マクダネル・ダグラスF-4EJ/EJ改,
           RF-4E,RF-4EJファントムII

《シリアルナンバー》

F-4EJ
17-8301/8302 27-8303/8306 37-8307/8323
47-8324/8352 57-8353/8376 67-8377/8391
77-8392/8403 87-8404/8415 97-8416/8427
07-8428/8436 17-8437/8440
F-4EJ改
17-8302
27-8305/8306
37-8308,8312/8323
47-8324,8328/8334,8337/8342,8345/8346,
  8348,8351/8352
57-8353/8357,8360,8362,8366/8367,8369,
  8375
67-8377/8379,8381,8384,8386/8391
77-8394/8395,8398/8402
87-8404,8407,8410/8411,8413/8415
97-8416/8417,8420/8427
07-8428,8431,8434/8436
17-8437/8440
F-4EJからの改造
RF-4EJ
(試改修型)
87-6406後に量産改修型に改修
RF-4EJ
(限定改修型)
57-6371/6374,6376 87-6412 97-6418
RF-4EJ
(量産改修型)
47-6335,6347 67-6380 77-6392,6397,6403
87-6406 07-6433
RF-4E
47-6901/6905 57-6906/6914

実機について 自衛隊での使用状況 性能諸元 配備部隊 部隊マーク
キット デカール ウェポンセット 専用色塗料セット アクセサリー

《実機について》

 言わずと知れた旧西側を代表する戦闘機。もともとアメリカ海軍向けの艦上戦闘機として開発され、原型機F4H-1F(後にF-4A)は1958年5月28日に初飛行しました。アメリカ海軍、海兵隊、空軍はもとより海外11ヶ国で使用されましたが、海外ユーザーのほとんどが機首に20mm機関砲を積んだF-4Eやその派生型を使用しているほか、11ヶ国中8ヶ国は機関砲のかわりにカメラを積んだ偵察型RF-4C/Eも使用しています。F-4EJはF-4EのFCS(火器管制システム)から兵器投下管制装置を取り除き、かわりにBADGE(自動防空警戒管制システム)のデータリンクを搭載、胴体背面の空中給油リセプタクルを地上給油用に改めたモデルです。

(TOPに戻る)

《自衛隊での使用状況》

 航空自衛隊では1968年10月にF-4EJの採用を決定し、マクダネル・ダグラス製の最初の2機は1971年7月16日に引き渡され、7月25日に小牧基地に到着しました。その後1981年5月20日までに三菱重工でのノックダウン生産機11機、ライセンス生産機127機の計140機を導入しました。また、1972年にはRF-86Fの後継機としてRF-4Eを採用、最初の機体は1974年12月3日に百里基地に到着し、1975年6月8日までにマクダネル・ダグラス製の完成機14機が引き渡されました。

 1982年よりF-4EJの寿命延長並びに能力向上計画が開始され、レーダーFCS(F-16と同じAPG-66J)、無線機、レーダー警戒装置を換装するなどの改修を受けた能力向上型F-4EJ(F-4EJ改)の1号機(07-8431)は1984年7月17日に初飛行、1999年3月までに90機が改修されました。また、配備の遅れていたF-2までのつなぎとして、1997年からはF-1に代わって支援戦闘機への転用も行われました。

 2008年にはF-4EJ改にも用廃機が出始めており、後継となるF-Xの選定が2008年夏までに行われる予定でしたが、本命とされていたF-22の導入が極めて難しくなったため翌年度以降に先送りされ、2011年12月20日、F-4後継となる次期戦闘機としてロッキード・マーチンF-35AライトニングIIを42機調達することがようやく決定されました。

 一方、RF-4Eが12機(事故で2機喪失)しかない戦術偵察戦力の増強のため、能力向上改修の行われないF-4EJの偵察機転用が1990年より計画され、胴体下に偵察ポッドを搭載できるようにするなどの改修を受けた偵察型F-4EJ(RF-4EJ)の1号機(87-6406)は1992年2月4日に初飛行しました。当初は全部で17機の改修が予定されていましたが、1998年3月19日に15機目の発注がなされて以来予算化されず、結局改修は15機で終わりました。15機のうち最初の7機はLOROP(長距離斜め写真)ポッドの運用能力しか持たない限定改修型、後の8機は他にTACER(戦術電子偵察)ポッドとTAC(戦術偵察)ポッドが運用できる量産改修型となっていましたが、現在は限定改修型でも3種類のポッドが運用できるよう再改修されています。※2010年の百里航空祭で中の人に確認したところ、限定改修型は最後までLOROPポッドのみだったそうです。

 なお限定改修型の外観は機体の迷彩塗装がパターン・配色ともにRF-4Eと同じである他はF-4EJとほとんど同じですが、量産改修型では機体の迷彩塗装がRF-4E/RF-4EJ限定改修型とパターンは同じものの暗いグリーン系になったほか、F-4EJ改と同じレーダー警戒装置を搭載したため主翼端や垂直尾翼後端の形状などがF-4EJ改と同じになっています。なおこれらRF-4EJはレーダーFCS、機関砲、AAM搭載能力などF-4EJとしての能力はそのまま残されていますので、有事の際は戦闘機としても使用できます。

 ちなみに能力向上改修も偵察機転用も行われなかったF-4EJは、ダートターゲット曳航などの訓練支援のため第8、第301、第302、第306の各飛行隊に少数機が配備された他は、1999年度より12機(27-8303、37-8311、47-8326、47-8344、47-8349、47-8350、57-8359、57-8361、65-8365、57-8369、67-8383、97-8419)がモスボールされ、小牧基地内の簡易格納庫に保管されていました。このモスボール機は2008年にその任を解かれ、部品取り用として解体、もしくはスクラップにされました。

 その他、現存する12機のRF-4Eにもレーダー、無線機、レーダー警戒装置の換装といった能力向上改修が行われており、外見的には主翼端や垂直尾翼後端のアンテナ、無線機のブレードアンテナなどがF-4EJ改と同じ形状になっています。また1994年より機首側面に装備するAN/APD-10側方レーダーの試改修作業を進めていて、改修作業が終了した試改修1号機(47-6901)は2003年3月末に納入されました。

 2005年度から5年間の次期中期防において、偵察機部隊の機数削減とF-15の偵察機転用のための試改修作業が盛り込まれました。このため2007年ごろから始まるRF-4EJの用途廃止後は代替機を当てず、その後RF-4Eの用途廃止に合わせ後継機として偵察機転用型F-15(RF-15J?)の配備がなされることになるであろうはずでしたが、2010年10月に偵察機転用型F-15の改修作業が中止になってしまいました。

 2010年7月現在で、限定改修型RF-4EJは全機退役済み、RF-4Eと量産改修型RF-4EJにも退役機が出始めています。結局後継機となる戦術偵察機が選定されていないので、RF-4E/EJの全機退役とともに第501飛行隊も解散するものと思われます。

(TOPに戻る)

《性能諸元》

F-4EJRF-4E
全幅11.71m
全長19.2m19.18m
全高5.0m
運用重量14,470kg14,450kg
最大離陸重量26,310kg23,970kg
発動機ゼネラル・エレクトリックJ79-IHI-17
ターボジェット(アフターバーナー(A/B)付き)×2
推力5,380kg/8,120kg(A/B使用時)(1基)
燃料容量1,915gal(機内)
最大3,255gal
(600gal×1,370gal×2
の増加タンク)
1,771gal(機内)
最大3,111gal
(600gal×1,370gal×2
の増加タンク)
最大速度M2.24(外部搭載なし)
実用上昇限度57,900ft
海面上昇率49,500ft/min
飛行航続距離約4,200km
戦闘行動半径222km(増加タンクなし)
武装M61A-1 20mmバルカン砲×1
AIM-4/-7/-9,
AAM-3の各種AAM
25〜1,000lb各種爆弾等
なし
乗員2名

(TOPに戻る)

《配備部隊》

F-4EJ
(旧部隊名→)部隊名上位組織
第301飛行隊第7航空団→第5航空団
第302飛行隊第2航空団→第83航空隊
 →第7航空団
第303飛行隊第6航空団
第304飛行隊第8航空団
第305飛行隊第7航空団
第306飛行隊第6航空団
実験航空隊→航空実験団→飛行開発実験団
第1術科学校
F-4EJはまず実験航空隊でテストが行われた後、1972年8月1日より部隊配備が開始され、上記の各飛行隊に配備されたほか、少数機は航空実験団でも使用され、また整備教材用として第1術科学校でも使用されました。2016年現在では少数機が飛行開発実験団で使用されているのみです。

F-4EJ改
(旧部隊名→)部隊名上位組織
第8飛行隊第3航空団
第301飛行隊第5航空団→第7航空団
第302飛行隊第83航空隊→第7航空団(→第3航空団)
第306飛行隊第6航空団
航空実験団→飛行開発実験団
第1術科学校
F-4EJ改は、改修1号機が航空実験団でテストされた後、1989年11月21日から第306飛行隊に配備が開始され、以後第301飛行隊と第302飛行隊がF-4EJから機種改編しましたが、残りのF-4飛行隊はF-15に機種改編しました。その後1997年3月には第306飛行隊のF-15への機種改編にともない、所属していたF-4EJ改は第8飛行隊に移動し、F-1に代わって支援戦闘機として使用されましたが、F-2への機種改編に伴い2009年3月6日付けで訓練終了となりました。2016年現在でF-4EJ改を装備し運用しているのは第301、第302の2個飛行隊と飛行開発実験団のみです。
 なお第302飛行隊は第204飛行隊(F-15J/DJ)と交代して、2009年3月12日付けで第7航空団に異動しました。また第301飛行隊は第305飛行隊(F-15J/DJ)と交代して、2016年10月末をもって第7航空団に異動しました。
 2018年度予算概算要求の概要では、第302飛行隊がF-4を手放して三沢に移動しF-35Aの最初の飛行隊となることが明記されました。

RF-4E
部隊名上位組織
第501飛行隊偵察航空隊
RF-4Eは当初から全機がここに配備されています。

RF-4EJ
部隊名上位組織
飛行開発実験団
第501飛行隊偵察航空隊
RF-4EJは改修1号機の受領直後は飛行開発実験団でテストが行われ、その後全機が第501飛行隊に配備されています。

(TOPに戻る)

《部隊マーク》

第8飛行隊
制定1983年7月7日(F-1時代)
図柄F-86F時代のコールサイン「パンサー」に由来する黒豹を描いたマーク
1997年3月17日にF-1から機種改編した後も部隊マークを引き継いでいます。その後2008年4月1日にF-2への機種改編が開始されましたが、マークは若干デザインを変更した上で引き継がれました。
第301飛行隊
1973年10月16日に百里基地の第7航空団隷下に編成された当初はノーマーク
初代マーク制定1973年12月
図柄百里基地近くの茨城県の「筑波山のガマの油売り」に由来する、第7航空団を表す7つの星が入った黄のマフラーを巻いた黒いカエルの顔をデザインしたマーク
旧マーク制定1985年2月21日
(同年3月2日に新田原基地の第5航空団へ異動)
図柄マフラーの中の星の数を7個から5個に減らし、大きさを若干縮小
現マーク制定不明(2016年10月半ばには確認)
(同年10月31日に百里基地の第7航空団へ異動)
図柄マフラーの中の星の数を5個から7個に増やす
第302飛行隊
1974年10月1日に千歳基地の第2航空団隷下に編成された当初はノーマーク
制定1975年9月25日
図柄千歳基地のある北海道のシンボルであるオジロワシを青・白・赤で「302」の形にアレンジしたマーク
このマークは1985年11月26日に那覇基地の第83航空隊、2009年3月に百里基地の第7航空団に異動した後も使われ続けています。
第303飛行隊
旧マーク制定不明(1978年5月頃から描かれ始める)
(1976年10月26日に小松基地の第6航空団隷下に編成)
図柄日本海を表わす青い丸に赤と白で小松基地のある石川県の形と「6」をデザインした、第205飛行隊(F-104)と共通の第6航空団マーク
最終マーク制定1981年6月11日
図柄「6」を象った水色の丸の中に、第303飛行隊の前身である第4飛行隊(F-86F)のコールサイン「ドラゴン」に由来する龍の横顔を黒/黄で描いたデザインのマーク
このマークは1987年12月1日にF-15に機種改編した後も引き継がれました。
第304飛行隊
1977年8月1日に築城基地の第8航空団隷下に編成された当初はノーマーク
制定1978年4月10日
図柄築城基地近くの福岡県の英彦山の天狗伝説に由来する天狗の顔をデザインしたマーク
このマークは1990年1月12日にF-15に機種改編した後も引き継がれました。
第305飛行隊
制定1978年12月1日
(同日に百里基地の第7航空団隷下に編成)
図柄日の丸に重ねた白い梅の花(梅は百里基地のある茨城県の県木)をデザインしたマーク
このマークは前身である第206飛行隊(F-104)のマークの一部分を引き継いだものです。その後1993年8月2日にF-15に機種改編した時は、このマークがそのまま引き継がれました。
第306飛行隊
制定1981年6月11日
(同年6月30日に小松基地の第6航空団隷下に編成)
図柄黒い丸の中に小松基地のある石川県の県鳥である狗鷲の横顔を黄でデザインしたマーク。その後機体の迷彩化に伴い小サイズのマークも使用
このマークは1997年3月17日にF-15に機種改編した後も引き継がれました。
第501飛行隊
旧マーク制定不明(RF-86F時代)
図柄「望遠鏡で宇宙を見る」イメージの青/黄のマーク
現マーク制定1981年2月25日
図柄部隊のパッチに由来する蝶ネクタイをして望遠鏡と地図を持ったキツツキの顔のマーク。1998年頃からは整備小隊によって蝶ネクタイの色を黄・白・青に変える
●キツツキは武田信玄が上杉謙信を攻めた際に用いられた「きつつき戦法」から発案されたもの
実験航空隊→航空実験団→飛行開発実験団
実験航空隊に配備された当初はノーマーク
航空実験団
時代
制定1964年7月(実験航空隊時代)
(1974年4月11日に航空実験団に改編)
図柄衝撃波と人工衛星の軌道を組み合わせたデザインの青のマークに、赤で「APW」(Air Proving Wing)と書かれたマーク
飛行開発
実験団時代
(現マーク)
制定1989年3月10日
(同年3月14日に飛行開発実験団に改編)
図柄航空実験団のマークから「APW」の文字を消し、デザインが若干変更されたマーク。その後機体の迷彩化に伴い小サイズのマークも使用
第1術科学校
配備当初はノーマーク
旧マーク制定不明(1994年頃)
図柄青地のエンブレムに白で「HAMAMATSU」の文字とF-15のシルエットと富士山を描き、エンブレムの下の赤いリボンに白で「1st TECNNICAL SCHOOL」と書いた、パッチと同じデザインのマーク
現マーク制定不明(1999年頃)
図柄赤フチ白の「1」を挟んで白で「Tecnnical School」の「T」「S」の文字、さらにその外側に黄色い翼(?)、バックに富士山と剣の柄(?)がデザインされたマーク

(TOPに戻る)

《キット》

1/32 タンモデルF-4EJ[2017年発売予定?]2017年2月に同社のfacebookで発表されたもので、1/32のF-4Eシリーズ中のモデルとして名前が挙がっています。
RF-4E
タミヤF-4EJ2004年7月発売。2001年11月に発売されたF-4E(初期型)のデカール替えです。計器盤が専用のものになりAAMにAIM-9Lが付属します。
ウルフパックデザインF-4EJ改
(レジン製
改造パーツ)
タミヤ用の韓国製レジン改造パーツ。レドーム、主尾翼端、ドラグシュートドア、計器盤、主翼前後縁のフラップ、エルロン、AAM-3がパーツ化されています。ホビーデカール製のドライデカール付き。
タカラ/レベルF-4EJ【絶版】今の目で見ると出来は問題外のものでコレクターズアイテムにしかなりません。
ドイツレベルのRF-4Eはドイツ空軍型なので、機首下面の形状が航空自衛隊型と異なります。
1/48 ハセガワF-4EJ改
1/48のベストキット。F-4EJのキットを金型改修してパッケージとデカールを新しくしたもので、前席の計器盤パーツも追加されていますが、これだけではまだ不足なので各自資料を参考にディテールアップしてやる必要があります。なお、改修された翼端のアンテナを削り落とすことでF-4EJも作ることができます。
【限定版キット】
●“8SQ パンサーズ”
(F-2迷彩評価機“青ファントム”)
●“洋上迷彩”
(F-2迷彩評価機“青ファントム”)
●“制空迷彩”
(「現行のマーキングでキット化します!」って定番品じゃアカンのか…?(^^;))
●記念塗装機[2種類]
●戦競出場機
●メタル製パイロットフィギュア入り
RF-4E
胴体を初めとするRF専用パーツを新規開発し2003年12月に発売されました。翼端にアンテナが付いた能力向上改修後の姿を再現しています。かなり昔(10年以上経ってると思います)のホビーショーに参考出品されて以来、ずいぶん待たされました(笑)。
【限定版キット】
●記念塗装機
●“シャークティース”
(2003年百里基地航空祭に登場したシャークティース機)
●“501SQ オールドファッション”
(ガルグレイ/ホワイト塗装&新旧部隊マーク)
●“洋上迷彩”
(2015年に登場した濃淡ブルー2色迷彩機)
RF-4EJ
【限定版】2004年3月に発売された“航空自衛隊 第501飛行隊”は量産改修型で、F-4EJ改のキットに偵察ポッドのパーツと専用デカールを入れたものでした。2010年9月に発売された“リコンファントム”は試改修型&限定改修型で、F-4EJのキットに偵察ポッドのパーツと専用デカールを入れたものです。偵察ポッドは3種類ともプラパーツを新規に起こしています。
F-4EJ
【絶版】金型を改修されてしまったのでレOナルドとかを探さなければ入手困難、と思ったのですが2005年5月にデカール替えが出てます。F-4J用主翼パーツを入れることで翼端形状の違いをクリヤーしてますが、今度は上面中央の長方形のバルジを削り落とさなくてはなりません。でもインストには指示がないんですよね。(-_-;)
【限定版キット】
●記念塗装機[4種類]
●戦競出場機
●“ミグ シルエット”
(緑色のMiG-21のシルエットを描いた機体)
イタレリF-4E2004年11月に発売された最新キットですが中身は旧エッシーです。キット名は「F-4E PHANTOM II」ですが航空自衛隊デカールも入っています。
RF-4E2016年8月発売。E型同様に旧エッシーがベースですが胴体は新規に金型を起こしたようで、機首は角張っているタイプとリファインドノーズの両方のパーツが入っています。空自デカール入り。
タカラ/レベルF-4E/EJ/F【絶版】
ブラックボックスRF-4B/C/E
(レジン製
改造パーツ)
ハセガワF-4用レジン製改造パーツで、機首周りが一体成形され内蔵するカメラもそれらしく彫刻されています。ただし後部胴体のフレア放出口や下面のスパローランチャー部分などは各自工作する必要があります。またデカールは付いていません。ハセガワからキットが出てしまったのでもう用無しですね。(^◇^;)
パラゴンデザインRF-4B/C/E
(レジン製
改造パーツ)
ハセガワF-4用レジン製改造パーツで、コクピットより前の機首部分とコクピット部分の機首下面、胴体後部のスパローランチャーの溝を埋めるパーツなどがセットされています。デカールは付いていません。これもハセガワからキットが出てしまったので用無しですね。(^◇^;)
1/50 フジミF-4EJ箱のスケール表記は1/48になっています(^_^;)。
【限定版キット】
●戦競出場機
●記念塗装機
サニーF-4EJ
元マルサンのキット。F-4EJのほかB型とF型のコンパーチブルという、かなり凶悪なキットです(爆)。こちらも箱のスケール表記は1/48になっています。
1/72 ハセガワ新版
(KA番号,
SP番号,
KX番号,
E番号,
0****番号)
F-4EJ改
1/72のベストキット。F-4EJのキットに改用のパーツを追加してパッケージとデカールを新しくしたもの。パーツは主翼外翼、垂直尾翼端、ドラグシュートドア、胴体背面のUHFアンテナが追加されていますが、これだけではまだ不足なので各自資料を参考にディテールアップしてやる必要があります。また、これらのパーツを使用しないことでF-4EJも作ることができます。
 なおこのキットは長らく生産休止中でしたが、めでたく2011年6月に定番品(E37)として再販されました。でもせっかくデカールを新しくしてくれたんだから、ちゃんとしたハチスコのマークとか306sqの小マークとかも入れて欲しかったし、塗装解説も「第83航空隊第302飛行隊(那覇基地)」ではなく「第7航空団第302飛行隊(百里基地)」にして欲しかったなり。(´・ω・`)
【限定版キット】
●“8SQ パンサーズ”
(F-2迷彩評価機“青ファントム”)
●“アグレッサー フェイカー”
(戦競訓練用塗装機)
●“百里スペシャル2016”
(RF-4Eとの2機セット、第301飛行隊の現行部隊マーク入り)
●戦競出場機[数種類]
●記念塗装機[17種類]
●ハイテクデカール入り
(ハイテクデカール=ドライデカールです)
●フレキシブルスタンド入り
RF-4B/C/E
発売当初はRF-4E単独のパッケージでしたが、後にB/C/E型のコンパチになっています(現在は生産休止中)。能力向上改修前の状態が再現されていますが、F-4EJ改用のパーツを流用すれば能力向上改修後にすることができます。
【限定版キット】
●戦競'94出場機
(F-4EJ改用パーツ入り、新旧2種類あります)
●記念塗装機[2種類]
(いずれもF-4EJ改用パーツ入り)

●“シャークティース”
(2003年百里基地航空祭に登場したシャークティース機,F-4EJ改用パーツ入り)
●RF-4E/RF-4EJ“航空自衛隊 第501飛行隊”
(RF-4EJとの2機セット,F-4EJ改用パーツ入り)
●“百里スペシャル2016”
(F-4EJ改との2機セット、洋上迷彩機)
RF-4EJ
[試改修機]
【限定版】F-4EJのキットにレジン製の偵察ポッド(TAC POD)と新規のデカールを追加したもので、1994年に発売されすぐに店頭から消えましたが2002年11月に再販されました。
このキットは改修1号機の改修直後をモデライズしているので、限定改修型ならこのまま作れますが(偵察ポッド(LOROP POD)は自作が必要)、量産改修型にするにはF-4EJ改用のパーツを流用する必要があります。
RF-4EJ
[限定/
 量産改修機]
【限定版】RF-4Eとの2機セット。F-4EJ改のキットに新規プラパーツで偵察ポッド3種を追加しています。ヨンパチが出てから9年、待った甲斐がありました。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
 ただ残念な事に、インストで指定された限定改修型#372の組み立ても量産改修型と同じにされてしまっていますので、#372の組み立てには主翼外翼にD1/2、垂直尾翼端にA18、ドラグシュートドアにA29のパーツを使ってください。また装備できる偵察ポッドはLOROPポッドのみです。
F-4EJ
【絶版】デカールが大判でハデなので入手する価値はあるでせう。F-4の各型を再現するためパーツがバラバラなので、慣れないと組立に手こずるかもしれません。
【限定版キット】
●戦競出場機[数種類]
●記念塗装機[6種類]
●“ミグ シルエット”
(緑色のMiG-21のシルエットを描いた機体)
●サウンドコレクションシリーズ
(ジェットサウンドを録音したシングルCDと戦競出場機のデカール入り)
旧版
(E4,701,
CT1,C1,
SS版)
F-4EJ
価格が安いことと組み立てやすいことが取り柄です。
【限定版キット】
●AAM-3とASM-2入り
(XF-2のキットから流用、ただしこれらのミサイルはF-4EJには搭載できません。(^_^;)
F-4EJ[SS版]
旧版の箱・デカール替え、塗装済みクリアーパーツ入り。
アクト
ハセガワ
新版F-4EJ
『ファントム
無頼』
【絶版】新版のキットに、新谷かおるのコミックに登場する機体のデカールを入れたものです。時期によって微妙に変わっているマークの違いもきちんとフォローされています。(^_^;)
フジミF-4EJ
一度発売された後に、キットを改修しデカールやボックスアート、パッケージデザインを代えて再販されました。この時まではF-4EJ単独のパッケージでしたが、次にF-4Eとのコンパチになり、2006年9月に再び単独の製品としてパッケージデザインも新たに発売されたものの、この時ボックスアートもデカールも初代に戻ってしまいました(謎)。コクピット内がアッサリしすぎていることとスジボリが浅すぎること以外はなかなかいいキットで、パーツ分割がハセガワ1/72新版より少ない分作りやすいかもしれません。
【限定版キット】
●戦競'88出場機
●戦競'02出場機
(実機はF-4EJ改ですがキットはF-4EJのままです(-_-;))
●戦競'08出場機
(実機はF-4EJ改ですがキットはF-4EJのままです(-_-;))
●記念塗装機[4種類]
RF-4C/E
以前はRF-4E単独のパッケージでしたが、後にRF-4Cとのコンパチになっています(現在はカタログ落ちしています)。
【限定版キット】
※下記のキットの実機は能力向上改修がなされていますが、キットでは再現されてません(-_-;))
●戦競'94出場機
●空自50周年記念塗装機
●“洋上迷彩仕様”
(2015年に登場した濃淡ブルー2色迷彩機)
タカラ/レベルF-4EJ【絶版】F-4Bのキットの機首をすげ替えただけです。RF-4Eのほうはカメラ窓もムクのままです。(^_^;)
RF-4E
グンゼ/レベルF-4EJ
【絶版】内容は上記のタカラ/レベルと同じで、F-4Bのキットの機首をすげ替えただけです。
ドイツレベルのRF-4Eはドイツ空軍型なので、機首下面の形状が航空自衛隊型と異なります。
テスターF-4E/G【絶版?】中身はイタレリ。キットはE/G型のコンパチとなっていますが空自デカールも入っています。(Special Thanks to 氷室万吉さん)
RF-4C/E【絶版?】こちらも中身はイタレリで空自デカール入り。機首下面は角張っているので空自型にするには改造が必要です(Special Thanks to 氷室万吉さん)
1/100 タミヤF-4EJミニジェットシリーズが装いも新たに「コンバットプレーンシリーズ」として再登場。F-4EJはボックスアートがミニジェット時代と同じです。
F-4EJ
【絶版】ミニジェットシリーズ。2003年12月にスポット再販されました。
ベンホビーF-4EJ【絶版】旧タミヤのキット
1/144 マイクロエース
(アリイ)
F-4EJ旧LS製品の再販。2種類出ていますが後から出たほうはなぜかデカールから部隊マークが省かれています。
F-4EJ
(HGシリーズ)
上記のキット3機分とカルトグラフ製デカールをセットしたキット。「空自50周年」のほうのデカールデザインはこの方です。
●第302飛行隊 空自50周年記念塗装機
●301SQ 1990年戦技競技会特別塗装機
アオシマF-4EJどこのOEMなんでせうか?ボックスアートはかなり刺激的です。(^◇^;)
ドイツレベルF-4E/EJ
パッケージの表記は「F-4E/J」、ボックスアートはベトナム迷彩のF-4Eですが、デカールはアメリカ空軍のF-4EとF-4EJのものが入っています(謎)。思うにこれはF-4EとF-4EJのコンパチである、ということを表現しようとして型名を省略しすぎたのでせう(笑)。キットは旧LSの劣化コピー、デカールは旧クラウンと思われます(Special Thanks to 大熊五郎さん)。
プラッツF-4EJ下記のエフトイズ完成品「日本の翼コレクション」に使用した製品をキット化したもので2機入りパッケージになります。下記の4種類のパッケージが発売されています。
●航空自衛隊 F-4EJ ファントム
●航空自衛隊 F-4EJ/EJ改
航空自衛隊50周年記念塗装機
●航空自衛隊 F-4EJ改
第3航空団創設50周年記念塗装機
●航空自衛隊 F-4EJ改/EJ
 301st SQ 2013年戦競機&空自60周年記念塗装機
F-4EJ改
RF-4E[2017年10月発売予定]下記エフトイズの完成品「ハイスペックシリーズ」に使用した製品をキット化した(と思われる)もので2機入りパッケージになります。
タカラトミー
(トミーテック)
F-4EJ2014年8月発売。下記『技MIX・航空機シリーズ』が無彩色で、つまり普通の組み立てキットとして発売されました。出来は最高の傑作キットではありませうが、お値段もそれなりでナナニが買えちゃいます。(´・ω・`)
F-4EJ改
F-4EJ2012年1月発売。『技MIX・航空機シリーズ』のアイテムのひとつです。従来品と同様の塗装・マーキング済み組み立てキットですが、元になる食玩がないので新たに金型を起こしています。発売以来現在まで多数のバリエーションが出ています(数えるのやめた(^^;))。
F-4EJ改
RF-4E
RF-4EJ
TAC
(Tokiwa Aircraft Create)
RF-4Eレジンキット。航空自衛隊デカール入り。
トリプルナッツRF-4Eレジンキット。航空自衛隊デカール入り。デカールはオフセット印刷のもので別売もしています。
フライングパパスRF-4E
(レジン製
改造パーツ)
機首部分をすげ替えるレジン製改造パーツです。形状はまずまず。上下分割の型を使って一発抜きしているのでコクピット内が埋まってます。これをほじくるのはかなり大変そう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
LSF-4EJ【絶版】
クラウンF-4EJ【絶版】
F-4E/Fのキットとしては、マイクロエース(旧アリイ、旧LSのF-4E/F)、ミニクラフト、アカデミー、ダイソー(たったの\100、アカデミーのOEMらしい)などから出ていますので、プラッツ、MYKデザイン、フライングパパス等の別売デカールを使えばなんとかなります。(^_^;)
カフェレオF-4EJ改
【限定版】番外編。2005年12月発売の『Jウイング監修ミリタリーエアクラフトシリーズJ-Wings』第1弾のアイテムのひとつになっているもので、塗装済み半完成品です。
F-4EJ改
【限定版】番外編。2011年1月発売の塗装済み半完成品のシリーズ『Jウイング監修ミリタリーエアクラフトシリーズJ-Wings』第5弾のアイテムのひとつ。上記のものとは全く別の新金型製品で、RF-4Eはイッチョンチョン半完成品で初のお目見えです。
RF-4E
エフトイズ・
     コンフェクト
F-4EJ改
【限定版】番外編。2006年4月(東日本)発売の『日本の翼コレクション』のアイテムのひとつになっているもので、塗装済み完成品です。なおマーキングはデカールになっています。また、RF-4EJ(量産改修型)はシークレットアイテムです。
RF-4EJ
F-4EJ改
【限定版】番外編。2010年12月に『日本の翼コレクションSPECIALver.』として再販されました。
F-4EJ【限定版】番外編。2014年11月発売の『自衛隊特別塗装機コレクション2』のアイテムとなっているものです。上記の『日本の翼コレクション』のものとは異なり新金型です。
F-4EJ改
F-4EJ改【限定版】番外編2015年4月発売。ハイスペックシリーズvol.2として(ちなみにvol.1はF-16C)上記『自衛隊特別塗装機コレクション2』の新金型キットを使ったもので、またRF-4Eの胴体は新たに金型を起こしています。ただ見本写真で見る限りはRF-4EJ限定改修型も量産改修型の単なる塗り替えで、つまりそのままではF-4EJは作れません。(´・ω・`)
RF-4E
RF-4EJ
童友社F-4EJ
【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第6弾。オリジナルの新金型でマーキングは7種類(+スペシャル)。F-4EJとEJ改の主尾翼端のアンテナの違いや、RF-4EJのLOROPポッドなどもきちんと作っていますが、限定改修型RF-4EJにも主尾翼端のアンテナが付いています。惜しいなぁ。しかも増槽や脚周りなど小物が塗装されていないという、このシリーズ共通の欠点はしっかりと引き継いでいます。これも惜しい。
F-4EJ改
RF-4EJ
F-4EJ
【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第9弾。マーキングは空自50周年記念塗装機を中心に5種類(+スペシャルのRF-4EJ)となります。
F-4EJ改
RF-4EJ
F-4EJ改
【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第11弾。今回はAH-64D、F-15Jとのアソートで、F-4EJ改は全6種のうち2種類(+スペシャルもF-4EJ改)になります。
F-4EJ改
【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第16弾。今回はF-15J、T-4とのアソートで、F-4EJ改は全6種のうち2種類になります。
F-4EJ改【限定版】番外編。塗装済み半完成品のシリーズ『現用機コレクション』第19弾。今回はF-15DJ、F-2A/B、T-4とのアソートで、F-4EJ改は全6種のうち1種類になります。
上記3社の完成品F-4EJ改の比較はこちら
1/200 タカラF-4EJ
【限定版】番外編。2004年9月に発売された『ワールドウィングスミュージアム』第2弾アイテムです。塗装済み完成品ですがプラキットと並べても遜色のない出来で(でも第1弾のF-15に比べるとちょっと落ちるかな?(^◇^;))、またこのスケール唯一のものなので入れときました。
F-4EJ改
RF-4EJ
1/700 ピットロードF-4EJ旧ソ連海軍潜水艦「エコーII」のキットに入ってます。F-4EJ自体は下のグリーンマックスのものと同じです。このスケールならほとんど塗装のみでF-4EJ/EJ改もRF-4Eも作れますね。(^_^;)
アオシマF-4EJ「航空自衛隊機セット」および海上自衛隊イージス護衛艦「DDG-178あしがら」「DD-116てるづき」のキットに付属。
グリーンマックスF-4EJ【絶版】「空と海の闘い」および「緊急発進!」のキットに入っています。どちらもG.ワシントン級原潜、Tu-95ベア、P2V-7、F-4EJなどがセットになっています。
 なお、このキットは『スカイウェーブシリーズ』のひとつで、このシリーズは後にピットロードに移管されました。
ツクダF-4EJ【絶版】「WORLD WEAPON SERIES 航空自衛隊機-1」に付属。

(TOPに戻る)

《デカール》

1/32 タミヤキット付属F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
シャークマウス
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
'92戦競マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
航空実験団
飛行開発実験団
第1術科学校旧マーク
ホビーデカールAL32008V1F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
韓国製ドライデカール(一部はカルトグラフ製の普通のデカール)。ウルフパックデザインの改造パーツに付属しているのもこれです。アルミ挽き物のピトー管と機首側面のAOAプローブが同梱されています。
タカラ/レベルキット付属
【絶版】
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
CAMデカール 32-084F-4EJ改第306飛行隊
[第6航空団]
飛行隊創設10周年記念塗装
32-090F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
飛行隊創設20周年記念塗装
32-093F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89戦競マーキング
“Amigo”
32-132F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
ZotzデカールZTZ32023F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
'03三沢航空祭
記念塗装
F-4EJ改の主翼端と垂直尾翼端を再現するレジンパーツが付いています。
フライング
パパス
32M005F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89&'90戦競
マーキング
32M008F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
Phoenixデカール32013F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
'07戦競マーキング(隊長機)
32014F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
'07戦競マーキング(2/3番機&予備機)
いずれも1/48用デカールが同一シートに印刷されており、また1/32と1/48用真鍮挽き物ピトー管と機首側面のAOAプローブも同梱されています。
1/48 ハセガワキット付属F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第306飛行隊
[第6航空団]
大マーク
第3航空団第8飛行隊のマークはF-1と同じ大きさなので、フジミ1/48 F-1のキットから流用できます。
キット付属RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
戦競'94マーキング
キット付属
“オールドファッション”
【限定版】
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
キット付属
“航空自衛隊
 第501飛行隊”

【限定版】
RF-4EJ第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
'03百里航空祭
記念マーキング
キット付属
“リコン ファントム”
【限定版】
RF-4EJ第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
飛行開発実験団
キット付属
【絶版】
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
イタレリキット付属F-4EJ第302飛行隊
[第83航空隊]
キット付属RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
タカラ/レベルキット付属
【絶版】
F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
CAMデカール48-035F-4EJ改第306飛行隊
[第6航空団]
飛行隊創設10周年記念塗装
48-044F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89戦競マーキング
“Amigo”
第302飛行隊
[第2航空団]
48-050F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
飛行隊創設20周年記念塗装
フライング
パパス
48M029F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
飛行隊創設40周年記念塗装
ハセガワから限定版(カルトグラフデカール入り)で発売されたものには入っていない、計画段階で検討されていた機体下面の大きなマークが入っています。
48M123RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
48M137RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
48M138F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
48M147F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
48M149F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
飛行隊創設20周年記念塗装
48M183F-4EJ第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
48M192F-4EJ第306飛行隊
[第6航空団]
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
エアロマスター
デカール
48-529 F-4EJ 第301飛行隊
[第7航空団]
ミグ塗装
第303飛行隊
[第6航空団]
旧マーク
'80戦競マーキング
(幻の巨大シャークマウス入り)
最終マーク
胴体と主翼上面が赤
第304飛行隊
[第8航空団]
胴体と外翼に青帯
第305飛行隊
[第7航空団]
'92戦競マーキング
F-4EJ改 第306飛行隊
[第6航空団]
'95戦競隊長機
マーキング
NBM21
(プラッツ)
JD48-4F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
'02戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'02戦競マーキング
JD48-5F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
'99戦競マーキング
第301飛行隊
[第5航空団]
'00戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'00戦競マーキング
JD48-13F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
'00戦競マーキング
第301飛行隊
[第5航空団]
'01戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'01戦競マーキング
ZotzデカールZTZ48023F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
'03年三沢航空祭
記念塗装
Phoenixデカール32013F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
'07戦競マーキング(隊長機)
32014F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
'07戦競マーキング(2/3番機&予備機)
品番は1/32ですがいずれも1/48用デカールが同一シートに印刷されており、また1/32と1/48用真鍮挽き物ピトー管と機首側面のAOAプローブも同梱されています。
ホビーデカールAL48008V1F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
韓国製ドライデカール(一部はカルトグラフ製の普通のデカール)。アルミ挽き物のピトー管と機首側面のAOAプローブが同梱されています。
モデル
アリアンス
MA-48189F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
第302飛行隊
那覇基地運用終了
記念塗装
DXM(模力堂)41-4114
(DXMD48010)
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
飛行隊創設40周年記念塗装
41-4219
(DXMD48016)
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
'13戦競マーキング
第302飛行隊
[第7航空団]
'13戦競マーキング
51-4223
(DXMD48020)
F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
'07戦競マーキング
1/50 フジミキット付属F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
1/72 ハセガワ新版
キット付属
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第306飛行隊
[第6航空団]
大マーク
新版
キット付属
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
新版
キット付属
(旧パッケージ)
【絶版】
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第306飛行隊
[第6航空団]
大マーク
第8飛行隊のマークはふたまわり程大きくて使えません。また、限定版で発売されている記念塗装機や戦競出場機のデカール入りパッケージに入っている第8飛行隊のマークは、ひとまわり小さくてこれまた使えません。このマークはF-1と同じ大きさなので、ハセガワ1/72 F-1のキットから流用できます。
新版
キット付属
【絶版】
F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89戦競マーキング
“Amigo”
第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
航空実験団
飛行開発実験団
新版
キット付属
[試改修機]
【限定版】
RF-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89戦競
マーキング“Amigo”
第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
航空実験団
飛行開発実験団大マーク
小マーク
飛行開発実験団のマークは、大(F-4EJ用デカールのマーク)はデザイン、大きさともに違い、小(RF-4EJ用スペシャルデカール)はデザインが違っていてともに使えません。このマークは、大きさはT-2と同じ、デザインはT-4とほぼ同じ(若干異なる)なのですが、F-4に使えるちょうどいいサイズとデザインのものはデカール化されていません。あと、このキットの迷彩色はインストの混色指示の通りに色を作ると明るすぎてしまうので、パッケージ写真などをよく見て自分で混ぜるか、1/48限定版キットのインストを見ませう。
新版
キット付属
[限定/量産改修機]
【限定版】
RF-4EJ第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
旧版
キット付属
[SS版]
F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
旧版
キット付属
(4代目〜現パッケージ)
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
第306飛行隊
[第6航空団]
旧版
キット付属
【絶版】
(初代〜3代目パッケージ)
F-4EJ国籍マークと機番のみ
アクトハセガワ新版
キット付属
(ファントム無頼)
【絶版】
F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89戦競マーキング
“Amigo”
第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
カン・クリ乗機“#680”
第306飛行隊
[第6航空団]
航空実験団
飛行開発実験団
フジミ キット付属
(初代&現パッケージ)
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
小型マーク入り
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
キット付属
(2代目&E/EJコンパチ
パッケージ)
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
小型マーク入り
'84戦競マーキング
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
'85戦競マーキング
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
航空実験団
キット付属RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
112510
F-4EJ/
 RF-4E
コーションデータ1機分
※RF-4E用が入っているのはポイント高いかも。
タカラ/レベルキット付属
【絶版】
F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
キット付属
【絶版】
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
グンゼ/レベルキット付属
【絶版】
F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
テスターキット付属
【絶版】
F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
キット付属
【絶版】
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
フライング
パパス
72M051F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
飛行隊創設40周年記念塗装
ハセガワから限定版(カルトグラフデカール入り)で発売されたものには入っていない、計画段階で検討されていた機体下面の大きなマークが入っています。
72M064F-4EJ改第303飛行隊
[第6航空団]
飛行隊創設10周年記念塗装
72M123RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
72M137RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
72M138F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
72M147F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
72M149F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
飛行隊創設20周年記念塗装
72M167F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
72M183F-4EJ第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
72M192F-4EJ第306飛行隊
[第6航空団]
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
NBM21
(プラッツ)
JD-7
F-4EJ改コーションデータ1機分
JD-8F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
'00戦競マーキング
第301飛行隊
[第5航空団]
'01戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'01戦競マーキング
JD-9
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
'99戦競マーキング
第301飛行隊
[第5航空団]
'00戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'00戦競マーキング
JD-18
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
F-2迷彩
JD-19
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
'02戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'02戦競マーキング
JD-28
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
'03三沢航空祭
記念塗装
JD-29
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
飛行隊創設30周年記念塗装
JD-33
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
第3航空団創設
50周年記念塗装
JD-37
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
第8飛行隊
ファントム退役
記念塗装
CAMデカール 72-036F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89戦競マーキング
“Amigo”
第302飛行隊
[第2航空団]
72-037F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
飛行隊創設20周年記念塗装
ホビーデカールAL72008V1F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
韓国製ドライデカール(一部はカルトグラフ製の普通のデカール)。アルミ挽き物のピトー管と機首側面のAOAプローブが同梱されています。
モデル
アリアンス
MA-72189
F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
第302飛行隊
那覇基地運用終了
記念塗装
スタジオ
ローズリッジ
D73011
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
空自50周年
記念塗装
D30201F-4EJ改第302飛行隊
[第7航空団]
空自F-4使用40周年記念塗装
D30202
F-4EJ改第302飛行隊
[第7航空団]
空自F-4使用40周年記念塗装
(百里基地ゲートガード仕様)
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。
モデル
デカール
No.43
【絶版】
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
ハセガワ
デカール
No.72-001
【絶版】
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
DXM(模力堂)41-7108
(DXMD72008)
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
飛行隊創設40周年記念塗装
41-7113
(DXMD72014)
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
'13戦競マーキング
第302飛行隊
[第7航空団]
'13戦競マーキング
51-7217
(DXMD72018)
F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
'07戦競マーキング
アシタのデカール
(MYKデザイン)
A-72039
【限定版】
F-4EJ 第301飛行隊
[第5航空団]
第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
ノーマル
小型マーク
第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
航空実験団
飛行開発実験団
A-72040
【限定版】
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
大マーク
小マーク
飛行開発実験団
1/100タミヤキット付属
『ミニジェットシリーズ』と『コンバットプレーンシリーズ』とで同内容
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
第306飛行隊
[第6航空団]
ベンホビーキット付属
【絶版】
F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
1/144 マイクロエース
(アリイ)
キット付属F-4EJ第306飛行隊
[第6航空団]
キット付属F-4EJ国籍マークと機番のみ
キット付属
(HGシリーズ)
(空自50周年)
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
空自50周年
記念塗装
'92戦競マーキング
第305飛行隊
[第7航空団]
'83戦競マーキング
第306飛行隊
[第6航空団]
'82戦競マーキング
キット付属
(HGシリーズ)
(301sq '90戦競)
F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'90戦競マーキング
(3種)
アオシマキット付属F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
ドイツレベルキット付属F-4EJ第304飛行隊
[第8航空団]
プラッツキット付属
(航空自衛隊
F-4EJファントム)
F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89戦競マーキング
'90戦競マーキング
第302飛行隊
[第2航空団]
極初期の試験マーク
キット付属
(航空自衛隊50周年)
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
空自50周年
記念塗装
F-4EJ第302飛行隊
[第83航空隊]
キット付属
(第3航空団創設50周年)
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
第3航空団創設
50周年記念塗装
'98戦競マーキング
キット付属
(301sq2013戦競
 &航空自衛隊60周年)
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
'13戦競マーキング
F-4EJ飛行開発実験団空自60周年
記念塗装
キット付属
[2017年10月
    発売予定]
RF-4E 第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
TAC
(Tokiwa Aircraft Create)
キット付属RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
トリプルナッツキット付属
TN-013
(デカールのみの品番)
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
'94戦競マーキング
トミーテックキット付属F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
'80戦競マーキング
キット付属F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
'13戦競マーキング
LSキット付属
【絶版】
F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
キット付属
【絶版】
F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
キット付属
【絶版】
F-4EJ第306飛行隊
[第6航空団]
それぞれ別パッケージで出ていました。
クラウンキット付属
【絶版】
F-4EJ第304飛行隊
[第8航空団]
フライング
パパス
44M001F-4EJ第305飛行隊
[第7航空団]
飛行隊創設10周年記念塗装
44M002F-4EJ第301飛行隊
[第5航空団]
'89&'90戦競
マーキング
44M003F-4EJ第303飛行隊
[第6航空団]
飛行隊創設10周年記念塗装
44M004F-4EJ第302飛行隊
[第83航空隊]
航空実験団
44M018F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
飛行隊創設40周年記念塗装
44M123RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
44M137RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
44M138F-4EJ第302飛行隊
[第2航空団]
44M147F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
44M149F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
飛行隊創設20周年記念塗装
44M183F-4EJ第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
44M192F-4EJ第306飛行隊
[第6航空団]
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ホビーセンターえんどうでのみ入手できます(通販可)。
NBM21
(プラッツ)
JD144-1
F-4EJ 第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
JD144-2
RF-4E 第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
RF-4EJ第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
JD144-3
F-4EJ 第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
航空実験団
JD144-4
F-4EJ 第301飛行隊
[第5航空団]
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
JD144-5
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
飛行隊創設40周年記念塗装
'03三沢航空祭
記念塗装
アシタのデカール
(MYKデザイン)
A-18
【限定版】
F-4EJ 第301飛行隊
[第5航空団]
大マーク
第302飛行隊
[第2航空団]
小型マーク
(1982年試験時)
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
大マーク
航空実験団
飛行開発実験団大マーク
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第306飛行隊
[第6航空団]
飛行開発実験団
RF-4E 第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
A-19
【限定版】
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
'03戦競マーキング
第301飛行隊
[第5航空団]
'03戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'03戦競マーキング
A-20
【限定版】
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
'04戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'04戦競マーキング
A-114
【限定版】
F-4EJ 第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
大マーク
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
RF-4E 第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
A-115
【限定版】
F-4EJ 第301飛行隊
[第5航空団]
大マーク
第302飛行隊
[第2航空団]
小型マーク
(1982年試験時)
第304飛行隊
[第8航空団]
航空実験団
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
飛行開発実験団大マーク
小マーク
A-119
【限定版】
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
'06戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'06戦競マーキング
A-286
【限定版】
F-4EJ コーションデータ1機分
F-4EJ改
RF-4EJ
A-287
【限定版】
F-4EJ グレイ地付コーションデータ1機分
F-4EJ改
A-288
【限定版】
RF-4E コーションデータ1機分
A-289
【限定版】
F-4EJ 第301飛行隊
[第7航空団]
第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
小マーク
第302飛行隊
[第2航空団]
[第83航空隊]
第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
航空実験団
飛行開発実験団大マーク
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
RF-4EJ飛行開発実験団小マーク
A-290
【限定版】
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
大マーク
小マーク
飛行開発実験団小マーク
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
RF-4EJ
A-291
【限定版】
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
空自50周年
記念塗装
A-292
【限定版】
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
飛行隊創設30周年記念塗装
A-293
【限定版】
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
'10戦競マーキング
第302飛行隊
[第7航空団]
'10戦競マーキング
A-294
【限定版】
F-4EJ改 第302飛行隊
[第7航空団]
'10百里航空祭
記念塗装
第306飛行隊
[第6航空団]
'95戦競マーキング
A-295
【限定版】
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
飛行隊創設40周年記念塗装
第8飛行隊
ファントム退役
記念塗装
A-320
【限定版】
F-4EJ コーションデータ1機分(Ver2.0)
F-4EJ改
A-321
【限定版】
F-4EJ ガルグレイ/ホワイト地付コーションデータ1機分
F-4EJ改
F-4EJ 第302飛行隊
[第83航空隊]
'92戦競マーキング
《初回出荷分限定》
第304飛行隊
[第8航空団]
'81戦競マーキング
《初回出荷分限定》
第306飛行隊
[第6航空団]
'81戦競マーキング
《初回出荷分限定》
A-322
【限定版】
F-4EJ グレイ地付コーションデータ1機分
F-4EJ改
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
空自50周年
記念塗装
《初回出荷分限定》
A-350
【限定版】
RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
飛行隊創設50周年
記念塗装
A-351
【限定版】
F-4EJ改第302飛行隊
[第7航空団]
空自F-4使用40周年記念塗装
A-375
【限定版】
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
'13戦競マーキング
第302飛行隊
[第7航空団]
'13戦競マーキング
A-413
【限定版】
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
'04戦競マーキング
第302飛行隊
[第7航空団]
'04戦競マーキング
A-414
【限定版】
F-4EJ改 第302飛行隊
[第7航空団]
'06戦競マーキング
'07戦競マーキング
《初回出荷分限定》
A-415
【限定版】
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
'10戦競マーキング
第302飛行隊
[第7航空団]
'10戦競マーキング
A-426
【限定版】
F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
飛行隊創設40周年記念塗装
A-427
【限定版】
F-4EJ コーションデータ1機分(Ver3.0)
F-4EJ改
RF-4EJ
A-428
【限定版】
F-4EJ グレイ地付コーションデータ1機分(Ver2.0)
F-4EJ改
A-429
【限定版】
RF-4E コーションデータ1機分(Ver2.0)
リリパット
エアーフォース
LAF-144-01-010F-4EJ改第302飛行隊
[第83航空隊]
飛行隊創設30周年記念塗装
LAF-144-01-036RF-4E/EJ第501飛行隊
[偵察航空隊]
'04百里航空祭記念シャークマウス
&インテークベーンの文字
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。リリパット・エアーフォースのwebサイトで入手できます。
ランドマーク
  ファクトリー
なし
F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
空自50周年
記念塗装
第301飛行隊
[第5航空団]
空自50周年
記念塗装
F-4EJ第302飛行隊
[第83航空隊]
空自50周年
記念塗装
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ランドマーク・ファクトリーのwebサイトもしくはヤフーオークションなどで入手できます。
スタジオ
ローズリッジ
D30150
F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
空自50周年
記念塗装
D4F481F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
第8飛行隊
ファントム退役
記念塗装
D30201F-4EJ改第302飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
百里移動1周年
記念塗装
D30202F-4EJ改第302飛行隊
[第7航空団]
'10百里航空祭
記念塗装
D30203F-4EJ改第302飛行隊
[第7航空団]
空自F-4使用40周年記念塗装
D30204F-4EJ改第302飛行隊
[第7航空団]
空自F-4使用40周年記念塗装
(百里基地ゲートガード仕様)
D30102F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
飛行隊創設40周年記念塗装
部隊マークや共通マークなどはキット付属のものを使います。デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。ワンフェスや静岡ホビーショーなどのイベントで入手できる他、Rose Ridge Art Shopで通販できます。
1/200 スタジオ
ローズリッジ
D20020F-4EJ改第8飛行隊
[第3航空団]
空自50周年
記念塗装
D20021F-4EJ第301飛行隊
[第7航空団]
'80戦競
マーキング
D20022F-4EJ改第301飛行隊
[第5航空団]
空自50周年
記念塗装
D20027F-4EJ第302飛行隊
[第83航空隊]
空自50周年
記念塗装
D20029F-4EJ/改 第8飛行隊
[第3航空団]
第301飛行隊
[第5航空団]
第301飛行隊
[第7航空団]
第302飛行隊
[第2航空団]
第303飛行隊
[第6航空団]
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
D20035F-4EJ/改グレイ塗装用
シリアルナンバー
#301〜#335
D20036F-4EJ/改グレイ塗装用
シリアルナンバー
#336〜#370
D20037F-4EJ/改グレイ塗装用
シリアルナンバー
#371〜#405
D20038F-4EJ/改グレイ塗装用
シリアルナンバー
#406〜#440
D20039RF-4E第501飛行隊
[偵察航空隊]
部隊マーク+シリアルナンバー
#901〜#914
デカール自体はMDプリンターで印刷されたもので、赤や黄色あるいはグレーなどの中間色に網目が出ている場合がありますので、その点を承知した上で使いませう。Rose Ridge Art Shopでのみ入手できます(通販)。
アシタのデカール
(MYKデザイン)
A-2004
【限定版】
F-4EJ 第301飛行隊
[第5航空団]
大マーク
第302飛行隊
[第2航空団]
小型マーク
(1982年試験時)
第303飛行隊
[第6航空団]
初期マーク
最終マーク
第304飛行隊
[第8航空団]
第305飛行隊
[第7航空団]
第306飛行隊
[第6航空団]
大マーク
航空実験団
飛行開発実験団大マーク
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
第301飛行隊
[第5航空団]
第302飛行隊
[第83航空隊]
第306飛行隊
[第6航空団]
飛行開発実験団
RF-4E 第501飛行隊
[偵察航空隊]
旧マーク
現マーク[蝶ネクタイは黄色]
A-2005
【限定版】
F-4EJ改 第8飛行隊
[第3航空団]
'03戦競マーキング
第301飛行隊
[第5航空団]
'03戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'03戦競マーキング
A-2006
【限定版】
F-4EJ改 第301飛行隊
[第5航空団]
'04戦競マーキング
第302飛行隊
[第83航空隊]
'04戦競マーキング

(TOPに戻る)

《ウェポンセット》

こちらの「ウェポンセット適合表」をご覧下さい。

(TOPに戻る)

《専用色塗料セット》

Mr.COLOR特色セット 航空自衛隊機洋上迷彩色
第8飛行隊が使っていた機体の一部に塗られていた“F-2迷彩”用の色で、上面色のディープオーシャンブルーFS35045(暗い青)、下面色のシャロウオーシャンブルーFS35109(明るい青)、それにF-2のレドーム色であるグレーFS26231の3色を各々10mlビンに入れてセットにしたものです。

(TOPに戻る)

《アクセサリー》

1/48 ハセガワ航空自衛隊パイロット&グランドクルーセット
【限定版】ジャガーモデル製のレジンキット。座り姿の戦闘機パイロット2体、立ち姿の戦闘機パイロット2体、整備員のWAF(女性航空自衛官)2体が入ったセット。

(TOPに戻る)

inserted by FC2 system