2002年静岡ホビーショー行状録(2002年5月24日)

 今年の静岡にはフリマがない。毎年滞在費や静岡後のお買い物(笑)にフリマの上がりを充当していたワタシ的にはこれはヒジョーに痛い。まぁそれでも静岡には行くのである。なお直前までバタバタしていた作品のほうは出発当日のお昼になんとか完成したのでとりあえず安心なのであった。ということで、2002年版の静岡ホビーショー行状録なのである。なお、マジメなホビーショー報告は『2002年静岡ホビーショー見て歩き』をお読み下され。ヽ(^o^)ノ

▲▼いざ静岡!▼▲

 17日(金)1600に東急田園都市線宮崎台駅集合。ここでワタシの赤ガイアに乗り込むのはNIFTY-Serve模型フォーラム仲間のむー氏と、NIF者ではないものの今年は浪人となったご近所さんのがらんどう氏。今年は珍しく本降りの雨が降る中、ワタシが駅に着くとすでに両氏は到着し親しく歓談中。両氏は面識がなかったハズなのになぜわかったのだらう。モデラーだけが発するデムパをお互いに受信したのだらうか(笑)。それはともかく、車に乗り込み次なるピックアップポイントであるはるとまん氏の住むマンション、横浜のたまん邸へ。部屋に上がり込んで模型部屋や資料部屋を漁ったり(むー氏はここで出品作の仕上げに使うパーツをはるとまん氏のストックから貰っていた(笑))するうちかば◎氏が到着。18時頃、雨の中をいざ静岡へ!
 今年はフリーマーケットがないので荷物は少な目。それでもワタシはいつものオカモチひとつと小さな箱ふたつというちょっとした荷物の量で、それに各人の荷物を積み込んだら赤ガイアのラゲージスペース(3列目のシートを倒した空間)はぎゅうぎゅう詰めになってしまった(これが後に悲劇を産むこととなる)。そんなわけで後席(2列目)にはがらんどう氏、はるとまん氏、かば◎氏の3名が並んで座るというちょっと窮屈状態ではあったが、助手席のむー氏とワタシの5人を乗せた赤ガイアは東名高速を西へとひた走るのであった。
 毎年のことであるが行きは渋滞もなく順調。もともとワタシの赤ガイアは禁煙車ではあるが、去年の今ごろはヘビースモーカーだったむー氏が今年は禁煙中、同じくスモーカーだったがらんどう氏も禁煙に成功したので喫煙者はかば◎氏ただひとり。途中トイレタイムで中井PAに立ち寄るとすかさずかば◎氏はぷ〜かぷか。そこで今年は小雨そぼ降る中、暮れなずむ由比PAにも立ち寄って『はるとまんテトラポット伝説』を偲びつつ再びたばこタイムとしたのであった。
 そんなこんなで静岡IC着は1930過ぎ。途中、別行動の“あGG”AGGRESSOR氏といでら氏から電話がありすでに宿にチェックインしているとのことであったが、これから展示作品を仕上げるかば◎氏がライトのレンズパーツを仕入れたいというので閉店間際のレインボーテンへと向かう。かば◎氏はシャッターが閉まりかけた店内に駆け込み無事パーツ調達に成功(ちなみに今、かば◎氏のサイトに上がっている去年の静岡の記録を読むと、『8時ちょっと前に静岡到着。まずレインボーテンへ。閉店の音楽を聞きつつ、ライトのレンズのパーツを購入』とある。去年と同じことやってるんかい(笑))。いちおうホビーショーの会場搬入開始時間は2000なので、駐車場所の確保も考えそのまま会場のツインメッセに向かうことにする。
 すぐに会場に到着し展示会場の入口まで行くと、いでら車に乗っていたハズだったHOW HOW駅員氏がすでに待っていた。待ち合わせ時間に遅れていでら車に乗り損なったので電車で来たとのこと。別行動の“じじA”杜薫氏もほどなく到着。しかし会場の方は例年通りまだ設営準備が終わっておらず中に入れない。毎年こんな調子なんだから搬入開始時間を2030とか2100とかにすればいいのにとか話しつつ、会場入口でひたすら待つ。それでもぼちぼち終わりそうな気配になったのでいでら氏に電話を入れ、いでら車の4名(いでら氏、あGG氏、ハホ_氏、別行動で同じ宿に入った“つぁぎ”青木氏)が到着した頃にようやく入れるようになったので、クルマから作品の入った箱を運び出して会場へと運び込む。設営中に“ばお”柳瀬氏、なかがわ氏、みほり氏(いつもは松戸迷才会のメンバーとして来るのだが今年も同会が不参加のためFもメンバーとして参加)、SO-122氏、峠の虎氏などメンバーが続々到着。
 各人設営を済ませれば宿に戻るわけだが、今年の『静宿はる任』(「岡の宿はるとまんに一」の略(笑)で、メンバーのうち何名かは例年はるとまん氏にまとめて宿を取ってもらうのである)は静岡駅北側の繁華街の中にある「タウンホテル魚与」。地図を見ても一方通行が多くてどう走っていいのかよくわからない。そこですでにチェックインを済ませたいでら車にくっついていくことにする。ホテルの近くまで戻るとそこはまさに毎年飲み歩いている繁華街のど真ん中。金曜の夜の酔客をかき分けつつ(笑)クルマを走らせホテル着。ちなみに隣は一昨年の金曜の晩に飲み食いしたイタ飯屋であった。一方通行の狭い道に一時停車し同乗者と荷物を素早く降ろす。ところが駐車場はホテルから徒歩5分もかかる場所なのであった。駐車場ビルの2階にクルマを駐めて1階に下りると、ずいぶん先に駐めにきていたハズのいでら氏がいた。名札を失くしたので車内を引っかき回して探していたそうだ(笑)。
 ここで地元在住の元NIF者ちゃんぐーさんと合流、近くの居酒屋へ。しばらく模型から遠ざかっていたため模型の集まりは久しぶりというHOW HOW駅員氏はテンション上がりっぱなし。隣り合わせに座ったいでら氏と2次元の世界について深い考察をしたり(爆)。職業柄よく声が通るHOW HOW駅員氏の“にわか能”などの即興芸に大いに笑い転げノックダウンされることもしばしば(笑)。

▲▼SHS!▼▲

  •  ギュウ詰めのラゲージスペースに詰め込まれた恰好になったむー氏の作品、出してみたら箱がひしゃげていて中の作品が破損していたそうな。金曜の晩に修理を試みたが結局そのうちひとつは出品を断念せざるを得ない事態に。申し訳なし。来年はワタシも積み方に気を付けねばねば。
  •  例年各サークル用に駐車場が用意され、駐車票が配られていたのであるが、今年の駐車票は申請しないと貰えないということをかば◎氏がすっかり失念しており、従って今年のFも用の駐車票はナシ。ワタシは二日間ともタミヤ本社近くの一般入場者用無料駐車場に駐めてシャトルバスで会場に戻ってきた。一方いでら氏はというと、土曜日は無料であるものの9時半にならないと開かない隣のイトーヨーカ堂駐車場に、日曜は一時的に置いたつもりのツインメッセ有料駐車場に結局帰りまで駐めていたので、展示時間終了後は両日ともワタシのクルマまで乗せていってもらった。多謝。
  •  いつもの通り上品な仕上がりのソード1/72グラマン・グースなどを持ち込んだなかがわ氏、今年は「ノンストック」有志の箱根での宴会に参加するとかで土曜のお昼には作品を引き上げて静岡を後にしてしまった。嗚呼なんともったいない。その上ワタシはグースの写真を撮り忘れてしまった。嗚呼なんと迂闊なことよ。
  •  開場早々に「徳島モデラーズクラブ」のy-asahiさんより『へなコン』入賞賞品の竹ちくわをいただく。これでやっと入賞の実感が湧いてきた(爆)。多謝。この竹ちくわ、家に帰ってから頂いたが噂通りに美味。(^Q^)
  •  夜間非行氏、今年はいま流行の400ccスクーターで土曜に静岡入り。雨の中お疲れさまなことである。ホテルはワタシたちと同じ魚与であったので、土曜の晩は一緒に飲んだことよ。
  •  去年はいち見学者であったMirageさんとヤクルト・タンクさん、今年はともに「だんべいワークス」の一員として静岡に参加。Mirageさんの手になるほぼフルスクラッチの1/72スホーイS-37をやっと拝ませていただく。しかし今年はあちこちにイタレリ1/72が出品されていたためほとんど素通りされてしまったとか(爆)。
  •  大阪の写真家ユニット・ハニ一さんのサイトのBBSで知り合ったエムズのぽちさん、今年も土曜日にいらしていただいたようだったのだが、あいにくワタシが不在をしていてお会いできず。申し訳なし。
  •  ワタシが展示会場で店番(店ぢゃないんだけどほかに適当な言い回しが見つからないもんで(^◇^;))をしていた時、かのタミヤの社長であらせられる田宮俊作氏が我がNIFTYの作品を見学に来られた。その時たまたま田宮社長の隣にいた“つぁぎ”青木氏、普段は『どうなのさ俊作!』などと威勢のいいことを言っているのでこの時もどういうリアクションをするか興味津々で見ていたら、なんとスッと身を引いて人混みに隠れるような動作をしたではないか!どーしたんだつぁぎ
  •  土曜日の昼食ははるとまん氏、ハホ_氏、あGG氏のほかエザウさん(WWIIドイツ機を作る人にとっては神様のようなお方)や「仙台翼産会」のどんじさんらとご一緒する。ドイツ者の集まりの中にひとりだけ異端者が、って感じ(笑)。
  •  懇親会会場はもう例年のこととなった南館と北館の間の通路。今年は会費を取らないという方針になったため机上の食料の質および量に各方面から懸念が表明されていたのだが、フタを開けてみれば机上の食料は例年と変わらず、ただ去年まではあったおでんとそばの屋台が姿を消しただけに留まったのは喜ばしいことである(笑)。NIF者にして「OWLS」メンバーのこばちゃんさんとはここでしか会話できなかったのが残念。また「富山サンダーバーズ」のみやちゃnさんからは、氏のサイトのアイドルうららさんを紹介される。写真で想像するよりはるかに美しいご本人を目の前にして、ワタシは上がりっぱなしになってしまい挨拶もしどろもどろ(爆)。ツーショット写真を撮ってもらうのを忘れたのは痛恨の極みである。\(>o<")/
  •  懇親会の後はいったん宿に戻り、その後で駅ビル内のビアホールで飲む。ここでもいでら氏およびHOW HOW駅員氏と同じテーブルになったのだが、前夜とはうって変わって両名なんともシリアスな模型業界の話をしていた。
  •  今年のレインボーテン行きは天気が回復した日曜日にじじA氏と。行かなくてもいいかねぇ、とか思っていたのだが、やはり行っておかないと後で物足りなさがあるのではないか、などと話しながら店内に入ると中にSO-122氏が。いろいろ見て回るがやはり特別“これは!”というものはなし。それでも、最近ウチの近辺ではすっかり見かけなくなったエアロプラスト(ポーランドの模型メーカー)1/72 UH-1Hを買う。中身は知っているのでほとんど自分のサイトの資料用的。
  •  今年はフリマはなかったものの、ウチから持っていったハセガワ1/72 F-104G“ワールドスターファイター”をMirageさんに、ソード1/72グラマン・グースをどんじさんにお譲りし、また元NIF者のゆきかぜさん(今年は「岐阜コックピット」メンバーとして参加)からエアフィックス1/72 MiG-29を譲っていただいた。多謝。
  •  展示会終了後、“つぁぎ”青木氏に『静岡の総括を!』『で、どうよ?』と皆で詰め寄るも、残念ながら今年も発言はなし。ま、田宮社長との一件で男を下げたので仕方ないかも(爆笑)。
  •  今年の物販の収穫。フリマがない鬱憤をハセガワで発散したようである(笑)。
    • 【ハセガワ・ジャンク市】
       F-16量産で流用してしまった拡大インテークのパーツが一番のお目当て。なのに他にあったら買っておこうというモノはあったのに肝心のパーツだけがナシ(爆)。日頃の行いの報いか(笑)。なおデカールとパーツのスケールはすべて1/72。
       ◆デカール◆
       ◎F-8クルーセーダー・II(ハセガワデカール72-021)
       ◎F11F-1タイガー(716)
       ◎F-15Jイーグル w/AAM-3(K123,キャノピー&メタル製AAM-3付)
       ◎EKA-3Bスカイウォーリア“VAQ-133ウィザーズ”(K148,キャノピー付)
       ◎F-4CファントムII(KA4)
       ◎F-4GファントムII(KA8)
       ◎三菱XF-2B(QP8,キャノピー付)
       ◎F-16Cファイティングファルコン ×2
       ◎F-16Dファイティングファルコン(キャノピー付)
       ◎ブルーエンジェルスF/A-18Aホーネット
       ◎A3D-2スカイウォーリア“初期型”(00029,キャノピー付)
       ◎KA-3Bスカイウォーリア“ネーバルミサイルセンター”(00155,キャノピー付)
       ◎UH-60A“VIPホーク”(00175,キャノピー付)
       ◎UH-1Hイロコイ“VIP”(00195)
       ◎F-4EファントムII“バイセンテニアル”(00270)
       ◎F-16Dファイティングファルコン“サンダーバーズ”(00284,カルトグラフ製,キャノピー付)
       ◎F-4FファントムII“JG71スペシャルペイント”(00285)
       ◎エアクラフトウェポンV アメリカミサイル&ランチャーセット(X72-9)
       ◎航空自衛隊エアクラフトウェポンI(X72-10)
       ◎エアクラフトウェポンVII アメリカ特殊爆弾&LANTIRNポッド(X72-12)
       ◎“エアロダンシングF”川崎T-4(GC4)
       ◆パーツ◆(カッコ内はお目当てのパーツ)
       ◎A-3用J部品(空中給油ブロープと胴体下のドローグ収納部)
       ◎EA-6B用A〜D部品(主翼、主脚、パイロン、ECMポッド)
       ◎F-4E(旧金型)用B部品(バゲージポッド)
       ◎F-4EJ改用X部品(全部)
       ◎F-15用D部品×8(射出座席)
       ◎F-16用D部品(機首右下側面のピトー管)
       ◎F-16B/D用A部品×2(F110エンジンの排気口)
       ◎F/A-18C/D用A部品×2(金型改修後のアンテナパーツ)
       ◎F/A-18C/D用B部品×2(金型改修後の排気口)
       ◎XF-2用N部品(AAM-3&ASM-2)
       ◎トーネードGR.1用E部品(スカイシャドウECMポッド)
       ◎トーネードGR.1用J部品(シーイーグルASM)
       ◎ウェポンセットIVのB部品(全部)
       ◆洋書◆ ※2冊で\1000 (^^)v ←でも去年の倍(~。~;)
       ◎UH-1 HUEY in color
       ◎VNAF South Vietnamese Air Force 1945-1975
    • 【GSIクレオス】
       エアフィックス製品などを安売りしていたので下記のモノを。ほとんどサイトの資料用である。
       ◎BOEING VERTOL CH-47 CHINOOK(エアフィックス1/72)
    • 【タミヤ】
       イタレリ製品などかなり安かったが、とりあえずサイトの資料用も兼ねて珍しいモノを。あとSWEETを応援する意味を込めて。
       ◎バートルV-107-II(軍用型)(タミヤ1/100)
       ◎マッキC.200ASトロピカルタイプ(“ネコ・マッキ”レアバージョンパッケージ)(SWEET 1/144)

▲▼祭のあと・・・▼▲

 19日(日)1600をもってSHSは終わり。作品を箱詰めしたらすぐに会場をいったん出て、またぞろ降ってきた雨の中いでら車に同乗してタミヤ本社近くの一般入場者用無料駐車場まで送ってもらう。帰りは同乗者がいないいでら氏はここからまっすぐ帰っていった。ワタシは赤ガイアで会場前まで戻り、行きと同じ同乗メンバーを乗せて会場を後にする。
 東名に乗って最初の日本平PAに立ち寄りお土産を物色。軽食コーナーを見ると「ホイールナッツ」メンバーにして元NIF者の、全国的に有名な金子辰也さんが仲間とそばを食べていた。買い物を済ませて車に戻ろうとしたとき、そばを食べ終わった金子さん(どーでもいいがNIFTYの一部ではこちらの金子さんを『表金子』と呼び、それに対して今回不参加の金子“なぢりん”公英氏を『裏金子』と呼んでいる(^◇^;))が近寄ってきたのだが、見ると半ズボンを履いている。ちょうど車内で『日本半ズボンモデラーの会』の結成を!などというたわけた話題が出ていたので、かば◎氏が「金子さんも『日本半ズボンモデラーの会』会員だ!」と言うと「今日はたまたまですよぉ」などと言い訳をしていた(笑)。しかし金子さんはいつお会いしても腰が低いお方である。(^◇^;)
 その後、夕食を摂ろうと足柄SAに寄ると、自慢の黒ジムニーで帰る途中のじじA氏とばったり。夕食のそばを待っていると今度は“週末クダ巻き隊”のセータ☆氏、まけらいおん氏(この二人はNIF者でもある)とあさみさんもやって来た。ちょうどあさみさんがNIFのトコロに忘れていった三脚をかば◎氏が預かっていたので、赤ガイアから出して引き渡す。
 ということで、この後は特に事件もなく(笑)、例年通り渋滞にハマりつつ帰る。車中では『巨大化したビッグXと鉄人28号もし戦わば』などというテーマで白熱した議論が展開された(うそ)。横浜青葉ICで降りて横浜市営地下鉄あざみ野駅に向かい、ここではるとまん氏とかば◎氏を降ろす。次いでがらんどう氏とむー氏を各々の自宅近くまで送っていき、ワタシが自宅に帰り着いたのが2200前。ということで、KWAT的SHS2002は無事終了!( ̄ー ̄)

 ・・・あ、ワタシの車に折り畳み傘を忘れた方、ご連絡を。(^◇^;)


inserted by FC2 system