け1号機のデカールを入れたキットを特別企画商品として2017年12月に出してくれたのです。ヽ(´▽`)/
1/48 モンモデルF-35A
【限定版】2017年7月発売。空自デカールが入ったパッケージは日本限定だそうです。米空軍のA型も同時に発売されました。
キティホーク
モデル
F-35A【2018年8月発売予定】元は2012年11月発売ですが、航空自衛隊マーキングを含めデカールを現状に合わせてアップデートしたVer.2が出ます。
1/72 童友社F-35A
2018年3月発売。アカデミーのキットに航空自衛隊向け1号機から6号機までを再現できるデカールが付属しています。アメリカ製の1〜4号機と日本製の5,6号機の日の丸の色の違いもフォロー。ただし雷神の部隊マークは入っていません。なお大人の事情があるのか、公式には「中の人はアカデミー」であることには全く触れられていません。(^^;)
ハセガワF-35A
【限定版】2017年1月に発売された『航空自衛隊 初号機』(デカールは航空自衛隊向け1号機 #701)に続き、2018年2月に三沢基地に配備された国内組み立て2号機(#706)のデカールが入った『航空自衛隊 臨時F-35飛行隊』が2018年8月に発売予定です。
 元の米空軍型キットは2014年3月発売で、先に出たイタレリやアカデミーのキットに比べてウェポンベイの内部再現を省略した分価格を抑えています。なお2015年4月には架空マーキングの空自仕様機が発売されました。
イタレリF-35A2013年12月中旬発売。ナナニでは初の量産型F-35Aの新金型キットで、従前のX-35Aのキットとは全くの別物です。
タミヤF-35A
2014年8月発売。上記イタレリのOEMですが価格がずいぶんと抑えられているため、ハセガワとアカデミーの立つ瀬がない的。(^^;)
アカデミーF-35A
2013年12月末発売。イタレリと甲乙付けがたい出来ですが主翼下のパイロンや外部搭載兵装をパーツ化しているので、“ビーストモード”を再現できるのはこのキットだけです。
1/144 ピットロードF-35J?塗装済み組み立てキットで一足早く空自仕様機がお目見え。もちろん架空塗装機ですが。(^^;)
F-35A【生産休止中】米空軍の先行量産型1-4号機仕様の塗装済み組み立てキットです。
童友社F-35A【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第23弾。架空の空自仕様機もあります。
エフトイズ・
コンフェクト
F-35A【限定版】番外編。2017年1月発売でハイスペックシリーズvol.5。空自向け1号機のほか架空塗装機も入っています。
1/700 アオシマF-35A護衛艦「DD-117すずつき」のキットに入っています。
ピットロードF-35A
「自衛隊航空機セット1」に付属。

《デカール》

1/32 イタレリ(タミヤ)キット付属F-35A航空自衛隊向け1号機
ファーボールデカール32-003F-35A航空自衛隊向け3号機
1/48 モンモデルキット付属
【限定版】
F-35A航空自衛隊向け1号機
キティホークモデルキット付属
【2018年8月
発売予定】
F-35A航空自衛隊向け2号機
1/72 童友社キット付属F-35A航空自衛隊向け1〜6号機
ハセガワキット付属
【限定版】
F-35A航空自衛隊向け1号機
(AX-1)
キット付属
【限定版】
【2018年8月
発売予定】
F-35A国内組み立て2号機
(AX-6)

inserted by FC2 system