@nifty模型フォーラム展示会2004(2004年12月2日)

ワタシの今年の全出品作

 11月27日と28日は、恒例の@nifty模型フォーラム展示会であった(ちなみに去年は日曜日いち日しか参加できなかった上に、出品作品の撮影に失敗したのでレポートはサボってしまった(走召木亥火暴))。今年は作品が前日に完成したのでチョー余裕、前夜は5時間も寝て(笑)当日を迎えたわけである。出品作は相変わらずの量産モノなので、これをいつものオカモチに詰めて電車に揺られること1時間、会場の江東区立富岡区民会館に着いたのは集合時間の0900ごろ。中にいたのは幹事のいでら氏小柳@赤とんぼワークス氏の二人だけ(爆)。う〜ん、やっぱこんなもんかね、とか思いつつ会場設営を行う。ワタシの出品作のハリアーズ9機を出してももちろん机はスカスカ。てゆーかほとんど作品ないんですけど(涙)。

 とか言いつつも三々五々メンバーが集まってきて、開場時間の1100にはまぁなんとか体裁が保てる程度にはなっていた。あーよかった(笑)。“じじA”杜薫氏は富山の魚津市から飛行機で来るという気合いの入りっぷりを見せつけたが新作はなし(爆)。石川大佐氏とお会いしたのは何年振りだらうか。ハホ_氏の作品ハセガワ1/72のF-2Aは太平洋戦争中の旧陸軍第244戦隊のマーキング。「このマーキングのココロは?」と問うも答えず。フェイク塗装はバックストーリーを激しく語って欲しかったことであるよ。

 今年は親子で参加のジェットあわび氏からとある本を渡される。実はかなり以前、ジェットあわび氏を通じてイギリスのファントムマニアの人に空自ファントムの写真を提供していたのであったが、それを使った(!)空自ファントム本『Defenders of Nippon: F-4 Phantom II(Kaburaya Books)』が完成してジェットあわび氏の元に届いていたのがようやく手元に来たというわけ。巻頭の謝辞に「Takahashi San」の文字を発見して思わずニヤリとしたものの、あんなピンぼけ写真でよかったのだらうかと思ってみたり。しかしこの本、某S・S氏なんかが作る本よりよっぽど詳しい(爆)。空自ファントム全機のマーキングイラストの中には、記念塗装機はもちろん航空祭限定のマーキングまで網羅されていたりしてもうビックリ。イギリス人マニア恐るべし。((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 そうこうするうちお昼になったので、翌日は築城基地航空祭に行くので顔を出しにだけ来たPAISUKE兄ィと、ジェットあわび氏田代氏@なかがわ氏のご友人(ちなみになかがわ氏は宴会のみ参加)の4人で連れだって会場近くの多国籍料理屋にてランチと相成る。PAISUKE兄ィの業界裏話(そういえばP-Xのエンジンの話を聞くのを忘れた)や、あわび&ちゃっぴー親子の百里基地航空祭顛末記(笑)などで歓談。店を出てから羽田に向かうPAISUKE兄ィと別れ、3人で『ピンバイス』へ。今日こそバジル君@店員猫に会えるか、とワクワクして行ったらカウンターには居らず。オヤジさんに「バジル君は?」と訪ねたらおかみさんが奥の部屋から抱っこしてきてくれた。ということでついに会えたのであった!\(^o^)/ ところが寝てるところを起こされでもしたのかバジル君は些かご機嫌斜め。お気に入りの洗面器(笑)にも入らずそそくさと奥の部屋に戻ってしまったので写真は撮れず。残念無念。でもナデナデできたので良しとす。気分が良かったので思わずドイツレベル1/72のユーロファイター・タイフーン複座型とモノグラム1/72 AH-1Gヒューイコブラを購入。(^^)v

 会場に戻ってうだうだするうち夕方に。今年は宴会も参加するので、参加者と連れ立ってぞろぞろと会場の居酒屋「笑笑(わらわら)」に移動。狭い個室に18名ほどがぎゅうぎゅう詰めになる。なぢりんの姿を見たのは何年振りだらうか(笑)。で、これだけの人数なのに喫煙者はそのなぢりんだけというところに時代を感じ、展示会前日に不惑の歳を迎えたワタシが宴会参加者の最年少というところに最近の“Fも”の傾向を感じてみたり。(~。~;)

 日曜日は1200過ぎに門前仲町着。地下鉄の駅を出たトコロでデジカメを家に忘れてきたことに気付いて愕然とするが、「まぁ二日目だし戦後機の展示が増えてることはなかろう」と楽観的に考えて会場に入ると増えてるんだこれが(涙)。Fも外参加のペコ氏がWLの護衛艦隊(架空のフネ含む(笑))とともにプラッツ1/200のP-3Cを2機とチョコエッグフィギュア改造のSH-60Jを展示していたのである。プラッツのオライオンの完成品を見るのは初めてだったのでぜひ写真を撮りたかったところ。残念無念である。。・゚・(ノД`)・゚・。

 今日の会場にはかに☆氏まーべ氏など懐かしい顔ぶれもちらほら。居住地が遠いメンバーもいるし、そもそもネット上のクラブなため例会などないので、展示会はある意味同窓会でもあったりするのだ(笑)。

 1500過ぎから再び『ピンバイス』へ。今度はバジル君には会えず。昨日で一杯になったスタンプカードを使ってイタレリ1/72シーハリアーFRS.1を買う。これは製作中の複座型ハリアーのベースにするのであって、決してもう一度ストレートに作ろうというのではない。単座型はもうお腹一杯(笑)。カミさんへのお土産などちょろっと買って会場に戻る。

 程なくして1600となり展示会は終了。速攻で作品をオカモチに納めて机を戻す。缶ジュースやらコーヒーやらで簡単な打ち上げをしつつなかがわ氏などに提供していただいた不要キット争奪戦を行う。唯一ワタシの守備範囲のものであったAML1/72ミラージュIIICを、他に希望者がいなかったため首尾良くゲット。とはいえもう持ってるんだよな(爆)。なお希望者のいなかったドラゴンのマイクロアーマーのスツーカが2機オマケに付いてきた。『ここで手に入れたキットは次回の展示会に完成させて持ってくること』などと忘れ去っていたことをいでら氏が言っていたので、仕方がないマイクロアーマーのスツーカを作って持っていくことにしよう。プロペラが別になっているので、これを付けることすなわち完成させること、になるのだ。(゚ー゚)キッパリ ということで、今年のFも展示会も無事終了となったのであった。(●^o^●)


今回の展示会で出品されていた戦後機ほか印象に残った作品

 作者名(ハンドル)をクリック


inserted by FC2 system