新緑の奥秩父ドライブ w/チコちゃん(2003年6月9日)

かなり重いですm(_ _)m もう1ヶ月以上も前になってしまったが、黄金週間中の5月3日にチコちゃんを連れて奥秩父のほうにドライブに行ってきたので、その顛末を。

 世間的には今年の黄金週間は5月3日からというパターンが多いらしい。朝早く出発しても途中で道が混むことが予想されたので、出発は2日の深夜2330頃。事前にネットで観光スポットを調べ、赤ガイアの後部座席にペット用シート(アイリスオーヤマの『ペットドライブシートPDS-130』というモノ)を敷いておまるとトイレを置き、チコちゃんがラクに過ごせるようにする。

 まずは府中街道を北上して所沢を目指す。昼間は激混みのこの道も夜中ならスイスイと気分良く走れる。所沢からは国道463号線バイパス〜国道299号線と走って飯能市街を抜け、山道をずんずん走って正丸トンネルをくぐり秩父市街に。ここから国道140号線を西進して荒川村に入り、「道の駅荒川村」に着いたのは0230頃。ここで仮眠を取ることにする。駐車場には同じコトを考えているらしいクルマがたくさん。赤ガイアのウインドウに100円ショップで買った(笑)サンシェードを付けて日除けとし、シートを倒して仮眠を取る。チコちゃんは助手席に移ってカミさんに乗っかって寝ていた(笑)。

 差し込む日射しが暑くて0730頃起きる。チコちゃんに缶詰の朝ご飯を食べさせ、ついでに付近を散策。0830頃に駐車場を出て国道140号を秩父方面に少し戻り、コンビニで弁当を買って人間用の朝食としたあと再び国道140号を西の方へ、山の方へと向かう。1998年10月に出来た甲府方面に抜けるバイパスには入らず旧道をひたすら登り、二瀬ダム脇の交互通行の狭いトンネル内を左折して三峰山方面へ。グイグイと山を登った終点が大滝村村営駐車場。最初の目的地、三峰神社はここからちょっと登ったトコロである。

 チコちゃんを連れて参道を歩く。三峰神社は日本武尊(倭建命ではない(^◇^;))が伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉册尊(いざなみのみこと)を祀ったことが始まりとされていて、その使い神とされるのがオオカミである。お犬様あるいは御眷属様とも呼ばれるこのオオカミとチコちゃんがケンカでもしやしないかと、実は内心危惧していたのであるが(笑)、もちろんそんなことはなくチコちゃんは元気に参道を登っていく。随身門が工事中だったのでそっちには向かわず遙拝殿に行き、遙か下界を眺めつつ奥宮を遙拝する。ここはハイキングコースの途中でもあるのだが、脇に「クマに注意」という看板がかかっていたのはちょっとコワイ。(^◇^;)

 日本武尊の銅像を眺めつつ本殿に向かう。ところがなんと本殿も工事中。有り難みが薄れるような気がしないでもないが、気を取り直してお参りをする。日本の安全保障のことやアフガン、イラク、北朝鮮のことなどについて“平和でありますように”とお祈りをした、わけがない(笑)。家内安全や仕事のことなどありきたりのことを拝んだあと、交通安全や出先安全(これはチコちゃん用)のお守りを買い、地元農産物などの売店を冷やかしつつ駐車場へ向かう。参道脇に並ぶ土産物屋をまたぞろ冷やかし、地元名産だという三峰味噌を買ってクルマに戻る。山を下り始めてすぐ、「三峰ヘリポート」なるモノを発見。とはいえ別段ヘリがいるわけでもなく、ヘリポートの写真を撮っただけ。

 二瀬ダムまで下ったら再び西へ向かうことにする。ダムの脇を通って秩父湖を望んだ後、国道140号の旧道に戻ろうとしたら工事中で通れないので、さらに山側の古い道を進む。高校時代に一度泊まりに来た「秩父ユースホステル」が「奥秩父レイクビューホステル」と名前を変えているので、なんか変わったのかな〜と見てみようと思っていたのだが、いつの間にか通り過ぎていたようで確認できなかった。この道は山腹をうねうねと抜ける細い道で、前から大きいクルマが来たらすれ違いに苦労するようなトコロばかり。と思ってたら前から路線バスが来て往生したり。しばらく走ると左下方から広くなった国道140号が近づいてきた。合流地点で右に行くか左に行くかしばし迷う。持っている地図が古すぎてよくわからないのだ。幸い合流地点に観光案内の看板が立っていたので見てみる。右に行こうと思っていたのだが正解は左だった。見てよかった(笑)。ということで左に折れ、道なりに走るとそのままバイパスに入り大峰トンネルをくぐる。
 「←中津川渓谷」という道路標識に従い左折し、工事現場のような(てゆーかダム建設現場近くなのだな)谷底に下りて行き、渓谷沿いを上流に向かう。中津峡の美しい渓谷に沿って狭い道を走っていくのだが、対岸の遙か上には新道が建設されつつある。このすぐ下流にダムを造っているので、今ワタシ達が走っている道路の付け替え道路になるのだ。つまり今走っているこの道は、ダムが出来れば水没してしまうということになる。なんかもったいない。もったいないとはいえどうすることもできないやなぁ、とか思いつつ、「彩の国ふれあいの森」というトコロに到着。

 河原に下りたいなぁ、というカミさんのリクエストでここに来ることにしたのであるが、実を言うとどんなトコロなのかあまりよく知らなかったのである(爆)。でも目的の川遊びは出来そうで一安心。チコちゃんを連れてコテージが並ぶ森林科学館の裏手に行く。たまたまいた地元の犬としばし戯れ、川にかかる吊り橋を半ばまで渡って川を見下ろすと、右手に河原に下りられる階段を発見。さっそく下りてみると、川遊びのできる場所に行く前にほんの小さな流れを渡る必要があった。カミさんとワタシが飛び石伝いに渡って、いざチコちゃんの番、となったら、チコちゃんは生まれて始めて見る川の流れにすっかり腰が引けている(笑)。仕方がないのでワタシがチコちゃんを抱っこして流れを渡り、川遊びができる場所に行く。チコちゃんも川の浅瀬にピシャピシャ入っていったりですっかり馴染んでいる様子。川面を渡る風を充分に満喫したあと、昼食を摂ろうとレストラン併設の宿泊施設「こまどり荘」に行く。
 ここのレストラン(てゆーか食堂(^◇^;))は犬連れOKではないのだが、付近には他に食事の出来るようなトコロはなく、売店にある食べ物はお菓子ばかりなのでここに入るしかない。幸いチコちゃんは小さくてバッグに入るので、そうやってチコちゃんを持ち込むことにしたのである。食事中に暴れたり吠えたりしたら一大事だったのだが、幸いなことにちょっと動いてバッグが横倒しになったくらいで済んだ。ホントはいけないことだ、ってことは判ってるのであるが、ねぇ。(^◇^;)

 昼食の後、再びクルマに乗って来た道を引き返す。国道140号バイパスに戻ってループ橋(雷電廿六木橋、というんだそうな)をぐーるぐると下り、旧道と合流して少し行ったトコロにある「道の駅大滝温泉」でちょっと休憩。「大滝でえら」という、おやきのような地元の饅頭を土産に買う。さらに国道140号を秩父方面に下っていくうちに、さすがに睡眠不足が堪えてきたのか眠くなってしまったので、秩父市内にある「道の駅ちちぶ」にクルマを駐めて30分ほど仮眠を取る。眠くなったら無理をしないで寝るのが一番なのである。(~O~")ファ-アッ

 目が覚めたあと、カミさんが買ってきた黒ゴマソフトクリームを食べて1530頃出発。国道299号に入って少し飯能方面に行ったトコロにある羊山公園でちょうど芝桜が見頃とあって、公園に向かうクルマで秩父市内は大混雑。幸い15分ほどで抜けてスイスイと走り出したのだが、飯能方面からの反対方向のクルマは文字通り数珠繋ぎになっている。峠道なので脇道などなく、渋滞にハマっているクルマはひたすら忍の一字。なんとこの渋滞、正丸トンネルを過ぎて西吾野駅付近まで延々15km以上も続いていた。

 あとは来た道をそのまま帰っていったのであるが、府中街道は混むのが判っていたので途中から新小金井街道に入って南下、調布を経由して2100頃帰宅した。実はこのドライブの間、チコちゃんはまったくおしっこをしておらず、心配だったので夕食も摂らずにひたすら家を目指したのだった。家に帰ったらさっそく用を足していたチコちゃんなのであった。(´ー`)フウッ

 ついでのオマケ写真はコチラ。(^◇^;)


inserted by FC2 system