1999年〜2000年の年末年始(2000年1月1日)


 あけましておめでとうございます。昨年8月1日にこのサイトを開いて以来、たくさんの方々の励ましやご支援を頂きまして、おかげさまで無事に年を越すことが出来ました。本当にどうもありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m


 さて、年末というものはなにかと慌ただしいモノと、世間的には相場が決まっている。では中身は何かというと、仕事関係はさておいて(今年は特にコンピューターの西暦2000年問題なんでのがからんだし)、家庭的には大掃除をする、ということに尽きるであらう(と、勝手に決めつける(笑))。まぁおせちを始めとする正月料理を作るというのもあるかも知れないが、今や元日からスーパーやコンビニが開いててよかったの時代、特に若い世代では正月だからといって料理を作り溜めたりするということは減ってきているのではないかと思う(と、これまた勝手に決めつける(爆))。

 そこで大掃除である。溜まりに溜まった一年間の汚れを落として、キレイなお家で新年を迎えよう、というのは日本の伝統行事である(日本だけかな?)。年に一度のことであるから、これを機に普段掃除しないところもキレイにしよう、と思うのも当然であり、必然的に掃除をする個所が増え、忙しさも増えるのである。

 我が家でもいちおう、ある程度の大掃除はやっていたわけである。一昨年までは(笑)。去年は12月29日から正月休みになったのだが、カミさんはただ今自分のサイトを立ち上げる準備で一生懸命。大掃除なんてモノはどだい一人で出来るものでなし、まぁ出来るかも知れないがカミさんが一日じゅうパソコンに向かっている時に自分だけ掃除しているのも楽しいモンではない。そこで家族会議(二人だけだが(笑))の結果、今年は普段の週末の掃除程度で済ませ、大掃除でやるようなことは普段の週末で分散させてやろうということになったのである。

 というわけで、昨日までの3日間は実にのんびりしたものになった。朝は遅くに起きてねこにご飯をやり、自分たちのメシを食ってパソコンに向かい、昼は適当に近所で買ってくるなり食いにいくなりで済ませ、もう夕方なので夕飯はほとんど食わず一日じゅうパソコン三昧。こういう年末もたまにはいいかな。(^o^)

 大晦日の昼飯は地元宮崎台の駅前(というより駅の中)に最近オープンした中華料理屋『紅虎餃子房』でラーメン。年越しそばの代わりだな。2人掛けのテーブルが6卓とカウンターしかない狭い店に、店員がなぜか10人くらいはいて、厨房では中国語が飛び交っている不思議な店ではあるが、出されたラーメンは絶品。私は坦々麺(字はこれでいいのかなぁ)を食べたのであるが、これが今まで見たことのない坦々麺であった。今まで食べた坦々麺は醤油味のスープの上に辛味噌タレのようなスープのようなのが浮いていて、その上に挽肉が乗ってるみたいなものだったのだが、ここのは辛味噌をスープで溶いたかのように全体がこってりと味噌の色をしているのである。しかもかなりトロっとしているので細目のストレート麺にもスープがよくからまってそれはそれは辛いのである(笑)。辛いの大好きな私はもう大満足であった。(●^Q^●)

 まぁ、そんなこんなで1999年も終わり、年越しの瞬間はNIFTY模型フォーラムのRT(リアルタイム会議、チャットのこと)で迎え(その時カミさんは背中合わせに座って自分のパソコンでなにやらやっていた)、電気も止まらず電話も切れず、とりあえずY2K問題は火を噴くこともなくめでたく2000年になったのである。その後RTを抜けてから年賀メールを出し、あちこちの知り合いのサイトに行って掲示板に謹賀新年メッセージを書き、3時ごろからは近所の馬絹神社に初詣。

 元日の夜中に初詣に行くのは久し振りである。過去夜中に行く時は、まぁだいたいは大きな神社に行っていたので、境内には提灯などの明かりが吊され人もたくさん行き交っていてなかなかに賑やかなものであった。そのイメージで馬絹神社にカミさんとてくてく歩いていったのであるが、近くまで来ても提灯などが吊されているわけでもない。馬絹神社は山の中腹にあるので参道は階段なのであるが、その階段を登り始めても特別賑やかな雰囲気はない。うーむ、これはなんだろか、と思いつつ登っていくと、本殿が見える辺りでようやく人や焚き火の気配がし始めた。

 本殿の前に来れば、焚き火もやっているしお守りやお神籤も売ってるし甘酒も配っていた(笑)。ちゃんと正月してたので、安心してお賽銭を投げ入れ手を合わせてきたのである。交通安全のお守りを買って(去年のはもちろん焚き火にくべた)、甘酒を貰ってとりあえず正月気分。見ているとけっこう人がやってくるが、昼間に来た去年と比べると、やはり日が出てからのほうが賑わうのは当たり前か。(^_^;)

 元日の夜の仕上げは初日の出。6時半ごろに家を出てクルマで会社に向かう。会社の屋上からなら見晴らしが利くので、近場の初日の出ポイントの穴場なのである(笑)。会社に着くと、近くの身代わり不動尊で初詣を済ませてきた社長とばったり。期せずして3人で初日の出を拝むこととなる。天気は快晴、地平線方面は若干の雲があったものの、きちんと地平線から出てきてくれた初日の出に手を合わせる。う〜む、これぞニッポンの夜明け(笑)。ただひとつ残念だったのは、ちょうと太陽が出てくるところにマンションがあったこと。マンションは拝みたくはなかったなぁ。ヽ(^o^)ノ

 こうして、我が家の2000年はめでたく明けていったのであった。ということで皆様、今年一年よろしかったらまたお付き合い下さいませ。


inserted by FC2 system